[Symfony1.4] テンプレートの変更:setTemplate


Symfony1.4にて、テンプレートの変更について調べたのでメモ。テンプレートの変更には、setTemplateメソッドを使います。

■ テンプレートファイルのパスを直接指定する方法

$this->setTemplate('テンプレートファイルの絶対パス、または、相対パス');

■ アクションに対応するテンプレートを指定する方法

$this->setTemplate('Edit');

この場合、Editアクションに対応するテンプレートを呼び出しています。

■ return sfView::SUCCESS

アクションの処理が全て終わったら、何も書かれていない場合、sfView::SUCCESS がreturnされる。

他にも、sfView::NONE, sfView::ERROR などがある。

■ テンプレートについて調べるときに読む記事。

(公式)

A Gentle Introduction to symfony | 第6章 – コントローラーレイヤーの内側 | symfony | Web PHP Framework

Practical symfony | 14日目: フィード | symfony | Web PHP Framework
 

(ブログ記事など)

例外発生時のテンプレートの変更 – ゆっくり*ゆっくり

symfonyでsymfuldaze

WEBアプリケーション研究室 開発ノート [symfony] 特定のテンプレートを強制的に表示
 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。