カテゴリー : 2014年 1月

Gradle 入門記事まとめ

Androidアプリ開発で、Gradleを使い始めたので入門記事をまとめてみました。

Gradle 日本語ドキュメント

第1回 Gradle入門 | Developers.IO

Gradle入門 – Qiita [キータ]

インストールレスで Gradle してみる – bluepapa32’s Java Blog

Gradleの評判について

sassembla.github.io/Public/12:05:27 18-03-20/12:05:27 18-03-20.html

iTunes Connect から申請中のiOSアプリを削除する方法

iTunes Connect にログインして、「Binary Details」ページの「Reject Binary」ボタンをクリックすると、ステータスが「Developer Rejected」に変更されて、バイナリが審査待機リストから削除されます。


参考情報

iPhoneアプリ申請やAppleの審査に関するメモ – Qiita [キータ]

[iOS] CocoaPod経由でインストールされる「Facebook-iOS-SDK」と「FacebookSDK.framework」の競合を解決する

iOSアプリ開発で、CocoaPod経由でインストールされる「Facebook-iOS-SDK」と「FacebookSDK.framework」がプロジェクト内にどちらも存在することがありました。

CocoaPod で「Parse」のライブラリをインストールしているのですが、依存関係で「Facebook-iOS-SDK」もインストールされてしまうためです。

プロジェクトでは、CocoaPod経由の「Facebook-iOS-SDK」ではなく、直接読み込む「FacebookSDK.framework」の方を使いたいので、「Facebook-iOS-SDK」をビルド対象に含めないようにする必要があります。


Facebook-iOS-SDK をビルド対象に含めない設定

  1. Pods プロジェクトを選択
  2. TARGETS を表示
  3. Pods-Facebook-iOS-SDK を右クリック
  4. Delete をクリック

delete-Pods-Facebook-iOS-SDK-from-targets

あとは、いつも通り Pods をビルドすれば OK です。

[iOS] Use of undefined identifier FBAppCall

iOS アプリで、FacebookSDK.framework を使っているのですが、ビルド時に下記のエラーが発生しました。

Use of undefined identifier FBAppCall

原因は、FacebookSDK.framework のバージョンが違っていて、FBAppCall.h ファイルがそもそも存在していなかったことでした・・・。

FacebookSDK.framework は CocoaPods で管理してなかったので、早めに CocoaPods 管理下に置きたいです。

[JavaScript] document.write() が動かない

JavaScript で、document.write() が動かないことがあって、色々と調べたメモ。

メモ: javascriptのdocument.write()がうまく動かない

読み込みのタイミングによっては外部 script のdocument.writeは無視される – はこべブログ ♨

外部 script の読み込みのタイミングによってはdocument.writeが無視される場合がある

Fenrir's BLog: Ajaxでdocument.writeするJavaScriptへの対策

document.write()の実行タイミングをずらす方法

JavaScript TUEEEEEEEってなるdocument.writeのテクニック – あさdev