検索順位チェックツール Serposcope での CAPTCHA 出現頻度

Pocket

検索順位チェックツール Serposcope で、実際に検索順位をチェックして CAPTCHA (キャプチャ) が出現した頻度の事例をご紹介します。

Serposcope

CAPTCHA 出現頻度を 10 回以下に抑えることは可能

NETWORKING OPTIONS の各種設定をを何回かチューニングして、約 6000 keyword で 0 ~ 10 回の間に収束することができました。

CAPTCHA 突破サービスの費用が、CAPTCHA 画像 1000 枚を突破するのに $0.7 なので、ほとんどコストが掛かりませんでした。

今後の Serposcope のチューニング課題

  • Pause: Min 60, Max 120
  • Maximum threads: 5
  • Proxies: 9

という構成で TASK 完了まで 11 ~ 13 時間ぐらい掛かっているので、もっと早く完了させたいという点が課題です。

今後は Proxy server を稼働させる時間を短くするために Pause の間隔を短くしたり、Proxy server の数をもっと増やして Maximum threads の上限をあげていくチューニングなどを考えています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。