モチベーションが全く上がらない開発案件


モチベーションが全く上がらない開発案件が浮上したという話をエンジニアの友人から聞かされました。

ざっとダメな点を列挙してみると、

  • 事業規模が見えない
  • 事業内容が既存のECサイトとシナジーが無い
  • 市場調査ができていない
  • 収益の試算ができていない

というような内容です。

話を聞く限り、開発リソースを割くのに値しないのでやらないのが懸命な判断と感じました。既存の顧客のニーズをヒアリングしていなかったり、数字だして考えてない段階で事業案として提出しているのはお粗末すぎるので、もうちょっと頑張って欲しいですね。

久しぶりにモチベーションが全く上がらない開発案件が浮上してきて、とても残念な気持ちでいっぱいと友人は言っておりました。エンジニアが参加する段階の MTG で自分の口から「この開発、やる意味あるんですか?」っていわないといけない時点でどうなのという・・・。

「社内のエンジニアが納得できないような事業案を出してる時点でダメだよね」とその会社の CTO が仰っていたそうです。

事業の発案者にはエンジニアに開発工数を出してもらう前に、自分でも数字出すとかやるべきことをちゃんとやってもらいたいですね。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。