システムの「動作確認」は英語で Operational acceptance testing (OAT) が適当?


エンジニア研修で「(システムの)動作確認というワードを英語でどういう風に説明しよう難しいな」と思っていたのですが Operational acceptance testing (OAT) という言葉があることを教えてもらいました。

Operational Acceptance Testing (OAT)

Operational acceptance testing (OAT) is used to conduct operational readiness (pre-release) of a product, service, or system as part of a quality management system. OAT is a common type of non-functional software testing, used mainly in software development and software maintenance projects. This type of testing focuses on the operational readiness of the system to be supported, and/or to become part of the production environment. Hence, it is also known as operational readiness testing (ORT) or operations readiness and assurance testing (OR&A). Functional testing within OAT is limited to those tests which are required to verify the non-functional aspects of the system.

他には「動作確認」は「結合テスト」のざっくりした呼び方なのかなと?、以下の記事を読んで、思ったりしています。

英語ネイティブなメンバーへのエンジニア研修を通して、日本語と英語の技術用語の対応を少しずつ蓄積していきたいと思っております。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。