カテゴリー : 2015年 4月

[Moment Timezone] moment.tz の使い方

Moment Timezone の moment.tz メソッドの使い方を紹介します。

moment.tz には 2 つのインターフェースが用意されていて公式ドキュメントに明記されているので、それを元に説明していきます。

There are two interfaces for using timezones with Moment.js.

moment.tz(…, String) is used to create a moment with a timezone, and moment().tz(String) is used to change the timezone on an existing moment.

直訳すると下記のような感じでしょうか。

Moment.js で timezone を使うために、

  • moment.tz(…, String) は moment instance を timezone 付きで作成する
  • moment().tz(String) は既存の moment instance の timezone を変換する

という 2 つインターフェースが用意されています。

moment.tz(…, String) の使用例

var a = moment.tz('2015-01-01 00:00:00', "America/Los_Angeles");
a.format();
// '2015-01-01T00:00:00-08:00'
 
a.utc().format();
// '2015-01-01T08:00:00+00:00'

moment().tz(String) の使用例

var b = moment.utc('2015-01-01 00:00:00').tz("America/Los_Angeles");
b.format();
// '2014-12-31T16:00:00-08:00'
 
b.utc().format();
// '2015-01-01T00:00:00+00:00'

よく理解して使わないと期待していたのと違う挙動になっているかもしれないので、よく理解して moment.tz を使うようにしましょう。

[Git] commit の粒度、良い commit message について

git を使った開発フローにおいて「commit の単位」と「良い commit message」について考える機会があったので、個人的に気をつけているポイントとそれを補足する記事をまとめてみました。

個人的に気をつけてるポイント

  • commit の粒度は細かくする
  • commit message は意味ある内容を書く

以下に、ぼく個人が気をつけているポイントが明文化されている記事のリンクを張っておきます。

commit について同じようなポイントで悩んだことがある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

[MongoDB] Array の length で sort するために aggregate を使う

MongoDB で Array type な field を length で sort して取得するサンプルクエリをご紹介します。

MongoDB Query

db.posts.aggregate(
[
  { $unwind: "$likes" },
  { $group: {
      _id: "$_id",
      size: { $sum: 1 }
    }
  },
  { $sort: { size: -1 } }
])

Results

{ "_id" : ObjectId("514e23e06aeaa880410321aa"), "size" : 590 }
{ "_id" : ObjectId("545c796972b4c28015ab4eac"), "size" : 395 }
{ "_id" : ObjectId("51440f7d4ca4c41367001dff"), "size" : 321 }
{ "_id" : ObjectId("51d6eef05204c9046100031d"), "size" : 315 }
{ "_id" : ObjectId("54ae81f1f158d13d60c50116"), "size" : 271 }
//...

参考情報

[Mac] Yosemite で brew コマンドが動かないときの解決方法

Mac OS X Yosemite で brew コマンドを実行しようとするとエラーが発生しました。

エラー内容

% brew -h
/usr/local/bin/brew: /usr/local/Library/brew.rb: /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby: bad interpreter: No such file or directory
/usr/local/bin/brew: line 21: /usr/local/Library/brew.rb: Undefined error: 0

brew コマンド復活の手順

まず、下記のように ruby の path を 1.8 から current へ変更します。

git diff
 
diff --git a/Library/brew.rb b/Library/brew.rb
index 4fa22b4..ee05650 100755
--- a/Library/brew.rb
+++ b/Library/brew.rb
@@ -1,4 +1,4 @@
-#!/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby -W0
+#!/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/current/usr/bin/ruby -W0
 # encoding: UTF-8
 
 std_trap = trap("INT") { exit! 130 } # no backtrace thanks

次に brew の git repository へ移動して、修正内容を commit します。

cd $(brew --prefix)
git add .
git commit -m 'Change the path for ruby'
brew update

最後に git commit をしておかないと brew update したときに下記のようにエラーでアップデートできません。

% brew update
 
error: Your local changes to the following files would be overwritten by merge:
	Library/Formula/mongodb.rb
Please, commit your changes or stash them before you can merge.
error: Your local changes to the following files would be overwritten by merge:
	Library/brew.rb
Please, commit your changes or stash them before you can merge.
Aborting
Error: Failure while executing: git pull -q origin refs/heads/master:refs/remotes/origin/master

brew update で盛大に conflict したときは手元の修正は捨てて、

git reset --hard HEAD
git merge -Xtheirs origin/master

してしまえば OK です。


参考情報

管理画面は特定のブラウザだけサポートして開発コストを削減しよう

Web サービスの開発にマルチブラウザ対応は付きものですが、管理画面まで対応する必要はないと思ってます。

ユーザに提供する機能は Chrome/Firefox/Safari/IE の最新版ぐらいはサポートして、社内向けの管理機能は Chrome だけサポートするなどして開発コストを削減するのがいいんじゃないでしょうか。