[JavaScript] 改行コード \r\n \r \n を半角スペースに置換する正規表現とスニペット

JavaScript で改行文字を半角スペースに置換する正規表現とスニペットをご紹介します。

JavaScript

続きを読む

psql したら Library not loaded: libreadline エラーが出たので brew upgrade postgresql した

ひさしぶりに PostgreSQL を使おうと思い psql コマンドを実行したら Library not loaded: libreadline エラーが出たので brew upgrade postgresql して解決したというお話です。

psql コマンド実行で Library not loaded: libreadline エラー

$ psql
dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/readline/lib/libreadline.6.2.dylib
  Referenced from: /usr/local/bin/psql
  Reason: image not found
[1]    61053 trace trap  psql

brew upgrade postgresql で PostgreSQL のバージョンアップ

brew update
brew upgrade postgresql
launchctl unload -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist
mv /usr/local/var/postgres /usr/local/var/postgres9.3.1
initdb /usr/local/var/postgres
pg_upgrade \
  -b /usr/local/Cellar/postgresql/9.3.1/bin \
  -B /usr/local/Cellar/postgresql/9.6.1/bin \
  -d /usr/local/var/postgres9.3.1 \
  -D /usr/local/var/postgres
cp /usr/local/Cellar/postgresql/9.6.1/homebrew.mxcl.postgresql.plist ~/Library/LaunchAgents/
launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.postgresql.plist

たまに PostgreSQL を使うぞってときに version アップデートからハマりたくはないですよね。

参考情報

Promise 参考記事まとめ [JavaScript/ECMASCript6]

JavaScript 標準仕様の ECMASCript6 (ES2015) の Promise について理解が定着していないので、よく読み返す記事を自分用にまとめました。

JavaScript

続きを読む

WordPress ファイルとデータベースを自動バックアップして Google ドライブにアップロードする

やっと当ブログの WordPress のファイルとデータベースをバックアップして Google ドライブにアップロードするまでの処理を自動化しました。

前提

扱っている技術的なものは以下のとおりです。

バックアップ処理を書いたシェルスクリプト

WordPress データベースのバックアップ

ひとまず、書いたシェルスクリプトを書き残しておきます。

# backup_db.sh
DB_NAME=mydbname
DB_USER=mydbuser
DB_PASSWORD=mydbpassword
DB_HOST=localhost
 
DATE_STR=$(date +\%Y\%m\%d-\%H\%M\%S)
BACKUP_PATH=/tmp
BACKUP_FILE=$DB_NAME-$DATE_STR.sql
GDRIVE_DIR_ID=0B840dMOrdKT5am9aRDlNUUFic0k
KEEP_DAYS=3
 
## backup DB
cd $BACKUP_PATH
mysqldump $DB_NAME --default-character-set=binary \
-h $DB_HOST -u $DB_USER -p$DB_PASSWORD > $BACKUP_FILE
tar zcvf $BACKUP_FILE.tar.gz $BACKUP_FILE
gdrive upload --parent $GDRIVE_DIR_ID $BACKUP_FILE.tar.gz
rm -f $BACKUP_FILE.tar.gz $BACKUP_FILE
 
## Housekeeping
LIMIT_TIMESTAMP=$(date -d "$KEEP_DAYS days ago" +%s)
gdrive list --no-header --max 1000 --query "'$GDRIVE_DIR_ID' in parents" | while read ln
do
  ITR_ID=$(echo $ln | awk '{print $1}')
  ITR_DATE=$(echo $ln | awk '{print $(NF-1),$NF}')
 
  if [ $(date -d "$ITR_DATE" +%s) -lt $LIMIT_TIMESTAMP ]
  then
    gdrive delete $ITR_ID
  fi
done

WordPress ファイルのバックアップ

# backup_file.sh
DATE_STR=$(date +\%Y\%m\%d-\%H\%M\%S)
 
TARGET_PATH=/var/www/vhosts/
TARGET_FILE=codenote.net
BACKUP_FILE=$TARGET_FILE-$DATE_STR.tar.gz
GDRIVE_DIR_ID=0B840dMOrdKT5SFg5UkZ2c05aWkU
 
KEEP_DAYS=7
 
## backup files
cd $TARGET_PATH
tar cfz $BACKUP_FILE $TARGET_FILE/
gdrive upload --parent $GDRIVE_DIR_ID $BACKUP_FILE
rm -f $BACKUP_FILE
 
## Housekeeping
LIMIT_TIMESTAMP=$(date -d "$KEEP_DAYS days ago" +%s)
gdrive list --no-header --max 1000 --query "'$GDRIVE_DIR_ID' in parents" | while read ln
do
  ITR_ID=$(echo $ln | awk '{print $1}')
  ITR_DATE=$(echo $ln | awk '{print $(NF-1),$NF}')
 
  if [ $(date -d "$ITR_DATE" +%s) -lt $LIMIT_TIMESTAMP ]
  then
    gdrive delete $ITR_ID
  fi
done

gdrive コマンドの Tips

gdrive list でディレクトリの一覧を表示する。

$ gdrive list --query "mimeType='application/vnd.google-apps.folder'"
Id                             Name   Type   Size   Created
0B840dMOrdKT5am9aRDlNUUFic0k   db     dir           2016-12-13 00:17:46

随時、内容をアップデートしていきます。

参考情報

[Mongoose][timekeeper] TypeError: Undefined type `FakeDate` at `fieldName`

Node.js + Mongoose な構成のウェブサービスのテストコードで timekeeper という時間操作モジュールを利用していてハマったことをメモ。

timekeeper.freeze と new mongoose.Schema でエラーの事例

timekeeper.freeze と new mongoose.Schema でエラーが発生するテストコード

'use strict';
 
const mongoose = require("mongoose");
const timekeeper = require("timekeeper");
 
describe("FakeDate error", () => {
  timekeeper.freeze(new Date());
  let schema = new mongoose.Schema({
    createdAt: {
      type: Date
    }
  });
  timekeeper.reset();
});

エラーメッセージ TypeError: Undefined type `FakeDate`

$ mocha test.js
 
/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mongoose/lib/schema.js:483
    throw new TypeError('Undefined type `' + name + '` at `' + path +
    ^
 
TypeError: Undefined type `FakeDate` at `createdAt`
  Did you try nesting Schemas? You can only nest using refs or arrays.
    at Function.Schema.interpretAsType (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mongoose/lib/schema.js:483:11)
    at Schema.path (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mongoose/lib/schema.js:415:29)
    at Schema.add (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mongoose/lib/schema.js:310:12)
    at new Schema (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mongoose/lib/schema.js:88:10)
    at Suite.<anonymous> (/Users/bakorer/works/myapp/test.js:8:16)
    at context.describe.context.context (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mocha/lib/interfaces/bdd.js:73:10)
    at Object.<anonymous> (/Users/bakorer/works/myapp/test.js:6:1)
    at Module._compile (module.js:409:26)
    at Object.Module._extensions..js (module.js:416:10)
    at Module.load (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/coffee-script/lib/coffee-script/coffee-script.js:211:36)
    at Function.Module._load (module.js:300:12)
    at Module.require (module.js:353:17)
    at require (internal/module.js:12:17)
    at /Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mocha/lib/mocha.js:157:27
    at Array.forEach (native)
    at Mocha.loadFiles (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mocha/lib/mocha.js:154:14)
    at Mocha.run (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mocha/lib/mocha.js:326:31)
    at Object.<anonymous> (/Users/bakorer/works/myapp/node_modules/mocha/bin/_mocha:350:7)
    at Module._compile (module.js:409:26)
    at Object.Module._extensions..js (module.js:416:10)
    at Module.load (module.js:343:32)
    at Function.Module._load (module.js:300:12)
    at Function.Module.runMain (module.js:441:10)
    at startup (node.js:139:18)
    at node.js:974:3

FakeDate は timekeeper が用意した Date

timekeeper が以下のように JavaScript の Date オブジェクトと、timekeeper で独自定義した FakeDate オブジェクトを入れ替える処理をしています。

  /**
   * Replace the `Date` with `FakeDate`.
   */
  function useFakeDate() {
    Date = FakeDate
  }
 
  /**
   * Restore the `Date` to `NativeDate`.
   */
  function useNativeDate() {
    Date = NativeDate
  }

Date が Date でなく FakeDate に入れ替わってるタイミングで、new mongoose.Schema を呼び出すが FakeDate は MongooseTypes に定義されていない SchemaType なので例外が投げられてるっていう感じです。ザックリ説明すると。

new mongoose.Schema で SchemaType チェックしている Mongoose のコードはこの辺です lib/schema.js#L652-L671

テストコードの書き方次第でエラーは避けられる

timekeeper.freeze して timekeeper.reset するまでの間に、明示的に new mongoose.Schema したいテストコードを書くことはほぼないと思ってます。なので、new mongoose.Schema の処理を書いてる Model を定義してる module などは事前に require() しておくことでエラーを退避したいですね。

[MongoDB] ISODate の年月日の文字列を取得する

MongoDB の ISODate から年月日の部分だけ文字列を取得するには、toISOString() と substring() を使って以下のようなコードで取得できます。

MongoDB

続きを読む

異なるバージョンの Moment.js と Moment Timezone で変数を使い回したら見事にバグった

最新バージョンの moment-timezone@0.5.5 で生成した moment object を、古いバージョンの moment@2.4.0 を使ってる method に引数で渡して、日付処理をおこなったら華麗にバグったというお話です。

Moment.js

続きを読む

git log -S で過去に削除したコードを探せる

git で過去に削除したコードを探すには git log -S 検索ワード で検索ワードが含まれている commit を検索できます。

Git

続きを読む

[JavaScript] iframe で読み込み完了後に処理を実行するには onload イベントを使おう

iframe 内のコンテンツの読み込みが完了したら何か処理をさせたい場合 onload イベントを使うことで実現できます。

Moment.js

続きを読む

[Node.js] socket.io ではなくて socketio を npm install して Cannot find module ‘socket.io’ エラーでた

socket.io を使いたくて npm install socketio –save でインストール後に require(‘socket.io’) したら Error: Cannot find module ‘socket.io’ が発生して「なんでだろう…?」って数十分ぐらい悩みました。

$ node index.js
 
module.js:327
    throw err;
    ^
 
Error: Cannot find module 'socket.io'
    at Function.Module._resolveFilename (module.js:325:15)
    at Function.Module._load (module.js:276:25)
    at Module.require (module.js:353:17)
    at require (internal/module.js:12:17)
    at Object.<anonymous> (/Users/bakorer/works/sample/index.js:9:16)
    at Module._compile (module.js:409:26)
    at Object.Module._extensions..js (module.js:416:10)
    at Module.load (module.js:343:32)
    at Function.Module._load (module.js:300:12)
    at Function.Module.runMain (module.js:441:10)

結果としては socketio が使うべきモジュールではなくて正しくは socket.io というオチでした。package.json を下記のように修正して npm install し直したら無事に require(‘socket.io’) できました。

diff --git a/package.json b/package.json
index 30cdfac..84192a7 100644
--- a/package.json
+++ b/package.json
@@ -16,6 +16,6 @@
-    "socketio": "^1.0.0"
+    "socket.io": "^1.5.1"
   }
 }

socketio という紛らわしいパッケージ名はつけないで頂きたいですね。