長期休暇明けのキャッチアップ

Pocket

新婚旅行で一週間ほど休暇を頂いてました。7日間も休んでいると復帰後のキャッチアップを効率良くやらないと、日々の業務量に溺れてしまいそうだったので、どういう手順で不在時の仕事内容を把握するかまとめて、実際にやってみました。

キャッチアップの手順

1. リリースノートを読む

Devチームが週次で全社員向けに作成しているリリースノートを読んで、どんな機能がリリースされたかを把握します。まず、機能開発・変更の概要をざっくり掴みます。

2. 大きな仕様追加・変更などをDevメンバーに確認する

知らないとハマりそうな仕様の追加・変更などのポイントを、開発チームメンバーにチャットツール Slack 経由で教えてもらいます。これで無駄な開発の手戻りを減らします。

3. Github の issue や pull request をチェックする

特に自分に mention があるものを重点的に目を通します。ざっと終わったら、次は Merge できる pull request を1つずつマージしていきます。それが終わったら、未レビューな pull request をレビューしていくという流れになります。

まとめ

実際にやってみて、一週間分の変更を1日だけで”全部”キャッチアップしようとするのは、とてもじゃないですが無理でした。

現実的には、「リリースノートを読む」「大きな仕様追加・変更などをDevメンバーに確認する」の2つをやって、あとは残りをやりつつ、質問や差し込みのタスクなどが入ってきたら、それをやるという感じであっという間に1日が終わりました。

全て把握するのは無理でしたが、現実路線でその日に依頼されるタスクをこなしつつ、空いた時間はキャッチアップに使うのがよさそうでした。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。