カテゴリー : Mac

[Mac] Mountain Lion でさくらのVPSのVNCコンソールを使うための設定方法

Mac OSX Mountain Lion で、さくらのVPSのVNCコンソールを使うための設定方法をメモ。

VNCコンソールは、VPSの初期設定でぐらいでしか使わないので、毎回ここでハマってる気がする。

Mac で「VNCコンソール」を使うためには、Java7 ではなく、Java6をインストールする必要があります。

うっかり、Oracleのサイトから Java7 をインストールしてしまった方は、下記のApple公式サイトの手順を元に、Java6 に戻してやるだけでOKです。

Java for OS X 2013-002:Apple 提供の Java SE 6 Web プラグインと Web Start 機能を再び有効にする方法

以上です。

[Mac] PHP5.4 を Homebrew でインストール

Mac に PHP5.4 を Homebrew でインストールしたのでメモ。

デフォルトでは、PHPのFormulaは無いので、homebrew-phpを使ってインストールします。

brew tap homebrew/dupes
brew tap josegonzalez/homebrew-php

PHP5.4 のインストールオプションを確認します。

% brew options php54
--32-bit
	Build 32-bit only.
--homebrew-apxs
	Build against apxs in Homebrew prefix
--with-cgi
	Enable building of the CGI executable (implies --without-apache)
--with-debug
	Compile with debugging symbols
--with-fpm
	Enable building of the fpm SAPI executable (implies --without-apache)
--with-gmp
	Build with gmp support
--with-homebrew-openssl
	Include OpenSSL support via Homebrew
--with-imap
	Include IMAP extension
--with-intl
	Include internationalization support
--with-libmysql
	Include (old-style) libmysql support
--with-mssql
	Include MSSQL-DB support
--with-pgsql
	Include PostgreSQL support
--with-thread-safety
	Build with thread safety
--with-tidy
	Include Tidy support
--with-unixodbc
	Build with unixodbc support
--without-apache
	Build without shared Apache 2.0 Handler module
--without-bz2
	Build without bz2 support
--without-mysql
	Remove MySQL/MariaDB support
--without-pear
	Build without PEAR
% brew install php54 \
> --with-fpm \
> --with-homebrew-openssl \
> --with-intl \
> --with-pgsql
 
...
 
==> make install
==> /usr/local/Cellar/php54/5.4.16/bin/pear config-set php_ini /usr/local/etc/php/5.4/php.ini
==> Caveats
The php.ini file can be found in:
    /usr/local/etc/php/5.4/php.ini
 
✩✩✩✩ PEAR ✩✩✩✩
 
If PEAR complains about permissions, 'fix' the default PEAR permissions and config:
    chmod -R ug+w /usr/local/Cellar/php54/5.4.16/lib/php
    pear config-set php_ini /usr/local/etc/php/5.4/php.ini
 
✩✩✩✩ Extensions ✩✩✩✩
 
If you are having issues with custom extension compiling, ensure that this php is
in your PATH:
    PATH="$(brew --prefix josegonzalez/php/php54)/bin:$PATH"
 
PHP54 Extensions will always be compiled against this PHP. Please install them
using --without-homebrew-php to enable compiling against system PHP.
 
✩✩✩✩✩ INTL Support ✩✩✩✩✩
 
icu4c is broken as of mxcl/homebrew#03ed757c, so you will need to install intl as
a separate extension:
 
    brew install php54-intl
 
✩✩✩✩ FPM ✩✩✩✩
 
To launch php-fpm on startup:
    * If this is your first install:
        mkdir -p ~/Library/LaunchAgents
        cp /usr/local/Cellar/php54/5.4.16/homebrew-php.josegonzalez.php54.plist ~/Library/LaunchAgents/
        launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew-php.josegonzalez.php54.plist
 
    * If this is an upgrade and you already have the homebrew-php.josegonzalez.php54.plist loaded:
        launchctl unload -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew-php.josegonzalez.php54.plist
        cp /usr/local/Cellar/php54/5.4.16/homebrew-php.josegonzalez.php54.plist ~/Library/LaunchAgents/
        launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew-php.josegonzalez.php54.plist
 
The control script is located at /usr/local/Cellar/php54/5.4.16/sbin/php54-fpm
 
Mountain Lion comes with php-fpm pre-installed, to ensure you are using the brew version you need to make sure /usr/local/sbin is before /usr/sbin in your PATH:
 
  PATH="/usr/local/sbin:$PATH"
 
You may also need to edit the plist to use the correct "UserName".
 
Please note that the plist was called 'org.php-fpm.plist' in old versions
of this formula.
 
To have launchd start php54 at login:
    ln -sfv /usr/local/opt/php54/*.plist ~/Library/LaunchAgents
Then to load php54 now:
    launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.php54.plist
Warning: /usr/local/sbin is not in your PATH
You can amend this by altering your ~/.bashrc file
==> Summary
/usr/local/Cellar/php54/5.4.16: 490 files, 38M, built in 5.1 minutes

Pear の設定

% chmod -R ug+w /usr/local/Cellar/php54/5.4.16/lib/php
% pear config-set php_ini /usr/local/etc/php/5.4/php.ini
config-set succeeded

php54-intl のインストール

% brew install php54-intl

[Mac] Homebrew でインストールしておくべきもの

Mac に Homebrew でインストールしておくべきものをリストアップしてみました。

grep や ack よりも ag でしょ!

brew install the_silver_searcher

ターミナルのスクリーン分割なら tmux !!

brew install tmux

diff を色付きで表示させる colordiff

brew install colordiff

.zshrc に diff を colordiff にエイリアスすると更に便利

alias diff='colordiff'

cmake

brew install cmake
brew install hub
brew install pstree
brew install tree
brew install wget

参考情報

にひりずむ::しんぷる – homebrew で最低限これだけはいれておけってやつ

[Mac] Node.js インストール中にエラー Build failed: -> task failed (err #2): {task: uv uv.h -> uv.a}

Xcode で Command Line Tools をインストールして、かつ、osx-gcc-installerをインストールしたら、Node.js がインストールできなくなりました…

% nvm install v0.6.19 
Additional options while compiling: 
######################################################################## 100.0%
Checking for program g++ or c++          : /usr/bin/g++ 
Checking for program cpp                 : /usr/bin/cpp 
Checking for program ar                  : /usr/bin/ar 
Checking for program ranlib              : /usr/bin/ranlib 
Checking for g++                         : ok  
Checking for program gcc or cc           : /usr/bin/gcc 
Checking for gcc                         : ok  
Checking for library dl                  : yes 
Checking for openssl                     : yes 
Checking for library util                : yes 
Checking for library rt                  : not found 
Checking for fdatasync(2) with c++       : no 
'configure' finished successfully (0.250s)
Waf: Entering directory `/Users/bakorer/.nvm/src/node-v0.6.19/out'
DEST_OS: darwin
DEST_CPU: x64
Parallel Jobs: 1
Product type: program
[ 1/35] copy: src/node_config.h.in -> out/Release/src/node_config.h
[ 2/35] cc: deps/http_parser/http_parser.c -> out/Release/deps/http_parser/http_parser_3.o
/usr/bin/gcc -rdynamic -pthread -m64 -arch x86_64 -g -O3 -DHAVE_OPENSSL=1 -D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -D_DARWIN_USE_64_BIT_INODE=1 -DHAVE_FDATASYNC=0 -DARCH="x64" -DPLATFORM="darwin" -D__POSIX__=1 -Wno-unused-parameter -D_FORTIFY_SOURCE=2 -IRelease/deps/http_parser -I../deps/http_parser ../deps/http_parser/http_parser.c -c -o Release/deps/http_parser/http_parser_3.o
[ 3/35] src/node_natives.h: src/node.js lib/dgram.js lib/console.js lib/buffer.js lib/querystring.js lib/punycode.js lib/http.js lib/net.js lib/stream.js lib/events.js lib/util.js lib/module.js lib/_debugger.js lib/assert.js lib/fs.js lib/child_process.js lib/os.js lib/readline.js lib/vm.js lib/url.js lib/tls.js lib/crypto.js lib/sys.js lib/https.js lib/freelist.js lib/dns.js lib/_linklist.js lib/buffer_ieee754.js lib/tty.js lib/cluster.js lib/repl.js lib/path.js lib/string_decoder.js lib/timers.js lib/zlib.js lib/constants.js -> out/Release/src/node_natives.h
[ 4/35] uv: deps/uv/include/uv.h -> out/Release/deps/uv/uv.a
rm -f src/ares/*.o
rm -f src/unix/ev/*.o
rm -f src/unix/eio/*.o
rm -f src/unix/*.o
rm -rf test/run-tests.dSYM run-benchmarks.dSYM
rm -f -f src/*.o *.a test/run-tests test/run-benchmarks
 
...
 
make[1]: *** [src/unix/darwin.o] Error 1
Waf: Leaving directory `/Users/bakorer/.nvm/src/node-v0.6.19/out'
Build failed:  -> task failed (err #2): 
	{task: uv uv.h -> uv.a}
make: *** [program] Error 1
nvm: install v0.6.19 failed!

そもそも、Xcode の Command Line Tools 使うんだったら、osx-gcc-installer はインストールしてはいけなかったみたいです。

下記のコマンドで、一旦アンインストールして、もう一度 Command Line Tools をインストールすると、Node.js を正常にインストールすることができました。

% sudo /Library/Developer/Shared/uninstall-devtools --mode=all

GNU GCC 4.2 が必要ならこれだけ、Homebrew でインストールした方が良さそうですね。

brew install apple-gcc42

以上です。

[参考]

xcode を入れて、消して、node がビルドできた話 – すぱぶろ

[Mac] OpenSSL を Homebrew でインストール

Mac のデフォルトの OpenSSL を使わずに、Homebrew でインストールした OpenSSL を使うためのインストール手順をメモ。

デフォルトの OpenSSL を確認

% which openssl
/usr/bin/openssl
% openssl version

OpenSSL を Homebrew でインストール

% brew install openssl
% brew link openssl --force
% which openssl 
/usr/local/bin/openssl
% openssl version
OpenSSL 1.0.1e 11 Feb 2013

以上です。

[Mac] 開発環境のセットアップ手順メモ

Mac に開発環境をセットアップしたので、やったことと手順をメモ。

GCC をインストール
kennethreitz/osx-gcc-installer

[Mac] Homebrew をインストール(ついでにGitもインストール)

[Mac] zsh のインストール手順と設定メモ

[SSH] 秘密鍵を Dropbox にバックアップしつつ、シンボリックリンクを張って使えるようにする設定

$ ln -s ~/Dropbox/dotfiles/_gitconfig ~/.gitconfig

[Mac] Finder の環境設定メモ

Mac の Finder の環境設定をメモ。

finde_config1

finder-config2

finder-config3

以上です。

[Mac] システム環境設定の設定メモ

Mac の「システム環境設定」の個人用設定メモ。

system-config

以下、スクリーンショットの無いものは、全てデフォルトの設定です。

パーソナル

デスクトップとスクリーンセーバ

デスクトップとスクリーンセーバ

Dock

Dock

セキュリティとプライバシー

security-privacy

「FileVault」を有効にします。

OS X:FileVault 2 について – Apple サポート

「ファイアウォール」を有効にして、セキュリティを強化します。

OS X:アプリケーションファイアウォールについて – Apple サポート

ハードウェア

CDとDVD

cd-dvd

省エネルギー

saving-energy-battery

saving-energy-ac

キーボード

keyboard

keyboard-shortcut

トラックパッド

trackpad

インターネットとワイヤレス

共有

share

システム

ユーザとグループ

user-group

日付と時刻

date-time

以上です。

[Mac] ショートカットキーでウィンドウサイズや配置を変更できる「Divvy」が便利!

Mac で、ショートカットキーでウィンドウサイズや配置を変更できる「Divvy」がかなり便利です。

Divvy のダウンロード

Mac App Store でも販売していますが、公式サイトから FREE TRIAL 版をダウンロードすることができます。

Mizage – Divvy

Mac App Store – Divvy – Window Manager

Divvy のショートカットキー割当て

まず、Divvy を起動して、「Use global shortcut to display panel」から Divvy を起動するためのショートカットキーを割当てます。

僕は「Option + D」を設定しました。

Divvy-1

次に、ウィンドウ配置のショートカットキーを設定します。

上下左右と全画面表示の全5種類を設定しました。

Divvy-2

直感的に分かりやすいように、下記のように割当てました。

左:Left  → L
右:Right  → R
上:Above  → A
下:Below  → B
全体:Full → F

以上です。

[参考]

マウス不要!Macのウィンドウのサイズや場所を自由自在に操れる『Divvy』が超便利 | KonifarPod

[Mac] 不要ファイルを探して削除できるアプリ「Magican」

Mac で、不要ファイルを探して削除してくれる「Magican」というアプリを使って、ディスク枯渇問題をしのぎました。

Magican – 無料のMacシステム最適化ユーティリティ