カテゴリー : 2014年 5月

[Backbone.js] Chrome 拡張機能「Backbone Debugger」がデバッグに便利

Chrome 拡張機能「Backbone Debugger」が、Backbone.js のデバッグに便利です。

Chrome ウェブストア – Backbone Debugger

BackboneDebugger

これインストールするだけで Backbone.js での開発がかなり捗りそうです。

[Nagios] Web管理画面から操作するための設定方法

Nagios のWeb管理画面から操作するための設定方法をメモ。

エラーメッセージ

Sorry Dave, I can’t let you do that…

It seems that you have chosen to not use the authentication functionality of the CGIs.

I don’t want to be personally responsible for what may happen as a result of allowing unauthorized users to issue commands to Nagios,so you’ll have to disable this safeguard if you are really stubborn and want to invite trouble.

Read the section on CGI authentication in the HTML documentation to learn how you can enable authentication and why you should want to.

原因としては、下記の2点です。

  • Nagios のウェブ管理画面のプロセスを起動させている nginx ユーザーを nagios グループに追加していなかった
  • nagios グループに nagios の設定変更を行う command を許可していなかった

nginx ユーザーを nagios グループに追加します。

usermod -G nagios nginx

そして、use_authentication を有効にして、nagios グループのユーザーのみコマンドを実行できるような設定に変更します。

# diff cgi.cfg cgi.cfg.2014-05-28 
78c78
< use_authentication=1
---
> use_authentication=0
107c107
< default_user_name=nagios
---
> #default_user_name=guest
119c119
< authorized_for_system_information=nagios
---
> authorized_for_system_information=nagiosadmin
131c131
< authorized_for_configuration_information=nagios
---
> authorized_for_configuration_information=nagiosadmin
144c144
< authorized_for_system_commands=nagios
---
> authorized_for_system_commands=nagiosadmin
157,158c157,158
< authorized_for_all_services=nagios
< authorized_for_all_hosts=nagios
---
> authorized_for_all_services=nagiosadmin
> authorized_for_all_hosts=nagiosadmin
171,172c171,172
< authorized_for_all_service_commands=nagios
< authorized_for_all_host_commands=nagios
---
> authorized_for_all_service_commands=nagiosadmin
> authorized_for_all_host_commands=nagiosadmin

以上です。


参考情報

Nagiosの最初の設定

[Nagios] 設定ファイルの確認、再読み込みなど

Nagios で、設定ファイルの確認、再読み込みなどを行うコマンドをメモ。

設定ファイルの確認

# service nagios checkconfig
Running configuration check... OK.

設定ファイルの再読み込みは restart でなくて、reload でOK

# service nagios reload

[AWS] EC2インスタンスが stopping のままのときの対応方法

AWS EC2 のインスタンスが stopping のままのときは、Force Stop しまくればいずれ Stopped になります。

Q: EBS-backed インスタンスが「stopping」のままのときは、どうすればよいですか?
仮想サーバホストにおいて問題が発生した際などにインスタンスは “stopping” 状態で固まることがあります。インスタンスを強制停止することでこれに対処することが出来るかもしれません。これはEC2 コマンドラインツールや AWS Management Console を通じて行っていただけます。

コマンドラインツール

ec2-stop-instances [インスタンス ID] –force

AWS マネジメントコンソール

インスタンスを右クリックし、ドロップダウンリストから “Stop” を選択します。 (Forced Stop が行われる旨が表示されます。)

注:どちらの場合でも、二度強制停止を試みていただく必要があるかもしれません。

インスタンスを強制停止できない場合は、代替のインスタンスを開始できることがあります。詳しくは、インスタンスの停止に関するトラブルシューティング を参照してください。それでも問題を解決できない場合は、AWS フォーラム から、または AWS サポートケースをオープンしてお知らせください。迅速な問題解決のために、サポートへご連絡いただく際には、既に行った手順をお知らせ頂けますようお願いいたします。

・[引用元]:Amazon EC2 インスタンスに関するよくある質問 | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)

[AWS] 各サービスが稼働しているか確認するサイト

AWS (Amazon Web Services) の各サービスが稼働しているか確認するサイト

AWS Service Health Dashboard(公式)

Found AS Status

たまにサービス死ぬので、常にそういうケースに備えておかないといけませんね・・・

パパパパ開発合宿メモ 2014/05/18(日)

2014/05/18(日)に開催されたパパパパ開発合宿で教えてもらった話をメモ


ANIME MX – La comunidad más grande de Anime en México

akibamarket.jp

ニコニコ動画でも、アニメ視聴できるよってお話。

2014年春 新番組アニメ発表!(ドワンゴ) – ニコニコチャンネル:アニメ


ロンドン在住の日本人向けの情報サイト

MixB イギリス ロンドン クラシファイド掲示板 (シェア フラット 部屋探し 賃貸 不動産 求人 就職 アルバイト 帰国売り)

ベトナム ホーチミンだったら、確かこれが人気だったような。

ホーチミン観光情報ガイド | ベトナム・ホーチミンのレストラン、エステ、雑貨店などの観光情報を詳しくご紹介

結婚前に「ハングオーバー!シリーズ」は観ておけとアドバイス頂きました。

ハングオーバー!シリーズ – Wikipedia


Node.js + Mongoose でテストデータ作ってくれるやつ。

Mongoose fixtures library inspired by factory_girl

behrendtio/monky

Dumbstruck – Send a message, watch your friends react

Glide – video texting

Unda. Send Video Messages to your friends.

LINEの次はこれかも…注目のビデオメッセンジャー『unda』を開発した徳井直生氏が、シリコンバレーで学んだこと – エンジニアtype


somewrite (サムライト)

Owned Mediaとは ― マーケティング用語集:ネットマーケティングとコミュニケーションの最前線を探る実践Webマガジン MarkeZine(マーケジン)

「CHANOMA Startup List」いいよねーって話。

最新スタートアップリスト | CHANOMA Startup List

デザイナーがスライドをオシャレにしてくれるサービス

SketchDeck makes your presentations look great

カスタマーサポートの代行サービス「Influx」

Influx – Customer support for your online business

スタートアップのカスタマサポートを代行するInfluxが$25Kを調達, すでに売上好調 | TechCrunch Japan

[Sublime Text] インデント(indent)に縦線を引く設定

Sublime Text2で、インデント(indent)に縦線を引く設定を教えてもらいました。

"draw_indent_guides": true,
"indent_guide_options": ["draw_normal", "draw_active"]

上記の設定を、[Preferences] → [Settings – User] から開くJSONファイルに追加するだけです。


参考情報

Sublime Textで今いるインデントに縦線を引く | Border/memo

[Android] Google (Gmail) アカウントを端末から削除する方法

Android から Google (Gmail) アカウントを端末から削除する手順をメモ。

  1. [設定] アプリを開く
  2. [アカウント] から Google を選択する
  3. 削除する Google アカウントを選択する
  4. メニューから「アカウントを削除」をクリックする

今回は ARROWS NX から Google アカウントを削除したのですが、普段 Android を使わないので、メニューから削除できるのに気付きませんでした。

[Node.js] node-wkhtmltopdf を使う

Node.js で wkhtmltopdf を使う方法をメモ。
(最終更新日:2014/11/28)

node-wkhtmltopdf

A Node.js wrapper for the wkhtmltopdf command line tool.

wkhtmltopdf

ということで、npm module だけだと使えないので wkhtmltopdf はインストールする必要があります。

wkhtmltopdf のインストール

# the wkhtmltopdf formula is now inactive but still available in the boneyard repository
brew tap homebrew/boneyard
 
# Install wkhtmltopdf
brew install wkhtmltopdf

wkhtmltopdf コマンドで、PDFを生成できることを確認します。

wkhtmltopdf "http://google.com" google.pdf

以上です。

[iOS][CocoaPods] Psych::SyntaxError – ( .cocoapods/repos/master/CocoaPods-version.yml): mapping values are not allowed in this context at line 3 column 4

iOS アプリを久しぶりにビルドしようと思って pod install したところ、安定のエラーが発生しました。

pod install
 
――― MARKDOWN TEMPLATE ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
### Report
 
* What did you do?
 
* What did you expect to happen?
 
* What happened instead?
 
 
### Stack
 
```
   CocoaPods : 0.29.0
        Ruby : ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [x86_64-darwin12.4.1]
    RubyGems : 1.8.25
        Host : Mac OS X 10.9.2 (13C1021)
       Xcode : 5.1.1 (5B1008)
Ruby lib dir : /Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib
Repositories : master - https://github.com/CocoaPods/Specs.git @ b8a8633c844c3666a95b28edf1d821acfd1b1baf
```
 
### Podfile
 
```ruby
platform :ios, '6.0'
pod 'NSLogger'
pod 'Parse'
...
```
 
### Error
 
```
Psych::SyntaxError - (/Users/bakorer/.cocoapods/repos/master/CocoaPods-version.yml): mapping values are not allowed in this context at line 3 column 4
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:203:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:203:in `parse_stream'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:151:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:127:in `load'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:297:in `block in load_file'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:297:in `open'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:297:in `load_file'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/sources_manager.rb:261:in `version_information'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/sources_manager.rb:222:in `repo_compatible?'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/sources_manager.rb:281:in `master_repo_functional?'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/command.rb:39:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/claide-0.4.0/lib/claide/command.rb:179:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/command.rb:38:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/claide-0.4.0/lib/claide/command.rb:211:in `run'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/command.rb:51:in `run'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/bin/pod:24:in `<top (required)>'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/pod:19:in `load'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/pod:19:in `<main>'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/ruby_noexec_wrapper:14:in `eval'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/ruby_noexec_wrapper:14:in `<main>'
```
 
――― TEMPLATE END ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
[!] Oh no, an error occurred.
 
Search for existing github issues similar to yours:
https://github.com/CocoaPods/CocoaPods/search?q=%28%2FUsers%2Fbakorer%2F.cocoapods%2Frepos%2Fmaster%2FCocoaPods-version.yml%29%3A+mapping+values+are+not+allowed+in+this+context+at+line+3+column+4&type=Issues
 
If none exists, create a ticket, with the template displayed above, on:
https://github.com/CocoaPods/CocoaPods/issues/new
 
Don't forget to anonymize any private data!

cocoapods を最新版にアップデートして、setup し直せば良いと Stack Overflow に書いてあったので、その通りやってみました。

ios – CocoaPods install issue – Stack Overflow

gem update cocoapods
pod --version
0.32.1
cd ~/.cocoapods/repos
rm -rf master
pod setup

再度、 pod install すれば OK