Mastodon のメール送信設定 – Gmail 編

Mastodon で送るメールを Gmail を利用してメール送信する設定をご紹介します。

Mastodon マストドン

.env.production のメール配信設定

メール配信の設定項目は .env.production というファイルの SMTP_* という部分です。

SMTP_SERVER=smtp.gmail.com
SMTP_PORT=587
SMTP_LOGIN=my.gmail.account@gmail.com
SMTP_PASSWORD=mypassword
SMTP_FROM_ADDRESS=my.gmail.account@gmail.com
SMTP_DOMAIN=gmail.com
SMTP_OPENSSL_VERIFY_MODE=none

メール配信サービスを利用せず、無料でメールを送信したい方には Gmail を利用できるのはありがたいですね。

参考情報

[Linode] Coupon Code と Referral Code を調べる方法

Linode (ライノード) に登録する Coupon Code と Referral Code を探す方法をご紹介します。

Linode ライノード

Linode の Coupon Code

まず Coupon Code は RetailMeNot というサイトに常時 $10 ~ $20 OFF のクーポンコードが掲載されているので、こちらをチェックしましょう。

Linode の Referral Code

次に Referral Code は、

edd6f2793f5820f9c6d12dd386459c52b1e667ec

が使えます。

以下の URL 経由で Sign up しても Referral Code が適用された状態で Linode に新規会員登録できます。

https://www.linode.com/?r=edd6f2793f5820f9c6d12dd386459c52b1e667ec

よき Linode ライフを!

Mastodon マストドンの使い方、サーバー構築、便利ツールまとめ

Mastodon マストドンの使い方、サーバー構築、便利ツールなどが紹介されている良い記事だけをまとめたのでご紹介します。

Mastodon マストドン

Mastodon マストドンの使い方

概念や思想的な話、つまりポエム

Mastodon サーバー構築

さくらのクラウドで Mastodon のサーバーをサクッと起動できる仕組みが公開されました。

さくらの VPS で Mastodon を動かすやつ。

AWS で Mastodon を動かすやつ。

Mastodon サーバー構築していて困ったら Qiita の記事を探すといいんじゃないでしょうか。

実際に使えるサーバーやツールなど

coron.tech というサイトで Mastodon のサーバ一覧がよくまとめられているので、このサイトから自分の趣向にあったインスタンスを立てるといいんじゃないでしょうか。

Mastodon 情報まとめ

色んなメディアや開発者が情報を発信しているようなので、この記事も随時更新していきます。

Google Apps Script でスクレイピング 〜 ページ内に特定の文字列が含まれているか判定する

Google Apps Script ページ内に特定の文字列が含まれているかを判定するスクレイピングみたいなコードを書いたのでご紹介します。

Google Apps Script

コードの処理の流れ

  1. UrlFetchApp.fetch でレスポンスを取得する
  2. response.getContentText で HTTP response のコンテンツをエンコード済みの文字列で取得する
  3. String.prototype.indexOf() で文字列に ‘Example’ を含んでいるか判定する

Google Apps Script のサンプルコード

以下、

function myFunction() {
  var contentText = fetchContentText("http://example.com");
 
  if (contentText.indexOf('Example') !== -1) {
    Logger.log('◯');
  } else {
    Logger.log('☓');
  }
}
 
function fetchContentText(url){
  var opt = {"contentType":"text/html","method":"get"};
 
  var response = UrlFetchApp.fetch(url, opt);
  var contentText = response.getContentText();
  return contentText;
}

基本的なスクレイピングは少しのコードで実現できました。

このコードを元に、次は判定結果を Google スプレッドシートに追記していくコードを書けば利用の幅が広がる気がしています。

参考情報

[Mac] Terminal でコマンドが完了したら通知してくれる terminal-notifier が便利!

Mac で Terminal にて、コマンドが完了したら通知してくれる terminal-notifier が便利なのでご紹介します。

terminal-notifier example

terminal-notifier のインストール

terminal-notifier は Homebrew 経由でインストールできます。

brew install terminal-notifier

terminal-notifier の使い方

{コマンド} && terminal-notifier -message '{メッセージ}' -sound default

(例) sleep コマンド完了後に ‘Done! Terminal task’ と通知させて、デフォルト音を鳴らす

sleep 1s && terminal-notifier -message 'Done! Terminal task' -sound default

alias 設定をして楽しよう

毎回 terminal-notifier -message ‘{メッセージ}’ を書くのは面倒なので、エイリアスを設定するのがおすすめです。

~/.bashrc or ~/.zshrc

alias notifier='terminal-notifier -message "Done! Terminal task"' -sound default

エイリアス設定後は {コマンド} && notifier で通知を受け取れるのでちょっぴり楽になります。