Ionic Framework のバージョン (version) 確認方法


Ionic Framework の version は本体と CLI で異なるということを教えてもらったので、バージョンを確認する方法をご紹介します。

Ionic Framework

Ionic のバージョンを確認したくなった経緯

Ionic 3.0 has Arrived! の記事を読んで Ionic 3.0 を使ってみようかなと思ったのがきっかけでした。

Ionic CLI のバージョン確認方法

npm install 前の確認方法

npm info で dist-tags や versions が確認できます。

dist-tags: latest: ‘2.2.2’ なのでバージョン指定しないで npm install すると ionic cli はバージョン 2.2.2 がインストールされます。

npm info ionic
 
{ name: 'ionic',
  description: 'A tool for creating and developing Ionic Framework mobile apps.',
  'dist-tags': 
   { latest: '2.2.2',
     unzip: '1.3.1-1.alpha.0',
     serve: '1.3.12',
     server: '1.3.1-3.beta.4',
     link: '1.3.14-beta.1',
     readline: '1.3.15-beta.4',
     resources: '1.3.1-7.beta.4',
     nohooks: '1.3.18-beta.3',
     docs: '1.3.19-beta.2',
     extlib: '1.4.0-beta.7',
     'hook-hotfix': '1.3.21-beta.1',
     beta: '3.0.0-beta7',
     testing: '1.7.15-beta.3',
     livereload: '2.0.0-alpha.11',
     generate: '2.0.0-alpha.15',
     bundle: '2.0.0-alpha.17',
     quickstart: '2.0.0-alpha.20',
     'beta-test': '2.0.0-beta.20',
     test: '2.1.18',
     nightly: '2.1.18-201701110338',
     canary: '3.0.0-beta.5-alpha.c9d454fd' },
  versions: 
   [ '0.9.6',
     '0.9.8',
// 途中省略
     '1.2.9',
     '1.2.10',
     ... 292 more items ],

余談ですがバージョンを指定してインストールしたい場合は、

npm install -g ionic@beta

npm install -g ionic@3.0.0-beta7

のように @バージョン番号 を指定して npm install できます。

npm install 後の確認方法

npm install した後にインストールされている ionic cli をバージョンを確認するには ionic コマンドのバージョンをターミナルで確認できます。

$ ionic --version
2.2.2

Ionic 本体のバージョン確認方法

npm install -g ionic してから ionic start で作成される package.json に記載されている ionic-angular の version が本体のバージョンということを教えてもらいました。

(例) ionic start myApp –v2 した場合

package.json

{
  "name": "ionic-hello-world",
  "author": "Ionic Framework",
  "homepage": "http://ionicframework.com/",
  "private": true,
  "scripts": {
    "clean": "ionic-app-scripts clean",
    "build": "ionic-app-scripts build",
    "ionic:build": "ionic-app-scripts build",
    "ionic:serve": "ionic-app-scripts serve"
  },
  "dependencies": {
    /* 省略 */
    "ionic-angular": "3.0.1",
    /* 省略 */

この例だと “ionic-angular”: “3.0.1” なので Ionic Framework のバージョンは 3.0.1 を使っているということが分かります。

まとめ

Ionic 本体と CLI のバージョンを勘違いしてしまうと、自分が使っているバージョンが何なのか分からなくなって混乱しそうですよね。

公式ドキュメントを確認するときに自分の使っている Ionic Framework のバージョンを正しく把握しておくことは必須だと思うので、参考になれば幸いです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。