[MongoDB] データベースファイルが保存されるパス dbpath を確認する

Pocket

MongoDB のデータベースファイルが保存される dbpath は db.serverCmdLineOpts() の実行結果から確認できます。

MongoDB

dbpath を確認するクエリ

db.serverCmdLineOpts().parsed.dbpath           // MongoDB 2.4 and older
db.serverCmdLineOpts().parsed.storage.dbPath   // MongoDB 2.6+

(例) db.serverCmdLineOpts() の実行結果

dbPath 以外にも config ファイルや systemLog ファイルの出力先なども確認できます。

> db.serverCmdLineOpts()
{
	"argv" : [
		"/usr/local/opt/mongodb/bin/mongod",
		"--config",
		"/usr/local/etc/mongod.conf"
	],
	"parsed" : {
		"config" : "/usr/local/etc/mongod.conf",
		"net" : {
			"bindIp" : "127.0.0.1"
		},
		"storage" : {
			"dbPath" : "/usr/local/var/mongodb"
		},
		"systemLog" : {
			"destination" : "file",
			"logAppend" : true,
			"path" : "/usr/local/var/log/mongodb/mongo.log"
		}
	},
	"ok" : 1
}

以上です。

参考情報

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。