タグ : node

[Node.js] CSVTOJSON を使って CSV から JSON ファイルに変換する

CSVTOJSON という npm モジュールを利用して、CSV を JSON ファイルに変換するスニペットをご紹介します。

csvtojson をインストールする

npm install -g csvtojson

csvtojson を使って CSV から JSON ファイルへ変換する

var Converter=require("csvtojson").Converter;
var csvConverter = new Converter({
  constructResult: false,
  toArrayString: true
});
 
var pathName = "/Users/bakorer/Downloads/";
var readStream = require("fs").createReadStream(pathName + "sample.csv");
var writeStream = require("fs").createWriteStream(pathName + "sample.json");
 
readStream.pipe(csvConverter).pipe(writeStream);

以上です。

[Node.js] Mongoose の virtual attributes を sinon で stub 化する

Mongoose の virtual attributes を sinon で stub 化する方法をご紹介します。

まず、下記のような Product model が定義されているとします。

# define Mongoose Product model
mongoose = require 'mongoose'
 
productSchema = new mongoose.Schema({
  # something
})
 
productSchema.virtual('discountPercentage').get ()->
  # calculate discountPercentage
  return discountPercentage
 
Product = mongoose.model 'Product', productSchema

そして、テストコードで discountPercentage virtual をスタブ化するコードは下記のような感じです。

# in test code
sinon = require 'sinon'
 
product = new Product()
 
console.log product.discountPercentage
# discountPercentage virtual の計算結果を返す
 
stub = sinon.stub product, 'get'
stub.withArgs('discountPercentage').returns 50
 
console.log product.discountPercentage
# 必ず 50 を返す
 
# 使い終わったら、忘れずに restore しましょう
stub.restore()

ポイントは sinon.stub mongooseInstance, ‘get’stub.withArgs(‘virtualName’).returns の部分で virtualName の返り値をスタブ化しているという点だけです。


参考情報

[Node.js] MONGOOSE WARNING がでないように stable version を使おう

Node.js + Mongoose のアプリ開発で MONGOOSE WARNING という警告メッセージが表示されたら、 unstable バージョンを利用していると思われるので stable なバージョンを使いましょう。

まず、アプリを起動しようとすると !!! MONGOOSE WARNING !!! と派手に怒られます。

$ node-dev app.js     
 
##############################################################
#
#   !!! MONGOOSE WARNING !!!
#
#   This is an UNSTABLE release of Mongoose.
#   Unstable releases are available for preview/testing only.
#   DO NOT run this in production.
#
##############################################################
 
Error: Cannot find module 'knox'
    at Function.Module._resolveFilename (module.js:338:15)
    at Function.Module._load (module.js:280:25)
    at Module.require (module.js:364:17)
    at require (module.js:380:17)
    at Object.<anonymous> (/Users/bakorer/works/myapp/routes/admin/content.js:5:12)
    at Module._compile (module.js:456:26)
    at Module._extensions..js (module.js:474:10)
    at Object.nodeDevHook [as .js] (/Users/bakorer/.nvm/v0.10.28/lib/node_modules/node-dev/lib/hook.js:43:7)
    at Module.load (module.js:356:32)
    at Function.Module._load (module.js:312:12)
[ERROR] 10:45:41 Error

package.json に “mongoose”: “^3.8.13”, と記述されていたので npm install したら Mongoose version 3.9.7 がインストールされておりました。

$ npm list | grep mongoose
├─┬ mongoose@3.9.7 invalid
├─┬ mongoose-file@0.0.2
├─┬ mongoose-paginate@3.1.5
│ └─┬ mongoose@4.0.6
├── mongoose-query-paginate@1.0.1
npm ERR! invalid: mongoose@3.9.7 /Users/bakorer/myapp/node_modules/mongoose
npm ERR! not ok code 0

Mongoose の version を確認して使えそうな stable version に package.json を書き換えて、再度 npm install すれば OK なはず。

$ git diff
 
diff --git a/package.json b/package.json
index e56cf62..6b49881 100644
--- a/package.json
+++ b/package.json
@@ -15,7 +15,7 @@
-    "mongoose": "^3.8.13",
+    "mongoose": "3.8.13",

package.json の書き方は下記のサイトが詳しいので、あわせて読んでおくといいかもです。


参考情報