カテゴリー : 2012年 6月

[Firefox] インストールしているアドオン一覧

Firefox にインストールしているアドオン一覧をメモ。

・Abduction!

・Firebug

・Gmail Manager

・Hatena Bookmark

・Make Link

・SQLite Manager

・Web Developer

[RVM] Ruby の version (バージョン) を Update (アップデート)する方法

まず、rvm を最新版にアップデートします。

rvm get latest

rvm を最新に更新します。

rvm get head

アップデートしたrvmの再読み込み

rvm reload

インストール可能なRubyの一覧を見ます。

rvm list known

最後に、Ruby をアップデートします。

rvm upgrade ruby-1.9.3-p0 ruby-1.9.3-p194
Are you sure you wish to upgrade from ruby-1.9.3-p0 to ruby-1.9.3-p194? (Y/n): Y
 
Do you wish to move over aliases? (Y/n): Do you wish to move over wrappers? (Y/n):

参考情報

rvmでRuby 1.9.3 – tamajio tamajio

rvm – qwik.jp/asakusarb

rvmからRubyをアップグレードしてみた(1.9.2-p136→1.9.2-p180) – さかなチキンぱん。

[Ubuntu] US (英語) キーボードの設定方法

Ubuntu 12.04 にて US (英語) キーボードの設定をしたのでその方法をご紹介します。

ubuntu

1. 右上の歯車アイコンをクリック
2.「システム設定」→「キーボードレイアウト」
3. +(ボタン)をクリックして、「レイアウトの選択」にて「英語(US)」を選択して「追加」

英語/日本語の切換えは[Ctrl]+[Space]コマンドでできます。

参考情報

[Linux] 指定ディレクトリ以下のファイル数を調べるコマンド

Linux にて、指定ディレクトリ以下のファイル数を調べるコマンドを調べたのでメモ。

find /home/www/ -type f | wc -l

参考情報

MOVION.net » 指定ディレクトリ以下のファイル数を調べる[Linux][find]

net-snmp のインストール・設定方法

net-snmp を yum でインストールして、設定するまでの手順をメモ。

net-snmp のインストール

まず、net-snmp がインストールされているか確認します。

# yum list installed | grep net-snmp
# yum -y install net-snmp
# yum -y install net-snmp-utils

net-snmp の設定ファイルを編集する

net-snmp の設定ファイル、snmpd.conf を編集します。

■ /etc/snmp/snmpd.conf

#       sec.name  source          community
com2sec notConfigUser  default       my-community
 
group   notConfigGroup v1           notConfigUser
group   notConfigGroup v2c           notConfigUser
 
view    systemview    included   .1
access  notConfigGroup ""      any       noauth    exact  systemview none none
 
disk / 10000
disk /boot 10000
 
proc httpd
proc postmaster
 
exec .1.3.6.1.4.1.2021.54 hdNum /usr/local/bin/snmpdiskio hdNum
exec .1.3.6.1.4.1.2021.55 hdIndex /usr/local/bin/snmpdiskio hdIndex
exec .1.3.6.1.4.1.2021.56 hdDescr /usr/local/bin/snmpdiskio hdDescr
exec .1.3.6.1.4.1.2021.57 hdInBlocks /usr/local/bin/snmpdiskio hdInBlocks
exec .1.3.6.1.4.1.2021.58 hdOutBlocks /usr/local/bin/snmpdiskio hdOutBlocks

・disk / 10000

最低10MBになったらsyscontactに通知する。
最低10%になったら通知したければ、10000 の箇所を 10% に修正する。

net-snmp の起動

net-snmp を起動する。

# service snmpd start

確認は以下のコマンドを使って確認します。

# snmpwalk -v1 -c コミュニティ名 localhost

コミュニティ名は、snmpd.conf で設定したものに対応します。僕の場合は、my-community です。

このコマンドを実行後、色々と表示がでたらインストールと設定と起動が正しく行われているはずです。

net-snmp の自動起動を有効にする。

# chkconfig  --list snmpd
snmpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
# chkconfig snmpd on
# chkconfig  --list snmpd
snmpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

今回は、Nagios の監視用に net-snmp を利用するので、161番ポートを開放します。

-A INPUT -p udp --dport 161 -j ACCEPT
# service iptables restart

以上です。

【参考】

6-2. Net-Snmpのインストール(Unix): 自宅サーバプロジェクト はてなブックマーク - 6-2. Net-Snmpのインストール(Unix): 自宅サーバプロジェクト

FreeBSD/cactiにdisk i/oを追加 – PukiWiki Plus! はてなブックマーク - FreeBSD/cactiにdisk i/oを追加 - PukiWiki Plus!

エンタープライズ: – 第6回:SNMPによるネットワークモニタリング はてなブックマーク - エンタープライズ: - 第6回:SNMPによるネットワークモニタリング

Cactiでディスク容量の監視、/boot 領域の監視追加: BlueEyesBlue はてなブックマーク - Cactiでディスク容量の監視、/boot 領域の監視追加: BlueEyesBlue

TCP/IPをはじめから – SNMPとは はてなブックマーク - TCP/IPをはじめから - SNMPとは

[Apache] [warn] _default_ VirtualHost overlap on port 443, the first has precedence

Apache の config ファイルに2ヶ所以上 という感じの記述を書いていてエラーが出ていました。

■ エラー内容

[warn] _default_ VirtualHost overlap on port 443, the first has precedence

今回は、ssl.conf と proxy.conf の2ファイルに別々に記述してしまったというオチ。

[Apache] Invalid command ‘SSLCertificateFile’, perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration

Apache に SSL の設定をして httpd configtest を実行したら、エラーがでました。

エラー内容

Invalid command 'SSLCertificateFile', perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration

Apache が mod_ssl に対応してなかったので、mod_ssl を追加することでエラーが消えました。

mod_ssl の追加方法は、ソースからコンパイルしてインストールしている場合と、yum などでインストールしている場合とで違ってきます。

ソースからインストールしている場合

・参考:apxsでapacheにモジュールを追加する

yum でインストールしている場合

mod_sslインストール

# yum -y install mod_ssl

opensslインストール

# yum -y install openssl

以上です。


参考情報

apache+mod_sslでSSL — server-memo.net

かぴぶろぐ

[Python] UnicodeDecodeError: ‘ascii’ codec can’t decode byte 0xe3

Python + Google App Engine の勉強を下記サイトに沿ってしていたところ、文字コードでつまずいたのでメモ。

【libro】 PythonによるGoogle App Engine(GAE)プログラミング入門

#!/usr/bin/env python
#-*- coding: utf-8 -*-
#
import os
from google.appengine.ext import webapp, db
from google.appengine.ext.webapp import util, template
 
class MainHandler(webapp.RequestHandler):
	def get(self):
		params = {'message':'これは、テンプレートで出力したWebページです。'}
		fpath = os.path.join(os.path.dirname(__file__),'views','index.html')
		html = template.render(fpath, params)
		self.response.headers['Content-Type'] = 'text/html'
		self.response.out.write(html)
 
	def post(self):
		text1 = self.request.get('text1')
		params = {'message':'こんにちは、' + text1 + 'さん!'}
		fpath = os.path.join(os.path.dirname(__file__),'views','index.html')
		html = template.render(fpath, params)
		self.response.headers['Content-Type'] = 'text/html'
		self.response.out.write(html)
 
def main():
	application = webapp.WSGIApplication([('/', MainHandler)],
                                         debug=True)
	util.run_wsgi_app(application)
 
if __name__ == '__main__':
	main()

postで渡された日本語文字を表示させようとしたら下記のようなエラーが表示されました。

Traceback (most recent call last):
File “/Applications/GoogleAppEngineLauncher.app/Contents/Resources/GoogleAppEngine-default.bundle/Contents/Resources/google_appengine/google/appengine/ext/webapp/__init__.py”, line 636, in __call__
handler.post(*groups)
File “/Users/bakorer_mac/Dropbox/Program/GAE/bakorer-labo/main.py”, line 20, in post
params = {‘message’:’こんにちは、’ + text1 + ‘さん!’}
UnicodeDecodeError: ‘ascii’ codec can’t decode byte 0xe3 in position 0: ordinal not in range(128)

文字コードでつまずいたらここを読んで復習するようにしています。

・参考:PythonのUnicodeEncodeErrorを知る – HDEラボ

17行目を以下のように修正すればエラーが消えました。

		text1 = self.request.get('text1').encode('utf-8')

以上です。

CORESERVER に Python 2.7.1 をインストールする方法

CORESERVER(コアサーバー)に Python 2.7.1 をインストールしました。

Index of /ftp/python

インストール方法は、参考になるサイトがたくさんあるので割愛します。

■ 参考サイト

[CORESERVER][Python]CORESERVERでPython2.7.1を動かした – Weblog – yosida95's site

ワタシのート: CORESERVER(CORE-MINI)にPython2.6.6を入れた

[言語][Python][メモ]CORESERVER に Python 2.5 をインストール | 漫ろで行こう

CoreserverさんのローカルフォルダにPython2.5.5をインストールする | Oh!Happy.ORG Blog

インストール後、「 python -V 」でバージョン確認しても、python2.4.3 のままで反映されていませんでした。

結局、bash を起動していなかったのが原因みたいでした。

・参考:Python のインストール(Xrea編) – tomoyan.net

以上です。

[Submile Text2] Ubuntu へのインストール手順

Submile Text2 を Ubuntu へインストールしました。簡単に手順をメモ。

・参考:How to install Sublime Text 2 on Ubuntu 12.04 (Unity) | Technoreply はてなブックマーク - How to install Sublime Text 2 on Ubuntu 12.04 (Unity) | Technoreply

■ Step 1

下記から、Linux版をダウンロードして、ホームディレクトリに展開します。

Sublime Text – Download はてなブックマーク - Sublime Text - Download

■ Step 2

sudo mv Sublime\ Text\ 2 /usr/lib/

■ Step 3

sudo ln -s /usr/lib/Sublime\ Text\ 2/sublime_text /usr/bin/sublime

■ Step 4

sudo sublime /usr/share/applications/sublime.desktop
[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Sublime Text 2
# Only KDE 4 seems to use GenericName, so we reuse the KDE strings.
# From Ubuntu's language-pack-kde-XX-base packages, version 9.04-20090413.
GenericName=Text Editor
 
Exec=sublime
Terminal=false
Icon=/usr/lib/Sublime Text 2/Icon/48x48/sublime_text.png
Type=Application
Categories=TextEditor;IDE;Development
X-Ayatana-Desktop-Shortcuts=NewWindow
 
[NewWindow Shortcut Group]
Name=New Window
Exec=sublime -n
TargetEnvironment=Unity

■ Step 5

Submile Text をランチャーに固定する

以上です。