カテゴリー : 2015年 9月

[Heroku] cedar-14 stack に migrate

手持ちの Heroku アプリを cedar-14 スタックにマイグレートしました。

cedar-14 スタックに変更

$ heroku stack:set cedar-14 -a your-app-name
Stack set. Next release on your-app-name will use cedar-14.
Run `git push heroku master` to create a new release on cedar-14.

git push するために空 commit

$ git commit --allow-empty -m "Upgrading to Cedar-14"
[master a9ae9cb] Upgrading to Cedar-14

Heroku へ deploy

$ git push heroku master

stack を確認

$ heroku stack
=== your-app-name Available Stacks
* cedar-14

手軽にマイグレートできる Heroku は素晴らしい。

Heroku コマンドのバージョンアップ

cedar-14 stack に変更しようとしたら stack:set がないというエラーが出たので heroku コマンドをバージョンアップしました。

エラーメッセージ

$ heroku stack:set cedar-14 -a your-app-name
 !    `stack:set` is not a heroku command.
 !    See `heroku help` for a list of available commands.

heroku コマンドのバージョン確認

$ heroku version
heroku-toolbelt/3.7.2 (x86_64-darwin10.8.0) ruby/1.9.3

heroku コマンドのバージョンアップ

$ heroku update
Installing Heroku Toolbelt v4... done.
For more information on Toolbelt v4: https://github.com/heroku/heroku-cli
Setting up node-v4.1.0...done
Installing core plugins heroku-apps, heroku-fork, heroku-git, heroku-local, heroku-run, heroku-status... done
Your version of git is 1.8.4.3. Which has serious security vulnerabilities.
More information here: https://blog.heroku.com/archives/2014/12/23/update_your_git_clients_on_windows_and_os_x
Setting up node-v4.1.0...done
Updating plugins... done

使えないコマンドでエラーが発生するというようなことが起こらないと heroku コマンドのバージョンアップなんて滅多にしないですよね。

[Node.js] Error: spawn ENOENT の解決方法

Node.js の child_process.spawn で Error: spawn ENOENT というエラーが発生したときの解決方法をご紹介します。

結論から書くと child_process.spawn の第一引数に渡していた path に実行するコマンドがないというのが原因でした。(今回のケースだと ImageMagick コマンド)

前提

エラーが発生したコード(一部のみ抜粋)

imagemagick = require 'imagemagick'
child_process = require 'child_process'
 
spawned_child_process = child_process.spawn imagemagick.identify.path

エラーメッセージ

Error: spawn ENOENT
  at errnoException (child_process.js:988:11)
  at Process.ChildProcess._handle.onexit (child_process.js:779:34)

Error: spawn ENOENT の解決方法

node-imagemagick という npm module はインストールしていたけど、肝心の ImageMagick がインストールされていないのが原因でした。

brew list コマンドで ImageMagick がインストールされているか確認してみてもありませんでした。

brew list | grep imagemagick

インストールされていない場合、ImageMagick をインストールしましょう。

brew install xz # ImageMagick Dependencies
brew install imagemagick

そうすれば Error: spawn ENOENT エラーは発生せず画像アップロードできるようになるはずです。


参考情報

[MongoDB] E11000 duplicate key error index の code 11000 と 11001 の違い

MongoDB version 2.4.5 で unique index による duplicate key error index エラー発生時の error code には 11000 と 11001 があるのですが、その違いについて調べてみました。

事前準備

> db.version()
2.4.5
 
> db.so.drop();
> db.so.insert( { foo: 5 } );
> db.so.ensureIndex( { foo: 1 }, { unique: true } );
> db.so.insert( { foo: 6 } );

新規追加系メソッド insert のケース

db.collection.insert() で duplicate key error index エラーが発生したときは 11000 のエラーコードを返します。

> db.so.insert( { foo: 5 } );
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11000,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}

更新系メソッド update / save のケース

db.collection.update()db.collection.save() などの更新系のメソッドで duplicate key error index エラーが発生したときは 11001 のエラーコードを返します。

このときに紛らわしいのは、エラーメッセージ E11000 duplicate key error index に含まれているエラーコードが 11000 ということです。

> db.so.update( { foo: 6 }, { $set: { foo: 5 } } );
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11001,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}
> var so6 = db.so.findOne( { foo: 6 } )
> so6.foo = 5
5
 
> db.so.save( so6 )
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11001,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}

まとめ

MongoDB version 2.4.5 では、エラーメッセージは E11000 duplicate key error index と同じだけど、エラーコードは 11000 と 11001 の2種類があるバグっぽい処理になっていました。

このため、プログラム上で duplicate key error を処理したいときは if(err.code === 11000 || err.code === 11001) みたいな感じで扱うといいかもしれません。

なお MongoDB version 3.0.2 で試してみたところエラーコードは 11000 に統一されているようでした。

なので、err.code === 11001 だけのコードは MongoBD を upgrade したタイミングで動かなくなってしまうので注意が必要そうです。

> db.version()
3.0.2
 
> db.so.insert( { foo: 5 } );
WriteResult({
	"nInserted" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})
 
> db.so.update( { foo: 6 }, { $set: { foo: 5 } } );
WriteResult({
	"nMatched" : 0,
	"nUpserted" : 0,
	"nModified" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})
 
> var so6 = db.so.findOne( { foo: 6 } )
> so6.foo = 5
5
> db.so.save( so6 )
WriteResult({
	"nMatched" : 0,
	"nUpserted" : 0,
	"nModified" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})

以上です。

参考情報

全世界のメールクライアントのマーケットシェアが分かるサイト

HTML メールのデザイン確認をされたことがある方、「フリーメールは Gmail や Yahoo メールとかたくさんあるけど、どれをチェックすればいいんだろう?」って悩んだことありませんか?

そんな悩みを解決してくれそうな全世界のメールクライアントのマーケットシェアが分かるサイト emailclientmarketshare.com をご紹介します。

Email Client Market Share

2015年8月のマーケットシェアは上から、

#1 Apple iPhone 29% +0.41
#2 Gmail 16% -0.58
#3 Apple iPad 11% +0.1
#4 Google Android 9% +0.4
#5 Apple Mail 8% +0.2
#6 Outlook 8% -0.25
#7 Outlook.com 4% -0.37
#8 Yahoo! Mail 4% -0.09
#9 Windows Live Mail 2% -0.04
#10 Thunderbird 1% +0.53

という結果でした。上位 10 件でマーケットシェア全体の 92 % を占めています。

HTML メールのデザイン確認などはこれら上位 10 件をおこなえば、まず問題なさそうですね。

ちなみに、マーケットシェアの分析は Litmus Email Analytics の開封トラッキングデータ 10 億件を元に集計しているそうです。


参考情報