タグ : Twitter

[Twitter] ツイートボタンの独自イベントを取得してクリックしたときに何か処理させる

Twitter のツイートボタンの独自イベントを取得して、ツイートボタンをクリックしたときに何か処理をさせたいときに役立つスニペットをご紹介します。

// https://dev.twitter.com/web/javascript/loading より
window.twttr = (function(d, s, id) {
  var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0],
    t = window.twttr || {};
  if (d.getElementById(id)) return t;
  js = d.createElement(s);
  js.id = id;
  js.src = "https://platform.twitter.com/widgets.js";
  fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
 
  t._e = [];
  t.ready = function(f) {
    t._e.push(f);
  };
 
  return t;
}(document, "script", "twitter-wjs"));
 
twttr.ready(function (twttr) {
  twttr.events.bind("tweet", function (event) {
    console.log('Tweet ボタンをクリックしたタイミングで呼び出したい処理');
  });
});

使い方の事例は、例えば Google Analytics のイベントトラッキング機能でツイートボタンのクリック数を計測したいとかでしょうか。


参考情報

[livedoor Blog] Twitter Cards の対応方法

ライブドアブログで運用している個人ブログを Twitter Cards に対応しました。

livedoor-blog-twitter-card

Twitter Card Validator でチェックした記事: ボンバーマンブーム再来 – バコラー日記

以下、Twitter Cards 対応するときに参考にした記事です。

超カンタンなので Twitter Cards 未設定の方は、とりあえず対応しておくとツイートされたときの見栄えがいいのでおすすめです。

[WordPress] Twitter Card を Twitter 公式プラグインを利用して導入する方法

WordPress に Twitter 公式プラグインを利用して Twitter Card を導入する方法をご紹介します。

Twitter card の導入手順

Twitter card を WordPress に導入する手順はとてもカンタンで作業はたったの3つだけです。

  1. Twitter WordPress Plugin をインストールする
  2. Twitter プラグインの設定ページに「Twitterのユーザー名」を設定する
    twitter-wordpress-plugin-setting
  3. Twitter Card Validator で正しく設定されているかチェックする

    twitter-card-validator-1

    twitter-card-validator-2

    twitter-card-validator-3

※ 以前は、事前に Twitter card を申請する必要がありましたが、今は申請する必要がないようです。

今は Twitter 公式プラグインのおかげでカンタンに Twitter card を設定することができるので、まだ設定してない方はこの機会にぜひ設定してみてはいかがでしょうか?


参考情報

[Android] 正しく時刻設定してないと Twitter 認証時にエラー発生

Android アプリにて、正しく時刻設定してないと Twitter 認証時に下記のような例外が発生してしまいます。

Received authentication challenge is null
Relevant discussions can be found on the Internet at:
	http://www.google.co.jp/search?q=10f5ada3 or
	http://www.google.co.jp/search?q=e574403a
TwitterException{exceptionCode=[10f5ada3-e574403a b8c63e52-c913c2cc], statusCode=-1, message=null, code=-1, retryAfter=-1, rateLimitStatus=null, version=3.0.3}

動作試験で、時刻設定を未来の時間に設定したままで、今回のようなエラーが発生しました…。

とりあえず、バグではなかったので良かったです。