カテゴリー : JavaScript

[JavaScript] 小数点以下の桁数を取得する方法

JavaScript で小数点以下の桁数を取得する方法をご紹介します。

小数点以下の桁数を取得する getDecimalPlace メソッド

/**
 * 小数点以下の桁数を取得する
 * @param {Number} number
 * @return {Number} decimalPlace
 **/
var getDecimalPlace = function(number) {
  if (typeof number !== 'number') {
    return null;
  }
 
  var decimalPlace = 0;
  var numbers = number.toString().split('.');
  if (numbers[1]) {
    decimalPlace = numbers[1].length;
  }
 
  return decimalPlace;
};

使い方

第一引数に数字を指定すると、戻り値は小数点以下の桁数が返ってきます。

var number = 1234.56789;
 
getDecimalPlace(number); // 5
getDecimalPlace('not number'); // null

[JavaScript] 指定した id, class 名を持つ全ての要素を削除する

JavaScript で、指定した id もしくは class 名を持つ全ての要素を削除するメソッドをご紹介します。

jQuery は使わずに pure JavaScript で実装しています。

指定した id を持つ要素を削除する

var removeIdElement = function(id){
  var e = document.getElementById(id);
  if (e) {
    e.parentNode.removeChild(e);
  }
};

指定した class 名を持つ全ての要素を削除する

var removeClassElement = function(className){
  var elements = document.getElementsByClassName(className);
  for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
    var e = elements[i];
    if (e) {
      e.parentNode.removeChild(e);
    }
  }
};

自分自身の要素を削除するには、parentNode で親ノードに辿って removeChild で子ノードを削除しているところがポイントです。

参考情報

[JavaScript] 改行コード \r\n \r \n を半角スペースに置換する正規表現とスニペット

JavaScript で改行文字を半角スペースに置換する正規表現とスニペットです。

var text = 'spam\r\nspam\rspam\nspam';
console.log(text);
// spam
// spam
// spam
 
var replacedText = text.replace(/\r\n|\r|\n/g, ' ');
console.log(replacedText);
// spam spam spam spam

\r\n \r \n どのパターンでも半角スペースに置き換えてくれます。

参考情報

Promise 参考記事まとめ [JavaScript/ECMASCript6]

JavaScript 標準仕様の ECMASCript6 (ES2015) の Promise について理解が定着していないので、よく読み返す記事を自分用にまとめました。

Node.js における Promise についてはこちらの記事もどうぞ。

ひとまず、以上です。

自分用のよく使うパターンみたいなのも、まとめていきたいなと思います。

異なるバージョンの Moment.js と Moment Timezone で変数を使い回したら見事にバグった

最新バージョンの moment-timezone@0.5.5 で生成した moment object を、古いバージョンの moment@2.4.0 を使ってる method に引数で渡して、日付処理をおこなったら華麗にバグったというお話です。

前提

どちらも Thu Dec 01 2016 09:00:00 GMT+0900 (JST) の値が保存されていることを期待してます。

調査結果

古いバージョンの moment@2.4.0 で作成した変数を console.log した結果

期待通り _d: Thu Dec 01 2016 09:00:00 GMT+0900 (JST) が入っていることが確認できました。

  { [Number: 1480579200000]
  _i: [ 2016, 11, 1 ],
  _f: undefined,
  _l: undefined,
  _strict: undefined,
  _isUTC: true,
  _pf: 
   { empty: false,
     unusedTokens: [],
     unusedInput: [],
     overflow: -1,
     charsLeftOver: 0,
     nullInput: false,
     invalidMonth: null,
     invalidFormat: false,
     userInvalidated: false,
     iso: false },
  _a: [ 2016, 11, 1, 0, 0, 0, 0 ],
  _d: Thu Dec 01 2016 09:00:00 GMT+0900 (JST),
  _z: 
   { name: 'america_los_angeles',
     displayName: 'America/Los_Angeles',
     zones: [ [Object], [Object], [Object], [Object] ] },
  _offset: 480 }

最新バージョンの moment-timezone@0.5.5 で作成した変数を console.log した結果

_d: Fri Nov 25 2016 00:00:00 GMT+0900 (JST) には、期待している 2016/12/01 の値が入ってませんでした。

代わりに _i 以下に存在する _d: Thu Dec 01 2016 09:00:00 GMT+0900 (JST) の方に期待している 2016/12/01 の値が入ってました。

{ [Number: 1479999600000]
  _isAMomentObject: true,
  _i: 
   { [Number: 1480579200000]
     _i: [ 2016, 11, 1 ],
     _f: undefined,
     _l: undefined,
     _strict: undefined,
     _isUTC: true,
     _pf: 
      { empty: false,
        unusedTokens: [],
        unusedInput: [],
        overflow: -1,
        charsLeftOver: 0,
        nullInput: false,
        invalidMonth: null,
        invalidFormat: false,
        userInvalidated: false,
        iso: false },
     _a: [ 2016, 11, 1, 0, 0, 0, 0 ],
     _d: Thu Dec 01 2016 09:00:00 GMT+0900 (JST),
     _z: 
      { name: 'america_los_angeles',
        displayName: 'America/Los_Angeles',
        zones: [Object] },
     _offset: 480 },
  _isUTC: false,
  _pf: 
   { empty: false,
     unusedTokens: [],
     unusedInput: [],
     overflow: -1,
     charsLeftOver: 0,
     nullInput: false,
     invalidMonth: null,
     invalidFormat: false,
     userInvalidated: false,
     iso: false,
     parsedDateParts: [],
     meridiem: null },
  _locale: 
   Locale {
     _calendar: 
      { sameDay: '[Today at] LT',
        nextDay: '[Tomorrow at] LT',
        nextWeek: 'dddd [at] LT',
        lastDay: '[Yesterday at] LT',
        lastWeek: '[Last] dddd [at] LT',
        sameElse: 'L' },
     _longDateFormat: 
      { LTS: 'h:mm:ss A',
        LT: 'h:mm A',
        L: 'MM/DD/YYYY',
        LL: 'MMMM D, YYYY',
        LLL: 'MMMM D, YYYY h:mm A',
        LLLL: 'dddd, MMMM D, YYYY h:mm A' },
     _invalidDate: 'Invalid date',
     ordinal: [Function],
     _ordinalParse: /\d{1,2}(th|st|nd|rd)/,
     _relativeTime: 
      { future: 'in %s',
        past: '%s ago',
        s: 'a few seconds',
        m: 'a minute',
        mm: '%d minutes',
        h: 'an hour',
        hh: '%d hours',
        d: 'a day',
        dd: '%d days',
        M: 'a month',
        MM: '%d months',
        y: 'a year',
        yy: '%d years' },
     _months: 
      [ 'January',
        'February',
        'March',
        'April',
        'May',
        'June',
        'July',
        'August',
        'September',
        'October',
        'November',
        'December' ],
     _monthsShort: 
      [ 'Jan',
        'Feb',
        'Mar',
        'Apr',
        'May',
        'Jun',
        'Jul',
        'Aug',
        'Sep',
        'Oct',
        'Nov',
        'Dec' ],
     _week: { dow: 0, doy: 6 },
     _weekdays: 
      [ 'Sunday',
        'Monday',
        'Tuesday',
        'Wednesday',
        'Thursday',
        'Friday',
        'Saturday' ],
     _weekdaysMin: [ 'Su', 'Mo', 'Tu', 'We', 'Th', 'Fr', 'Sa' ],
     _weekdaysShort: [ 'Sun', 'Mon', 'Tue', 'Wed', 'Thu', 'Fri', 'Sat' ],
     _meridiemParse: /[ap]\.?m?\.?/i,
     _abbr: 'en',
     _config: 
      { calendar: [Object],
        longDateFormat: [Object],
        invalidDate: 'Invalid date',
        ordinal: [Function],
        ordinalParse: /\d{1,2}(th|st|nd|rd)/,
        relativeTime: [Object],
        months: [Object],
        monthsShort: [Object],
        week: [Object],
        weekdays: [Object],
        weekdaysMin: [Object],
        weekdaysShort: [Object],
        meridiemParse: /[ap]\.?m?\.?/i,
        abbr: 'en' },
     _ordinalParseLenient: /\d{1,2}(th|st|nd|rd)|\d{1,2}/ },
  _a: [ 2016, 10, 25, 0, 0, 0, 0 ],
  _d: Fri Nov 25 2016 00:00:00 GMT+0900 (JST),
  _z: null,
  _isValid: true }

まとめ

同じ _d というプロパティの扱いが異なっているのでバグったみたいでした。

ライブラリのバージョンの混在は本当に危険なので、絶対に真似しないでくださいね。