カテゴリー : Java

Ubuntu 16 に Java 8 をインストールする方法

Ubuntu 16.04.1 x64 に Java 1.8.0_121 をインストールしたので、手順をご紹介します。

以下のコマンドを実行すれば Java のインストールまで完了できます。

sudo apt-get -y install software-properties-common
sudo add-apt-repository -y ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install oracle-java8-installer

Java のバージョンを確認して、インストールされたことを確認して完了です。

java -version
java version "1.8.0_121"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)

ちなみに、今回 Ubuntu に Java をインストールした目的は serposcope を設置するためです。

参考情報

Gradle 入門記事まとめ

Android アプリ開発で Gradle を使い始めたので入門記事をまとめてみました。

Gradle 入門記事

Gradleの評判について

[Java] ArrayList#toArray を String[] にキャストする方法

Java で、ArrayList#toArray を String[] にキャストする方法をメモ。

String[] stringArray = (String[]) arraylist.toArray(new String[]{});

[参考]

[Java] ArrayList#toArrayをString[]にキャストする | プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

Java 1.7 を CentOS6.3 にインストールする手順

CentOS6.3 に Java 1.7 をインストールする手順、つまり yum

yum -y install java-1.7.0-openjdk java-1.7.0-openjdk-devel

Java が正常にインストールされたことを確認する。

# java -version
java version "1.7.0_09-icedtea"
OpenJDK Runtime Environment (rhel-2.3.3.el6_3.1-x86_64)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 23.2-b09, mixed mode)
# javac -version
javac 1.7.0_09

参考情報

はじめての自宅サーバ構築 – Fedora/CentOS – サーバサイドJAVAの導入(Tomcat6編)

[Java] リフレクションで動的にクラス生成やメソッド呼び出しを行う

Java 1.4 にて、リフレクションを使えば動的にクラス生成やメソッド呼び出しを行うような実装ができます。

詳しくはこの辺を読む。

Javaリフレクションメモ(Hishidama’s Java Reflection Memo) はてなブックマーク - Javaリフレクションメモ(Hishidama's Java Reflection Memo)

任意のクラスのインスタンスを動的に生成する – 闘うITエンジニアの覚え書き はてなブックマーク - 任意のクラスのインスタンスを動的に生成する - 闘うITエンジニアの覚え書き

以上です。

[Java] 現在の日付・時刻を文字列に変換する

Java1.4 で現在の日付や時刻を文字列で取得するには、 java.text.SimpleDateFormat を使って、日付や時刻を任意の文字列の形式に変換することで実現できます。

Date currentDate = new Date();
SimpleDateFormat sdf = new SimpleDateFormat("yyyy-MM-dd-HH:mm:ss");
String currentDateTime = sdf.format(currentDate);
// 2012-11-06-02:20:45 という感じの文字列が取得できます

以上です。

【参考】

Flash(ActionScript)メモ: Java 現在の日付・時刻を文字列にする はてなブックマーク - Flash(ActionScript)メモ: Java 現在の日付・時刻を文字列にする

[Java] プログラムの実行時間を計測する

Java でプログラムの実行時間を計測する方法を調べたのでメモ。

計測対象の処理の前後を System.currentTimeMillis() で囲んで、時間の差分を見るだけです。

public class Timing {
  public Timing() {}
  public void doSomething() {
    // なにか作業をする
    // ここでは、単純に3秒間スリープするだけ
    try {
      Thread.sleep(3000);
    } catch (InterruptedException e) {
      e.printStackTrace();
    }
  }
  public static void main(String[] args) {
    long start = System.currentTimeMillis(); // 計測開始
    Timing timing = new Timing();
    timing.doSomething();    // メソッドを呼び出して、何か時間のかかる作業をする
    long stop = System.currentTimeMillis(); // 計測終了
    System.out.println("実行にかかった時間は " + (stop - start) + " ミリ秒です。");
  }
}

【参考】

@IT:Java TIPS — Javaプログラムの実行時間を計測する はてなブックマーク - @IT:Java TIPS -- Javaプログラムの実行時間を計測する

[Java][1.4] PreparedStatement の IN 句にリストを埋め込む方法

Java (J2SE 1.4) にて、PreparedStatement の IN 句にリストを埋め込む方法を調べたのでメモ。

ここに PreparedStatement の IN 句にリストを埋め込む色んなアプローチが書かれていて、とても参考になりました。

JavaRanch Journal – October 2005 Volume 4 Issue 2 はてなブックマーク - JavaRanch Journal - October 2005 Volume 4 Issue 2

public String preparePlaceHolders(int length) {
    StringBuffer buffer = new StringBuffer();
    for (int i = 0; i < length;) {
        buffer.append("?");
        if (++i < length) {
            buffer.append(",");
        }
    }
    return buffer.toString();
}
 
public void setValues(PreparedStatement preparedStatement, ArrayList values) throws SQLException {
    for (int i = 0; i < values.size(); i++) {
        preparedStatement.setObject(i + 1, values.get(i));
    }
}

以上です。

【参考】

java – PreparedStatement IN clause alternatives? – Stack Overflow はてなブックマーク - java - PreparedStatement IN clause alternatives? - Stack Overflow

PreparedStatementにリストを埋め込む方法について - Java Solution - @IT はてなブックマーク - PreparedStatementにリストを埋め込む方法について - Java Solution - @IT

[Eclipse] Project を切り替えるときの Java/Tomcat の設定変更メモ

Eclipse のプロジェクトを切り替えのときに、Java/Tomcatの設定を変更する箇所をまとめました。

・[ウィンドウ] → [設定]
  ・[Java] → [インストール済みのJRE] → (該当するJREを選択)

  ・[Tomcat]
    ・[Tomcatバージョン] を該当のものに設定
    ・[Tomcatホーム] にてホームを指定する
    (例)C:\Users\bakorer\Documents\development\pleiades-e3.7-ultimate-jre\tomcat\6.0 とか
    ・[JVM設定] → [JRE] を該当のものに設定する

・Project上で右クリック → [プロパティ]
  ・[Javaコンパイラー]
    ・[プロジェクト固有の設定を可能にする]にチェックする

とりあえず、以上。(随時、更新予定)
 

[JavaScript] ActionScriptライクに記述できるゲームライブラリ「Arctic.js」

AS3ライクに記述できるJavaScriptゲームライブラリ「Arctic.js」(ライセンスはMIT License) が凄そうなのでチェック。

・DL:DeNADev/Arctic.js – GitHub はてなブックマーク - DeNADev/Arctic.js - GitHub

・使い方:ActionScript入門Wiki – Arctic.js はてなブックマーク - ActionScript入門Wiki - Arctic.js

・プレスリリース:DeNA、HTML5開発支援フレームワーク「Arctic.js」を オープンソースとして公開 – [DeNA] 株式会社ディー・エヌ・エー はてなブックマーク - DeNA、HTML5開発支援フレームワーク「Arctic.js」を オープンソースとして公開 - [DeNA] 株式会社ディー・エヌ・エー

以上です。