PayPal 決済日から 180 日経過すると RefundTransaction API 経由で返金できない


PayPal 決済日から 180 日経過すると RefundTransaction API 経由で返金できなくて困ったというお話です。

PayPal

180日を境目に返金できなくなる

PayPal 公式ドキュメントによると、180日を境目に Transaction fee が掛かる or 掛からないという条件が変わるようです。

Overview
You can refund the entire amount of a transaction or portions of it. When you issue a refund, the gross amount equals the net amount of the original transaction plus the refunded fee from PayPal.

Gross Amount = Net Amount + Refund Fee

The default refund period is 180 days from the transaction date. If you issue a refund within 180 days, PayPal credits the original transaction fee for receiving the payment to your account. For partial refunds, PayPal credits a percentage of the original transaction fee based on the refunded amount. When you issue a refund after 180 days, your original transaction fee for receiving the payment is not credited to your account.

PayPal API を利用した Refund 方法

決済日から 180 日を境目に、以下の2通りの方法で対応できます。

  • 180 日以内: RefundTransaction API で返金できる
  • 180 日超過: MassPay API, DoNonReferencedCredit API などで送金する

PayPal API を利用しないで PayPal ビジネスアカウントから送金するという方法もあります。

Result code 19: Original Transaction ID not found

他にも 365 日を経過すると Original Transaction ID not found というエラーメッセージが Result code 19 と共に返るみたいです。

Result code 19

If you get the error message, “Original Transaction ID not found,” Result code 19, the credit attempt failed for one of the following reasons:

  • The PNREF you’re trying to reference is more than 365 days old.
  • The PNREF being referenced is invalid.
  • When processing through PayPal, the transaction being referenced doesn’t have a PayPal Transaction ID (PPREF) in the transaction details.

以上、PayPal 決済日から 180 日を経過して、RefundTransaction API で返金できなくて困った現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。