Shippo Address Validation API はアメリカ以外の配送先住所には 6 セント掛かる


Shippo Address Validation API で、アメリカ以外の配送先住所のバリデーションの API コールが 1件につき ¢6 掛かるようになるらしいです。

Shippo

Address Validation via API – ¢6 per address for non-U.S locations

以下、お知らせいただいたメールの一部抜粋と日本語訳です。

Wanted to make you aware of our recently launched global (non-US) address validation service. I noticed some your current API requests to us have validate=true for non-US destination countries. Previously for international destinations, this would’ve resulted in the following message returned from our API: “Address validation service unavailable”.

Similar to how you use our US address validation, this new service will validate and correct (where applicable) non-US addresses, improving deliverability & decreasing potential customs delays. Since this new service will be charged $.06 per address I wanted to make sure you had the docs for where to toggle the validation on/off so you had time to plan/build the appropriate logic on your side. Please note we will begin invoicing for this service on 11/1, so any non-US addresses with “validate=true” will accrue a charge.

If you want to validate addresses when first receiving a customer’s address, you’ll want to call our address endpoint ahead of label creation.

Address Validation | Shippo

Here are the docs for the address endpoint, then you’ll want to bypass address validation for label creation so you aren’t getting invoiced twice for the same address. You can do this via the shipment “extra” field, also outlined in the address endpoint docs above.

最近開始したグローバル(米国外)のアドレス確認サービスについてご理解いただきたいと思っています。現在のAPIリクエストのうち、アメリカ以外の国でも validate = true が表示されています。以前は国際的な宛先では、APIから「住所確認サービスが利用できません」というメッセージが返されていました。

米国内住所の確認方法と同様に、この新しいサービスは、米国以外の住所を確認して修正し、配送可能性を改善し、潜在的な通関の遅延を減らします。この新しいサービスにはアドレスごとに $0.06 が課金されるので、検証のオン/オフを切り替える場所を指定していることを確認したかったので、あなたの側に適切なロジックを計画/構築する時間がありました。 11/1でこのサービスの請求書発行を開始する予定ですので、 “validate = true”の米国以外の住所であれば料金が発生します。

最初に顧客の住所を受け取ったときに住所を確認する場合は、ラベル作成よりも先に住所のエンドポイントを呼び出すことをおすすめします。

Address Validation | Shippo

ここに住所のエンドポイントのドキュメントがあります。そうすれば、ラベル作成のアドレス検証をバイパスして、同じ住所に対して2回請求をしないようにします。上記のアドレスエンドポイントのドキュメントにも記載されている出荷 “余分な”フィールドでこれを行うことができます。

以上、Shippo の配送先住所バリデーション API を利用している現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。