Amazon Product Advertising APIの仕様変更(2011年10月26日)


AmazonのProduct Advertising APIの機能が、2011年10月26日に一部変更されるそうです。

・全てのAPIへのリクエストにおいて、AssociateTagが必須パラメータとなり、リクエスト処理時の確認対象となります。

・SellerLookup, SellerListingLookup および SellerListingSearch オペレーションはAPIでのサポートを終了いたします。

・ItemSearch リクエストの結果として返されるItemPage パラメータは、最大10ページまでに制限されます。

・MerchantId パラメータは、オファー、バリエーションおよび検索結果の絞り込み要素としてのサポートを終了いたします。

・Offers および ItemAttributes レスポンスグループにおいて返されるデータは、最も頻繁に使用される属性に制限されます。

詳しくは以下のページに書かれています。

Product Advertising API

仕様変更が多くて開発者泣かせで有名なAmazon APIですが、個人的にはMerchantIdが使えなくなるのが辛いです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。