wget で SSL による接続が確立できないときは –no-check-certificate オプションを付ければOK

 

wget でhttps通信でデータをダウンロードしようとしたらエラーが出ました。
 

1
2
3
4
5
6
7
8
# wget https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz
--2011-06-18 21:59:33--  https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz
github.com をDNSに問いあわせています... 207.97.227.239
github.com|207.97.227.239|:443 に接続しています... 接続しました。
エラー: github.com の証明書(発行者: /C=US/O=DigiCert Inc/OU=www.digicert.com/CN=DigiCert High Assurance EV CA-1)の検証に失敗しました:
  発行者の権限を検証できませんでした。
github.com に安全の確認をしないで接続するには、`--no-check-certificate' を使ってください。
SSL による接続が確立できません。

 

エラーメッセージに出ているように、`–no-check-certificate’を付ければダウンロードできました。
 

1
# wget --no-check-certificate https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz

 

以上です。
 

Nginx(エンジンエックス)のインストール手順・方法

Nginxをインストールしたので、手順や方法をメモ。

nginx news

nginx(「エンジンエックス」と発音) は、軽量高性能なWebサーバ/リバースプロキシであり、同時に電子メール(IMAP/POP3)プロキシである。

・引用元:nginx – Wikipedia はてなブックマーク - nginx - Wikipedia

インストール手順

■ GCC、PCRE、zlib、OpenSSLをインストール

まず、Nginxのコンパイルに必要なものをインストールします。

# yum -y install gcc
# yum -y install pcre pcre-devel
# yum -y install zlib zlib-devel
# yum -y install openssl openssl-devel

■ Nginxのインストール

yum でインストールできる最も新しいバージョンは nginx 0.8.54 みたいです。

ちなみに、安定版は nginx-1.0.4 が2011-06-01にリリースされたもので最新のものになります。

# yum info nginx
Available Packages
Name       : nginx
Arch       : x86_64
Version    : 0.8.54
Release    : 1.el5
Size       : 389 k
Repo       : epel
Summary    : Robust, small and high performance HTTP and reverse proxy server
URL        : http://nginx.net/
License    : BSD
Description: Nginx [engine x] is an HTTP(S) server, HTTP(S) reverse proxy and
           : IMAP/POP3 proxy server written by Igor Sysoev.

早速、インストールします。

# yum -y install nginx

ちゃんとインストールされているか確認します。

# nginx -v
nginx version: nginx/0.8.54

オプションは nginx -h で確認できます。

# nginx -h
nginx version: nginx/0.8.54
Usage: nginx [-?hvVtq] [-s signal] [-c filename] [-p prefix] [-g directives]
 
Options:
  -?,-h         : this help
  -v            : show version and exit
  -V            : show version and configure options then exit
  -t            : test configuration and exit
  -q            : suppress non-error messages during configuration testing
  -s signal     : send signal to a master process: stop, quit, reopen, reload
  -p prefix     : set prefix path (default: /usr/share/nginx/)
  -c filename   : set configuration file (default: /etc/nginx/nginx.conf)
  -g directives : set global directives out of configuration file

例えば、どういう configure でインストールされたかは、 nginx -V で確認できます。

(読みやすくするため、configureオプションは改行して表示しています。)

# nginx -V
nginx version: nginx/0.8.54
built by gcc 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-50)
TLS SNI support disabled
configure arguments:
--user=nginx
--group=nginx
--prefix=/usr/share/nginx
--sbin-path=/usr/sbin/nginx
--conf-path=/etc/nginx/nginx.conf
--error-log-path=/var/log/nginx/error.log
--http-log-path=/var/log/nginx/access.log
--http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/client_body
--http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/proxy
--http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/fastcgi
--http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/uwsgi
--http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/scgi
--pid-path=/var/run/nginx.pid
--lock-path=/var/lock/subsys/nginx
--with-http_ssl_module --with-http_realip_module
--with-http_addition_module
--with-http_xslt_module
--with-http_image_filter_module
--with-http_geoip_module
--with-http_sub_module
--with-http_dav_module
--with-http_flv_module
--with-http_gzip_static_module
--with-http_random_index_module
--with-http_secure_link_module
--with-http_degradation_module
--with-http_stub_status_module
--with-http_perl_module --with-mail
--with-file-aio --with-mail_ssl_module
--with-ipv6
--with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic'
--with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic'

■ Serviceに登録、自動起動設定

# chmod +x /etc/rc.d/init.d/nginx
# chkconfig --add nginx
# chkconfig nginx on
# chkconfig --list nginx
nginx          	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off

インストール手順は以上です。

[Linux] # yum -y install yum-fastestmirror で速いリポジトリを自動的に選択

CentOSのパッケージ管理システム yum をアップデートするときに、高速化する方法を調べたのでメモ。

まず、yumコマンドで yum-fastestmirror をインストールします。

# yum -y install yum-fastestmirror

次に、yum check-update で fastestmirror プラグインが正常に読み込まれているか確認します。

# yum check-update
Loading "fastestmirror" plugin
Determining fastest mirrors
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad..jp
* updates: ftp.iij.ad..jp

最後に、yumのアップデートが必要な場合は実行します。

# yum -y update

以上です。


参考情報

yumで速いリポジトリを自動的に選択するには - @IT

[Linux]# yum -y install yum-fastestmirrorでyum高速化 : うえちょこ@ぼろぐ

Mac に Ruby on Rails の開発環境を作成しました

 

Mac に Ruby on Rails の開発環境を作成したのでメモ。
 

■ Ruby のインストール
 

MacにはデフォルトでRubyがインストールされているので、バージョンだけ確認しておきます。
 

1
2
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2009-06-12 patchlevel 174) [universal-darwin10.0]

 

公式サイトによると、Ruby 1.8.7 と Ruby 1.9.2 が推奨と書かれているので、アップデートしなくて良いみたいです。
 

Ruby on Rails: Download はてなブックマーク - Ruby on Rails: Download
 
 

■ Ruby on Rails のインストール
 

Mac にはデフォルトで RubyGems が入ってます。そして Rails もインストールがされていました。
 

RubyGems 自体をアップデート
 

1
$ sudo gem update --system

 

Rails を gem でインストール
 

1
$ sudo gem install rails --include-dependencies

 
 

■ SQLite3 のインストール
 

RailsのDB環境はデフォルトがSQLite3なのでこれもインストールします。
 

1
$ brew install sqlite

 

また、RailsからSQLiteにアクセスできるように、sqliteドライバもインストールします。
 

1
$ gem install sqlite3

 

以上です。
 

【参考】

Mac OS X (Snow Leopard) に Ruby on Rails 開発環境を構築 | まったりSE備忘録 はてなブックマーク - Mac OS X (Snow Leopard) に Ruby on Rails 開発環境を構築 | まったりSE備忘録
 

[Mac] Homebrew をインストール(ついでにGitもインストール)

Macで利用できるパッケージ管理ツール「Homebrew」をインストールしたのでメモ。
(最終更新日:2014/11/19)

・公式:Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew!

homebrewは、system に元から入っている環境をそのまま使うので、序盤の環境構築をサクサクできるというのがポイントみたいです。

Homebrew インストール

HomebrewのインストールをGitHubからRubyスクリプトで行います。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールが完了したら、brew doctor を実行します。

$ brew doctor
 
Error: Experimental support for using Xcode without the "Command Line Tools".

Command Line Tools をインストールしろと言われるので、

Xcodeのメニュー
Xcode->Open Developer tool -> More Developer tool
をクリックして、ジャンプ先から Command Line Tool for Xcodeをダウンロードする。
ダウンロードして、通常のアプリケーションと同じようにインストール。

再度、brew doctor を実行。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

OK!

Homebrew自体Gitを使っているので、まずGitをインストールします。

インストール後、すぐにupdateします。

$ brew install git
 
$ brew update
 
$ brew -v
0.9.4

以上です。

========

もし、brew install git がエラーで失敗する場合は、kernel.orgのサイトが利用できないのが原因ということがあります。
(今回は kernel.org がメンテナンス中で使えませんでした。)

この場合、Formula内の git.rb を編集して、ダウンロード先のURLを書き換える必要があります。

$ vim /usr/local/Library/Formula/git.rb

デフォルトでは、以下のようになっているのを、

class GitManuals < Formula
  url 'http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-manpages-1.7.6.1.tar.bz2'
  md5 'cae559424a62507cb2c15252d85a158e'
end
 
class GitHtmldocs < Formula
  url 'http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-htmldocs-1.7.6.1.tar.bz2'
  md5 'f698e0abbf1555582e30320930391c59'
end
 
class Git < Formula
  url 'http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.7.6.1.tar.bz2'
  md5 'd1e00772cc9dc6c571999feb9e8771ab'

以下のように書き換えます。

class GitManuals < Formula
  url 'http://ftp.uk.freesbie.org/sites/ftp.kernel.org/pub/software/scm/git-core/git-manpages-1.7.6.1.tar.bz2'
  md5 'cae559424a62507cb2c15252d85a158e'
end
 
class GitHtmldocs < Formula
  url 'http://ftp.ntu.edu.tw/ftp/pub2/software/scm/git/git-htmldocs-1.7.6.1.tar.bz2'
  md5 'f698e0abbf1555582e30320930391c59'
end
 
class Git < Formula
  url 'https://github.com/git/git/tarball/v1.7.6.1'
  md5 'ab731cf9b99529f3f8d126aa15d9a1cd'

今回のように、kernel.orgが落ちていたら、ミラーサイトのURLに書き換えましょう。

Index of /pub/software/scm/git

・git関連のミラーサイト:Index of /ftp/pub2/software/scm/git/

・gitのミラーサイト:Downloads for git's git – GitHub

以上です。


参考情報

初めてのHomebrewインストール. #install #環境構築 #homebrew – Qiita

[homebrew]Homebrewインストールメモ | milligramme 3cc

OS X LionのMacbookAirを買ってからRailsの開発環境整えるためにやったことメモ | 野ログはノロキュアMaxHeart

Installation – GitHub

homebrew – alternative source for installing git. brew install git; kernel.org Down for maintenance – Stack Overflow