[Ruby] Rails 用 Facebook API ライブラリ一覧

 

Ruby on Railsにて、Facebook APIを利用するためのライブラリを調べたのでメモ。
 

koala – GitHub はてなブックマーク - arsduo/koala - GitHub

rest-graph – GitHub はてなブックマーク - cardinalblue/rest-graph - GitHub

mini_fb – GitHub はてなブックマーク - appoxy/mini_fb - GitHub

fbgraph – GitHub はてなブックマーク - nsanta/fbgraph - GitHub

fb_graph – GitHub はてなブックマーク - nov/fb_graph - GitHub

mogli – GitHub はてなブックマーク - mmangino/mogli - GitHub

facebooker2 – GitHub はてなブックマーク - mmangino/facebooker2 - GitHub
 

以上です。(随時更新予定)
 

【参考】

Herokuで作るFacebookアプリ:第5回 Facebook APIを学ぼう|gihyo.jp … 技術評論社 はてなブックマーク - Herokuで作るFacebookアプリ:第5回 Facebook APIを学ぼう|gihyo.jp … 技術評論社
 

[Mac] Homebrew で PostgreSQL をインストールする手順

Mac に Homebrew で postgresql をインストールしたので手順をメモしておきます。

postgresql のインストール

まず brew コマンドで postgresql をインストールします。

Homebrew をインストールしていない方は、以下を参考にして下さい。

・参考:[Mac] Homebrew をインストール

brew install postgresql

PostgreSQL DB の初期化

initdb /usr/local/var/postgres -E utf8 --no-locale

自動起動の設定

ln -sfv /usr/local/opt/postgresql/*.plist ~/Library/LaunchAgents
launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist

環境変数 PGDATA の設定

環境変数 PGDATA を設定すると pg_ctl での起動停止時に -D の引数を渡さなくてよくなります。

export PGDATA=/usr/local/var/postgres

起動コマンド

pg_ctl -D /usr/local/var/postgres -l /usr/local/var/postgres/server.log start
 
# 環境変数PGDATAの設定をしていれば以下の様に省略できます
pg_ctl -l /usr/local/var/postgres/server.log start

終了コマンド

pg_ctl stop -s -m fast
 
# 環境変数PGDATAの設定をしていれば以下の様に省略できます
pg_ctl -D /usr/local/var/postgres stop -s -m fast

postgres ユーザの作成

brew でインストールした場合 postgres ユーザは作成されないようです。

$USER がスーパーユーザとして作成されます。スーパーユーザーをそのまま使うのはよくないので、新しくユーザを作成します。

$ createuser -P username
# usernameの部分は新規作成するユーザの名前
# パスワードとスーパーユーザにするかどうかを入力する

ユーザがちゃんと作成されたかの確認は下記のコマンドでできます。

psql -q -c'select * from pg_user' postgres

Ruby で postgresql を使うために gem で pg をインストールしておきます。

env ARCHFLAGS="-arch x86_64" gem install pg

 
ちなみに、brew info postgresql コマンドを実行すると以下のように詳細が読めます。

If builds of PostgreSQL 9 are failing and you have version 8.x installed,
you may need to remove the previous version first. See:
  https://github.com/mxcl/homebrew/issues/issue/2510
 
To build plpython against a specific Python, set PYTHON prior to brewing:
  PYTHON=/usr/local/bin/python  brew install postgresql
See:
  http://www.postgresql.org/docs/9.0/static/install-procedure.html
 
 
If this is your first install, create a database with:
  initdb /usr/local/var/postgres
 
If this is your first install, automatically load on login with:
  mkdir -p ~/Library/LaunchAgents
  cp /usr/local/Cellar/postgresql/9.0.4/org.postgresql.postgres.plist ~/Library/LaunchAgents/
  launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/org.postgresql.postgres.plist
 
If this is an upgrade and you already have the org.postgresql.postgres.plist loaded:
  launchctl unload -w ~/Library/LaunchAgents/org.postgresql.postgres.plist
  cp /usr/local/Cellar/postgresql/9.0.4/org.postgresql.postgres.plist ~/Library/LaunchAgents/
  launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/org.postgresql.postgres.plist
 
Or start manually with:
  pg_ctl -D /usr/local/var/postgres -l /usr/local/var/postgres/server.log start
 
And stop with:
  pg_ctl -D /usr/local/var/postgres stop -s -m fast
 
 
Some machines may require provisioning of shared memory:
  http://www.postgresql.org/docs/current/static/kernel-resources.html#SYSVIPC
 
If you want to install the postgres gem, including ARCHFLAGS is recommended:
    env ARCHFLAGS="-arch x86_64" gem install pg
 
To install gems without sudo, see the Homebrew wiki.

以上です。

参考情報

[MySQL] 遅いクエリをSlow Query Logでログ出力する方法

 

スロークエリログ(Slow Query Log) という、処理時間の長いクエリーをログに残す機能を知ったのでメモ。
 

以下、参考にしたサイトです。
 

MySQL :: MySQL 5.1 リファレンスマニュアル :: 4.11.5 スロー クエリ ログ はてなブックマーク - MySQL :: MySQL 5.1 リファレンスマニュアル :: 4.11.5 スロー クエリ ログ

MySQLでSlow Queryを設定する方法 | IDEA*IDEA はてなブックマーク - MySQLでSlow Queryを設定する方法 | IDEA*IDEA
 

今まで、エラーログぐらいしかまともに見たことがなかったのですが、色んなログが出せるのですね。
 

Rails 3 で root(ルート)を route.rb から変更する方法

 

Rails 3 にて、root(ルート)を route.rb から変更する方法を調べたのでメモ。
 
 

■ root
 

Webアプリのroot「/」に対するrouteは、Rails 3ではrootというディレクティブを使うそうです。
 

例えば、homeControllerのshowアクションをrootにする場合は config/routes.rb に以下のように書くそうです。
 

1
root :to => 'home#show'

 

これだけではまだ、デフォルトページが表示されてしまうので public/index.html をリネーム or 削除すれば、root で任意のページを表示できます。
 

1
$ rm public/index.html

 

ちなみに、Rails3のroutesについては以下の記事に詳しくまとめられています。
 

Rails 3のroutesまとめ はてなブックマーク - Rails 3のroutesまとめ
 

以上です。
 

【参考】

rails2.0でデフォルトのrouteを変更する方法 – Cafe L@ Bebop はてなブックマーク - rails2.0でデフォルトのrouteを変更する方法 - Cafe L@ Bebop
 

[Rails] rake db:migrate コマンドで rake aborted! no such file to load — pg のエラー問題を解決

Railsにて、rake db:migrate コマンドがエラーで実行できない問題を解決したのでメモ。

$ rake db:migrate
rake aborted!
no such file to load -- pg
 
Tasks: TOP => db:migrate
(See full trace by running task with --trace)

アプリケーションルート直下の Gemfile ファイルにて、SQLite3 を使う記述が初期設定のままだったので、これをpostgresqlを使うように書き換えればOKです。

$ vim Gemfile

■ Gemfileから一部抜粋

#Comment out the sqlite3 requirement
#gem 'sqlite3-ruby', :require => 'sqlite3'
#Add a pg requirement
gem 'pg', :require => 'pg'

以上です。

【参考】

Ruby/Rails 3 and PostgreSQL | Peter Mac And Associates はてなブックマーク - Ruby/Rails 3 and PostgreSQL | Peter Mac And Associates

RailsからPostgreSQLに繋がらない~ – Stellaqua – TOMの技術日記 はてなブックマーク - RailsからPostgreSQLに繋がらない~ - Stellaqua - TOMの技術日記