タグ : mongodb

[MongoDB] データベース名の変更方法

MongoDB でデータベース名を変更する手順をメモ。

前提

まず、MongoDB には DB 名をアトミックにリネームする方法はないので、コピーして古い DB を削除するという手順になります。

DB名の変更手順

以下、MongoDB でデータベース名を変更するコマンドです。

// データベースを変更したい名前をつけてコピーする
db.copyDatabase('old_name', 'new_name');
// 古いデータベースに切り替える
use old_name
// 古いデータベースを削除する
db.dropDatabase();

データベースの容量が大きいと db.copyDatabase に時間が掛かってしまいますが、気長に待つしかなさそうです。

[MongoDB] field 名の命名規則

MongoDB のドキュメントを確認すると field の命名規則にゆらぎがあるので決めの問題なんでしょうね。

places_id と snake_case で書かれています。

こちらは cancelDate と lowerCamelCase で書かれています。

アプリケーションコードで扱いやすい命名規則に書き方を統一するといいんじゃないでしょうか。

[Mongoose] index が未作成な field を sort に指定して stream で取得すると default batchSize だけ処理して正常終了するので困った

Mongoose で index が作成されていない field を sort に指定して stream で取得すると、 default batchSize の 1000 件だけ処理して正常終了するので困ったというお話です。

find() で全件一括取得するケース

find() で全件一括取得すると callback の第一引数 err には値は入らず、配列の末尾の要素に $err, code が含まれていました。

User.find().sort({
  createdAt: -1
}).setOptions({
  noCursorTimeout: true
}).exec(function(err, docs) {
  console.log(err);
  console.log(docs.length);
  console.log(docs[docs.length - 1]);
 
/**
以下、console.log の出力結果
 
null
1001
{ '$err': 'getMore runner error: Overflow sort stage buffered data usage of 33555763 bytes exceeds internal limit of 33554432 bytes',
  code: 17406,
...
**/
});

stream() で全件取得するケース

stram() で取得する場合も同じで、最後に取得した document に $err, code が含まれていました。

var stream = User.find()
.sort({ createdAt: -1 })
.setOptions({ noCursorTimeout: true })
.stream();
 
stream.on('data', function(user){
/**
default batchSize 1000 件だけ取得して、1001 件目に $err, code を含むデータを取得して、正常終了する
{ '$err': 'getMore runner error: Overflow sort stage buffered data usage of 33555763 bytes exceeds internal limit of 33554432 bytes',
  code: 17406,
...
**/
});
 
stream.on('error', function(err){
  // エラーイベントは呼び出されない
});

解決方法

sort に指定する field の index を作成する

index が作成されていないのが元々の問題なので、index 作成すれば解決します。

User.path('createdAt').index(true);

index が存在する field を sort に指定する

index size が気になるので作成したくないという場合は、default で用意されている _id を sort に指定する対応でもいいと思います。

User.find().sort({
  _id: -1
}).setOptions({
  noCursorTimeout: true
}).exec(function(err, docs) {});

所感

document が 1000 件しか取得できてないことに気付かない限り、エラーが発生していることに気付けないので Mongoose のエラーハンドリングの実装が微妙なのでは…


参考情報

[MongoDB] E11000 duplicate key error index の code 11000 と 11001 の違い

MongoDB version 2.4.5 で unique index による duplicate key error index エラー発生時の error code には 11000 と 11001 があるのですが、その違いについて調べてみました。

事前準備

> db.version()
2.4.5
 
> db.so.drop();
> db.so.insert( { foo: 5 } );
> db.so.ensureIndex( { foo: 1 }, { unique: true } );
> db.so.insert( { foo: 6 } );

新規追加系メソッド insert のケース

db.collection.insert() で duplicate key error index エラーが発生したときは 11000 のエラーコードを返します。

> db.so.insert( { foo: 5 } );
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11000,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}

更新系メソッド update / save のケース

db.collection.update()db.collection.save() などの更新系のメソッドで duplicate key error index エラーが発生したときは 11001 のエラーコードを返します。

このときに紛らわしいのは、エラーメッセージ E11000 duplicate key error index に含まれているエラーコードが 11000 ということです。

> db.so.update( { foo: 6 }, { $set: { foo: 5 } } );
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11001,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}
> var so6 = db.so.findOne( { foo: 6 } )
> so6.foo = 5
5
 
> db.so.save( so6 )
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11001,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}

まとめ

MongoDB version 2.4.5 では、エラーメッセージは E11000 duplicate key error index と同じだけど、エラーコードは 11000 と 11001 の2種類があるバグっぽい処理になっていました。

このため、プログラム上で duplicate key error を処理したいときは if(err.code === 11000 || err.code === 11001) みたいな感じで扱うといいかもしれません。

なお MongoDB version 3.0.2 で試してみたところエラーコードは 11000 に統一されているようでした。

なので、err.code === 11001 だけのコードは MongoBD を upgrade したタイミングで動かなくなってしまうので注意が必要そうです。

> db.version()
3.0.2
 
> db.so.insert( { foo: 5 } );
WriteResult({
	"nInserted" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})
 
> db.so.update( { foo: 6 }, { $set: { foo: 5 } } );
WriteResult({
	"nMatched" : 0,
	"nUpserted" : 0,
	"nModified" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})
 
> var so6 = db.so.findOne( { foo: 6 } )
> so6.foo = 5
5
> db.so.save( so6 )
WriteResult({
	"nMatched" : 0,
	"nUpserted" : 0,
	"nModified" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})

以上です。

参考情報

[MongoDB] データベースファイルが保存されるパス dbpath を確認する

MongoDB のデータベースファイルが保存される dbpath は db.serverCmdLineOpts() の実行結果から確認できます。

dbpath を確認するクエリ

db.serverCmdLineOpts().parsed.dbpath           // MongoDB 2.4 and older
db.serverCmdLineOpts().parsed.storage.dbPath   // MongoDB 2.6+

(例) db.serverCmdLineOpts() の実行結果

dbPath 以外にも config ファイルや systemLog ファイルの出力先なども確認できます。

> db.serverCmdLineOpts()
{
	"argv" : [
		"/usr/local/opt/mongodb/bin/mongod",
		"--config",
		"/usr/local/etc/mongod.conf"
	],
	"parsed" : {
		"config" : "/usr/local/etc/mongod.conf",
		"net" : {
			"bindIp" : "127.0.0.1"
		},
		"storage" : {
			"dbPath" : "/usr/local/var/mongodb"
		},
		"systemLog" : {
			"destination" : "file",
			"logAppend" : true,
			"path" : "/usr/local/var/log/mongodb/mongo.log"
		}
	},
	"ok" : 1
}

以上です。


参考情報