[JavaScript] 小数点以下の桁数を取得する方法

JavaScript で小数点以下の桁数を取得する方法をご紹介します。

小数点以下の桁数を取得する getDecimalPlace メソッド

/**
 * 小数点以下の桁数を取得する
 * @param {Number} number
 * @return {Number} decimalPlace
 **/
var getDecimalPlace = function(number) {
  if (typeof number !== 'number') {
    return null;
  }
 
  var decimalPlace = 0;
  var numbers = number.toString().split('.');
  if (numbers[1]) {
    decimalPlace = numbers[1].length;
  }
 
  return decimalPlace;
};

使い方

第一引数に数字を指定すると、戻り値は小数点以下の桁数が返ってきます。

var number = 1234.56789;
 
getDecimalPlace(number); // 5
getDecimalPlace('not number'); // null

[JavaScript] 指定した id, class 名を持つ全ての要素を削除する

JavaScript で、指定した id もしくは class 名を持つ全ての要素を削除するメソッドをご紹介します。

jQuery は使わずに pure JavaScript で実装しています。

指定した id を持つ要素を削除する

var removeIdElement = function(id){
  var e = document.getElementById(id);
  if (e) {
    e.parentNode.removeChild(e);
  }
};

指定した class 名を持つ全ての要素を削除する

var removeClassElement = function(className){
  var elements = document.getElementsByClassName(className);
  for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
    var e = elements[i];
    if (e) {
      e.parentNode.removeChild(e);
    }
  }
};

自分自身の要素を削除するには、parentNode で親ノードに辿って removeChild で子ノードを削除しているところがポイントです。

参考情報

[Mongoose] model.save({ validateBeforeSave: false }) で validate をスキップできる

Mongoose 4.2.0 から model.save() のときにバリデーションをスキップするためのオプション validateBeforeSave が追加されています。

validateBeforeSave のテストコード test/document.test.js#L462-L473

validateBeforeSave オプションを利用するサンプルコードですが、mongoose のテストコードが直感的に理解できそうでした。

it('allows you to skip validation on save (gh-2981)', function(done) {
  var db = start();
 
  var MyModel = db.model('gh2981',
      {name: {type: String, required: true}});
 
  var doc = new MyModel();
  doc.save({validateBeforeSave: false}, function(error) {
    assert.ifError(error);
    db.close(done);
  });
});

Mongoose 4.2.0 からしか使えないので古いバージョンを利用しているなら早くアップデートすることをオススメします。

参考情報

[Nginx] http を https にリダイレクトする設定 & HTTP Strict Transport Security (HSTS) 対応

Nginx で http リクエストを https にリダイレクトする設定と HTTP Strict Transport Security (HSTS) の設定の2つをご紹介します。

http を https へリダイレクトする設定

以下のように return 301 https://$host$request_uri; の部分で 301 リダイレクトさせてます。

server {
    listen 80;
    server_name example.com;
    return 301 https://$host$request_uri;
}
 
server {
    # 'http2' requires nginx 1.9.5+. If using older nginx, replace with 'spdy'.
    listen 443 ssl http2;
    server_name example.com;
}

HTTP Strict Transport Security (HSTS) の設定

server {
    listen 443 ssl http2;
 
    # HTTP Strict Transport Security: tells browsers to require https:// without first checking
    # the http:// version for a redirect. Warning: it is difficult to change your mind.
    # 
    #    max-age: length of requirement in seconds (31536000 = 1 year)
    #    includeSubdomains: force TLS for *ALL* subdomains (remove if this is not what you want)
    #    preload: indicates you want browsers to ship with HSTS preloaded for your domain.
    # 
    #    Submit your domain for preloading in browsers at: https://hstspreload.appspot.com
    add_header Strict-Transport-Security "max-age=31536000; includeSubDomains; preload" always;
 
 
    # If you won't/can't turn on HTTPS for *all* subdomains, use this simpler version:
    # add_header Strict-Transport-Security "max-age=31536000;" always;
}

HSTS Preload リストへ登録する

Google では ドメインを HSTS Pre-loaded List に登録するサービス を行っています。記載された手順に従ってドメインを登録すれば、今後ブラウザとそのドメインとの間に安全でない通信は起こらなくなります。これに登録するには Strict-Transport-Security ヘッダに preload パラメータを含める必要があります。

[引用元] HTTP Strict Transport Security – Web セキュリティ | MDN

とのことなので HSTS Preload List Submission から登録しましょう。

HSTS Preload List を登録するための条件として、

  • サブドメインは指定できないのでネイキッドドメインを指定する
  • add_header で includeSubDomains を設定する

などが必要です。

今の時代 GoogleのHTTPSサイト優遇方針で待ったなし! と言われていることもあり、未対応のサイト運営者は早めに対応したほうがよさそうです。

参考情報

[Mac] brew update で Error: /usr/local must be writable! 対応

brew update で Error: /usr/local must be writable! がでたときの対応方法です。

$ brew update
Error: /usr/local must be writable!

調べるとまず brew doctor してみてと書いてあったので、やってみます。

$ brew doctor
 
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!
 
Warning: /usr/local is not writable.
 
You should probably change the ownership and permissions of /usr/local
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local
 
Warning: /usr/local is not writable.
Even if this directory was writable when you installed Homebrew, other
software may change permissions on this directory. For example, upgrading
to OS X El Capitan has been known to do this. Some versions of the
"InstantOn" component of Airfoil or running Cocktail cleanup/optimizations
are known to do this as well.
 
You should probably change the ownership and permissions of /usr/local
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local
 
Warning: Some installed formula are missing dependencies.
You should `brew install` the missing dependencies:
  brew install oniguruma
 
Run `brew missing` for more details.
 
Warning: Your Homebrew is outdated.
You haven't updated for at least 24 hours. This is a long time in brewland!
To update Homebrew, run `brew update`.

sudo chown -R $(whoami) /usr/local しろと書かれているので、実行して brew update を再実行してみます。

sudo chown -R $(whoami) /usr/local

次は update.sh: line 13: /usr/local/Library/ENV/scm/git: No such file or directory ってエラーが発生しました。

brew update
 
/usr/local/Library/Homebrew/cmd/update.sh: line 13: /usr/local/Library/ENV/scm/git: No such file or directory
()
/usr/local/Library/Homebrew/cmd/update.sh: line 13: /usr/local/Library/ENV/scm/git: No such file or directory
Error: update-report should not be called directly!
brew prune

たまに brew update すると苦労しますね・・・。

参考情報