[Node.js] Error: bind EADDRINUSE

Pocket

Node.js (Express) で forever restart 後に bind EADDRINUSE エラーが頻発する障害が発生しました。

Error: bind EADDRINUSE はそのポートが既に使われてる場合に発生するエラーでして、同じ障害に悩まされた人のために解決方法をメモしておきます。

エラーメッセージ

Error: bind EADDRINUSE
    at errnoException (net.js:904:11)
    at net.js:1084:30
    at Object.12:1 (cluster.js:592:5)
    at handleResponse (cluster.js:171:41)
    at respond (cluster.js:192:5)
    at handleMessage (cluster.js:202:5)
    at process.EventEmitter.emit (events.js:117:20)
    at handleMessage (child_process.js:318:10)
    at child_process.js:392:7
    at process.handleConversion.net.Native.got (child_process.js:91:7)
    at process.<anonymous> (child_process.js:391:13)
    at process.EventEmitter.emit (events.js:117:20)
    at handleMessage (child_process.js:318:10)
    at Pipe.channel.onread (child_process.js:343:11)

まず netstat コマンドで node.js サーバーのプロセスで使うポートが他のプロセスに使われていないか確認します。

$ netstat -nltp | grep 3000
(Not all processes could be identified, non-owned process info
will not be shown, you would have to be root to see it all.)
tcp        0      0 0.0.0.0:3000                0.0.0.0:*                   LISTEN      6653/phantomjs

今回は phantom.js が 3000 番ポートで起動していたようでした。phantom.js は利用しているものの他のポート番号を指定して起動させるようにしていたので 3000 番ポートを使っていた理由は不明です。プロセスを停止させて問題ない場合、 ps aux | grep phantomjs で phantom.js の PID (プロセス番号) を特定して kill コマンドでプロセスを終了させます。

最後に forever や pm2 もしくは node コマンドなどで node サーバーを起動させて、エラーログに Error: bind EADDRINUSE が出力されていないことを確認すれば完了です。


参考情報

Node.jsの開発で `warn – error raised: Error: listen EADDRINUSE` って怒られるときの対応 – Qiita

node.js – Nodejs application Error: bind EADDRINUSE when use pm2 deploy – Stack Overflow

Linux ソケット・プログラミングの 5 つの落とし穴

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。