カテゴリー : 2013年 10月

[JavaScript] モバイルのタップイベントを高速化するライブラリ「fastclick.js」

モバイルのタップイベントを高速化するJavaScriptライブラリ「fastclick.js」が便利そうなのでメモ。

ftlabs/fastclick

スマートフォンwebのタップイベントを高速化するライブラリ"fastclick.js"をさわってみた – ushisantoasobu's blog

[Jade] partial is deprecated

Jade の最新版だと partial は廃止されてます。

partial 使ってもコードはレンダリングされない

extends layout
 
block content
  h1 Invoices:
  != partial("invoice")

Jade newest version doesn’t support partials. You might be following outdated tutorials. Please read up on jade documentation here

partial 使えないので mixin 使いましょう。


参考情報

node.js – Partial Not Defined in Jade – Stack Overflow

色んなフレームワークのベンチマークを確認できる「TechEmpower Framework Benchmarks」

色んなフレームワークのベンチマークを確認できる「TechEmpower Framework Benchmarks」が便利だったのでメモ。

TechEmpower Framework Benchmarks

例えば、下記のように PHP のフレームワークに絞って、ベンチマークを確認できます。

techempower-benchmarks-php

[引用元]:PHP Framework Round 6 results – TechEmpower Framework Benchmarks

[Mac] Terminal ターミナルの設定メモ

Macのターミナル(Terminal)の個人的な設定をメモ。
(最終更新日:2014/11/19)

プロファイルは「Pro」をデフォルトにします。

terminal-general

・フォント: Monaco 12 pt
・「テキストをアンチエイリアス処理」を有効にする

terminal-profile

不透明度は 95% を設定します。

terminal-bg-color

以上です。

[iOS] iTunes ConnectでiPhoneアプリを公開停止する方法

iTunes Connect で iPhoneアプリを公開停止する手順をメモ。

iPhoneアプリの公開停止手順

  1. iTunes Connectにログインする
  2. 「Manage Your Apps」を選択する
  3. 対象のアプリを選択する
  4. 「Rights and Pricing」を選択する
  5. 「Select All」を選択し、すべてのチェックを外し、「Save」を押す
  6. ステータスが “Developer Removed From Sale” になったことを確認する

以上の手順で、Appストアに公開されなくなります。

ちなみに、アプリの削除はされないです。

再びアプリを公開する場合は、あらためて「Rights and Pricing」にて、公開対象の国を設定すれば良いです。

参考情報

iPhoneアプリの公開停止方法 (iTunes Connect) – Qiita [キータ]

[jQuery] Minimalect で値の変更を反映させる方法

フォームのselect要素を綺麗に表示させる jQuery ライブラリ「Minimalect」で、値の変更を反映する方法をメモ。

$("#myselect").val("newvalue").change();

.val() だけでは値はセットされるが表示が変わらないので、.change() で変更したことを教えて上げる必要があるみたいです。


参考情報

Minimalect by groenroos

[Git] 削除済みファイルの復元方法

削除済みファイルを git のコミットログから復元する方法をメモ。

1. 削除したコミットのハッシュを取得する

% git rev-list -n 1 HEAD -- spam.js
53599a4616710108d8fd035cf3c303a036a3c59c

2.対象の削除済みファイルを復元する

% git checkout 53599a4616710108d8fd035cf3c303a036a3c59c^ -- spam.js

復元したファイルはステージングエリアに格納されている。

3.復元したファイルを再度コミットする

あとはいつも通り。


参考情報

gitで削除してしまったファイルの復元 – itochin2の日記(仮)

[Mongoose] how to get virtual attribute for each nested object in an array of objects?

参考情報

node.js – Node-Express Mongoose: how to get virtual attribute for each nested object in an array of objects? – Stack Overflow

[MongoDB] LogLevel(ログレベル)の設定変更方法

MongoDB の LogLevel(ログレベル)の設定を変更する方法をご紹介します。

MongoDB

ログレベルを最高の5に設定する

> use admin
switched to db admin
 
> db.adminCommand({setParameter:1, logLevel:5})
{ "was" : 0, "ok" : 1 }

ログレベルを最低の0に設定する

> db.adminCommand({setParameter:1, logLevel:0})
{ "was" : 5, "ok" : 1 }

ログレベルを上げると log ファイルのサイズがめっちゃ大きくなってディスクの容量を食うので、ログの調査などが終わったら適切なログレベルに戻すことをお忘れなく。

参考情報

[CSS] Chrome や Safari で背景色(background-color)や背景画像(background-image)も印刷する方法

Chrome や Safari のデフォルトの印刷設定では、CSS の background-color や background-image が反映されません。

Chrome だと印刷オプションの「背景の色と画像」に、Safariだと「背景をプリント」にチェックを入れれば印刷可能ですが、ユーザにそれを強いるのもイケてないですよね。

下記のCSSで、背景色や背景画像も印刷できます。

@media print {
  body {
    -webkit-print-color-adjust: exact;
  }
}

WebKit を用いたウェブブラウザだとこれで対応できるんですかね。


参考情報

Chrome で背景色や背景画像を印刷する – Blog, The