サポートタイプのリーダーを目指すあなたにやってほしいこと

Pocket

とあるチームの業務改善の一環で、そのチームのリーダー宛に送ったメールを一部編集して記事にしました。

以下、メール本文です。


チームの立て直しに関連して今後、◯◯さん(リーダー)にやってもらいたいことを、優先度順に書き出しました。
できること、できないことあると思いますが、ご確認よろしくお願いします。

概要

  • サポートタイプのリーダーなので、自分の時間を確保して業務キャッチアップして、把握できてないこと、できないことを減らしていって欲しいという考えのもとに書き出してます
  • 自分ができる業務は他のメンバーに任せても、最悪自分で解決できるので、時間の作り方としてオススメです
  • 僕も意識して開発メンバーに任せまくってます

流れ

  1. 自分の業務を手放す
  2. 元々、自分の業務だったものはフォローできる
  3. 空いた時間でキャッチアップ、勉強する
  4. チームメンバーの業務全てフォローできるようにする

サポートタイプのリーダーになるためにやってほしいこと

実務を早急にメンバーに引き継ぐ

実務を抱えてると時間が作れないと思うので、今までやっていたタスクはフォローできると思うので一旦、手放しましょう。
困ったらフォローする形でリーダーシップとっていくのが理想的です。

空いた時間でチームの業務を全てキャッチアップする

失礼ながら数字に弱い印象なので、扱ってる数字がどうなってるかは最低限、分かっていてほしいです。
その他、チームメンバーがやってる業務内容の概要を把握してください。
チーム内の業務で分からないことがあれば勉強してください。

チーム内の各業務 MTG にも時間の許す限り参加する

最初のうちは基本参加してください。

各メンバーの実務面での動きを見てないと、評価面談のときに何も書けないと思います。
メンバーのことを見ていない人に評価されても納得感がないと思います。

最後に、慣れてきたら MTG への参加頻度は減らしていきましょう。
MTG ばかり参加していると自分の仕事の時間が確保できなくなるからです。

他チームとの面倒な調整役を引き受ける

サポートタイプのリーダーが力を発揮できるポイントだと思います。
チームメンバーには各自の業務に集中できる環境を作ってあげましょう。


以上がメールに書いた内容でした。

最後に

「リーダーってどうあるべきだろう?」と悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。