カテゴリー : WordPress

[WordPress] サーバの移行手順メモ

WordPress サイトを旧サーバから新サーバへ移行したので、手順をざっくりメモ。


移行元サーバでの作業

MySQLからダンプ

mysqldump --default-character-set=binary -h localhost -u dbuser -p dbname > backup.sql

WordPressのコンテンツ一式のバックアップ

次に、/var/www/vhosts/codenote.net に設置している wordpress コンテンツのディレクトリ以下を tar で圧縮します。

cd /var/www/vhosts/
tar zcvf codenote.net.tar.gz codenote.net/

ファイルを移行元サーバから移行先サーバへ転送

backup.sql と codenote.net.tar.gz を移行先サーバへ転送します。


移行先サーバでの作業

WordPressで使用するデータベースの作成

# mysql -u root
 
mysql> create database dbname;
mysql> grant all on dbuser.* to dbname@localhost identified by 'mypassword';

MySQLのリストア

mysql -u dbuser -p dbname < backup.sql

WordPressのコンテンツ一式の設置

/var/www/vhosts/ 以下にバックアップしたWordPressコンテンツの圧縮ファイルを展開します。

cd /var/www/vhosts/
tar zxvf codenote.net.tar.gz

念のため、所有者を全て Webサーバのユーザと一緒にしておきます。

chown -R nginx. /var/www/vhosts/codenote.net

以上です。


参考情報

CORESERVER から さくら VPS に WordPress を移行した | 暇人じゃない

さくらのVPS サーバ構築メモ 9 – データ移行 | コムギドットネット

[WordPress]「古いプラグインを削除できませんでした。」の解決方法

WordPressで、プラグインを削除しようとしたら「古いプラグインを削除できませんでした。」エラーが発生しました。

ディレクトリの所有者が apache や nginx になっていないのが原因だと思うので、chown で所有者を変更します。

WordPressサイトのインストールPathが /var/www/vhosts/codenote.net の場合、下記のような感じです。

# cd /var/www/vhosts
# chown -R nginx. codenote.net

以上です。


参考情報

wordpressでプラグインを自動アップグレードできないときの対処(応急処置) – sugarballの日記

[WordPress] WP Super Cache の WPTouch エラーの解決方法

WordPress のキャッシュプラグイン「WP Super Cache」と「WPTouch」を共存させようとするとエラーが発生します。

エラーメッセージ

WPTouch plugin detected! Please go to the Supercache plugins page and enable the WPTouch helper plugin

解決方法

「設定」→「WP Super Cache 設定」→「プラグイン」にて、「WPTouch」の項目を有効にして、更新ボタンをクリックします。

これで、エラーメッセージは消えて、PCとモバイルで別々に WP Super Cache のキャッシュを作成してくれるようになります。


参考情報

WPTouchとWP Super Cacheのエラーを消す方法 | とりせどどっとこむ

[WordPress] Contact Form 7 が動かないときのチェックポイント

WordPress のお問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」が動かないときのチェックポイントをメモ。

どうして私のコンタクトフォームは AJAX っぽく動かないのか? | Contact Form 7

[WordPress] 管理画面の言語設定をユーザ毎に日本語・英語にカンタンに切り替えられるプラグイン「Bogo」

WordPressの管理画面の言語設定を、ユーザ毎に日本語・英語にカンタンに切り替えられるプラグイン「Bogo」が便利だったので、ご紹介します。

WordPress › Bogo « WordPress Plugins

「Bogo」をインストールして、プラグインを有効化すると管理画面のツールバー右上付近に「日本語」「英語」の切り替えメニューが設置されます。

bogo

ここから言語設定を切り替えられるというとてもシンプルな機能です。

設定もユーザによって、日本語表示、英語表示の設定を分けることができるのは、共同編集する際にかなり便利ですね。

海外に記事執筆などをアウトソーシングする際に、このプラグインは重宝するのではないでしょうか。