本当にあったエンジニア的に怖い話 ~ HTTP Status Code 0 と curl: (35) SSL connect error


最近、聞いた “本当にあったエンジニア的に怖い話” をご紹介します。

本当にあったエンジニア的に怖い話

  • HTTP Status Code 0
  • curl: (35) SSL connect error

の2本立てです。

HTTP Status Code 0

聞いたこともない HTTP Status Code 0 というステータスコードが返ってくるという怖い話を聞いたので、調べてみました。

CakePHP や PHP の NetWork ライブラリのバグで reasonPhrase が2個以上の単語で返ってくると、HTTP Status Code が設定されず 0 になるらしいです。

なにそれ怖い…。

curl: (35) SSL connect error

libcurl のバージョンが古くて ‘curl: (35) SSL connect error’ が発生するという記事を見つけました。

脆弱性とアナウンスされているものは libcurl をアップデートするとかして、できるだけ潰しておきたいですね。

以上、Library のバージョンは定期的にアップデートしていきたい現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。