カテゴリー : Mac

[Mac] wget のインストール方法

Mac に wget をインストールしました。

wget も Homebrew でサクッとインストールします。

brew install wget

まだ、Homebrew をインストールしていない方は、今すぐインストールしましょう!

[Mac] Homebrew をインストール

以上です。

[Mac][Lion] Homebrew で Vim をインストールする方法

Mac OS X Lion に Homebrew で vim を再インストールしたのでメモ。

Mac にデフォルトでインストールされている Vim は Ruby オプションが有効になってないので、これを有効にするために Vim をインストールし直します。

■ Homebrew で Vim をインストール

本家 Homebrew は Mac に標準でインストールされているプログラムの formula は収録しないという開発方針を取っている

・引用元:Homebrew の Vim formula 書いた – Yarukidenized:ヤルキデナイズド はてなブックマーク - Homebrew の Vim formula 書いた - Yarukidenized:ヤルキデナイズド

とのことですので、下記の Github ページからコードのテキストエリア右上の ‘raw’ を右クリックして URL をコピーして、

・github:Vim formula for Homebrew — Gist はてなブックマーク - Vim formula for Homebrew — Gist

以下のように、インストールします。

$ brew install https://raw.github.com/gist/721952/e99293dc36c9b5c27aec0a4024b848ce50b9b126/vim.rb --enable-interp=ruby --force
 
==> ./configure --disable-gui --without-x --disable-gpm --disable-nls --with-tlib=ncur
==> make install
/usr/local/Cellar/vim/7.3.294: 1233 files, 21M, built in 12.9 minutes

Homebrew では、OS X 付属コマンドはインストールさせてくれないので、–forceオプションを付けてインストールしています。

また、インストール時に付けれるオプションは以下の通りです。

      ["--with-features=TYPE", "tiny, small, normal, big or huge (default: normal)"],
      ["--enable-interp=NAME,...", "lua, mzscheme, perl, python, python3, tcl and/or ruby"]

■ ~/.bash_profile

# /usr/bin より /usr/local/bin を優先する
export PATH=/usr/local/bin:$PATH

.bash_profile を再読み込みします。

$ source ~/.bash_profile

vim への Path が /usr/bin/vim から変わっていることを確認します。

$ which vim
/usr/local/bin/vim

いざ、Vim を使おうとするとエラーが発生しました。。。

$ vim
dyld: Symbol not found: _environ
  Referenced from: /Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p290/lib/libruby.1.9.1.dylib
  Expected in: flat namespace
 in /Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p290/lib/libruby.1.9.1.dylib
Trace/BPT trap: 5

原因は、Ruby 1.9.2 を使ってコンパイルしていたせいみたいでした。

・参考:osx – Trying to compile vim on OS X? – Stack Overflow はてなブックマーク - osx - Trying to compile vim on OS X? - Stack Overflow

vim を入れ直すために、vim をアンインストールします。

$ brew uninstall vim
Uninstalling /usr/local/Cellar/vim/7.3.294...

Ruby 1.8.7 を使って、コンパイルできるようにします。

$ rvm use 1.8.7

もう一度、vim をインストールします。

$ brew install https://raw.github.com/gist/721952/e99293dc36c9b5c27aec0a4024b848ce50b9b126/vim.rb --enable-interp=ruby --force
 
==> ./configure --disable-gui --without-x --disable-gpm --disable-nls --with-tlib=ncur
==> make install
/usr/local/Cellar/vim/7.3.294: 1233 files, 21M, built in 12.9 minutes

vim が +ruby 正常にインストールされていることを確認します。

$ which vim
/usr/local/bin/vim
$ vim --version | grep ruby+reltime -rightleft +ruby +scrollbind +signs +smartindent -sniff +startuptime 
Linking: /usr/bin/llvm-gcc   -L.   -L/usr/local/lib -o vim       -lm  -lncurses -liconv -framework Cocoa        -lruby -lobjc  -L/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.8.7-p357/lib

以上です。
 

【参考】

MacPortsからHomebrewへの移行メモ – Vive Memor Mortis はてなブックマーク - MacPortsからHomebrewへの移行メモ - Vive Memor Mortis

[Mac] ll コマンドで ls -l コマンドを実行するための設定方法

Redhat Linuxではデフォルトで使えるllコマンドを、Macでは使えないのに実行してしまい -bash: ll: command not found とエラー出すことがよくあります。

bashrc にエイリアスを書けばエラー出して困ることも少なくなると思い、サクっと設定してみました。

■ .bashrc に ll コマンドを ls -l に割り当てる

$ vim ~/.bashrc
 
alias ll='ls -l'

■ sourceコマンドで .bashrc を再読み込み

$ source ~/.bashrc

これで Mac でも ll コマンドが使えるようになりました。
 

[Mac] Xcode 4.2 から GNU GCC 4.2 はサポートされていない

Xcode 4.2 から GNU GCC 4.2 はサポートされていないみたいです。

■ Xcode 4.1 以前

GCC 4.2
LLVM GCC 4.2
LLVM Compiler 2.0

■ Xcode 4.2

LLVM GCC 4.2
Apple LLVM Compiler 3.0

・引用元:Xcode 4.2で変わったビルド設定(アーキテクチャとコンパイラ)と問題点などについて – Awaresoft はてなブックマーク - Xcode 4.2で変わったビルド設定(アーキテクチャとコンパイラ)と問題点などについて - Awaresoft

GCC 4.2 がないことを知らずに、色々とハマりました。

皆さん注意して下さいね。

[Mac] Xcode 4.2 から 4.1 へダウングレード(downgrade)する方法

Xcode 4.2 から 4.1 へダウングレードしました。

rvm を使って Ruby 1.9.2 をインストールして、いざ rvm requirements してみると、

“Xcode 4.2.1+ users – please be warned – ”

と出て、無理みたいだったので、Xcode 4.2 から Xcode 4.1 にダウングレードしました。
 

Xcode 4.2 から 4.1 にダウングレードする手順

1. Xcode 4.1のインストーラをダウンロードする

xcode_4.1_for_lion.dmg を Resources for Apple Developer からダウンロードします。

Resources for Apple Developers – Apple Developer

ダウンロードするにはDeveloper登録が必要です、(有料)
 

2. Xcode 4.2 をアンインストールする

下記のコマンドを実行します。

$ sudo /Developer/Library/uninstall-devtools --mode=all

3. アプリケーションフォルダ以下の Install Xcode.app を削除

xcode_4.1_for_lion.dmg で、アプリケーションフォルダに Install Xcode.app を作成するために、今あるインストーラー Install Xcode.app を削除します。
 

4. Xcode 4.1 をインストール

xcode_4.1_for_lion.dmg をマウントして、InstallXcodeLion.pkg をダブルクリックして、インストールします。
 

以上です。


参考情報

Xcode4.2から4.1へのダウングレードについて – 実はhokkai7go

How to remove XCode 4.2 and install 4.1 to develop Ruby / Rails on OSX Lion? – Stack Overflow

[RVM][Mac] Error running ‘make ‘, please read ruby-1.9.2-p290/make.log

Mac で RVM を使って Ruby の環境を整えようと思ったら、早々にしてエラーが発生しました。

■ エラー内容

$ rvm install 1.9.2 -C --with-readline-dir=/usr/local
Fetching yaml-0.1.4.tar.gz to /Users/bakorer/.rvm/archives
Extracting yaml-0.1.4.tar.gz to /Users/bakorer/.rvm/src
Configuring yaml in /Users/bakorer/.rvm/src/yaml-0.1.4.
Compiling yaml in /Users/bakorer/.rvm/src/yaml-0.1.4.
Installing yaml to /Users/bakorer/.rvm/usr
Installing Ruby from source to: /Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p290, this may take a while depending on your cpu(s)...
 
ruby-1.9.2-p290 - #fetching 
ruby-1.9.2-p290 - #extracted to /Users/bakorer/.rvm/src/ruby-1.9.2-p290 (already extracted)
ruby-1.9.2-p290 - #configuring 
ruby-1.9.2-p290 - #compiling 
Error running 'make ', please read /Users/bakorer/.rvm/log/ruby-1.9.2-p290/make.log
There has been an error while running make. Halting the installation.

原因は、Mac OS Lion から gcc が変わって、正常にコンパイルできなかったせいでした。

なので、この記事を参考にして apple-gcc42 をインストールして、 CC=’gcc-4.2′ のように使用する gcc を一時的に変更すればOKです。

[Mac] Homebrew で apple-gcc42 をインストールする方法 | CodeNote.net はてなブックマーク - [Mac] Homebrew で apple-gcc42 をインストールする方法 | CodeNote.net

ちなみに、Lion に Ruby の開発環境を構築したい方はこちらを参考にして下さい。

Mac OS X Lion に RVM で Ruby の開発環境を構築する手順 | CodeNote.net はてなブックマーク - Mac OS X Lion に RVM で Ruby の開発環境を構築する手順 | CodeNote.net

以上です。

【参考】

Mac OS X LionにRuby 1.8.7、Rails 3.0.10をインストールする – モンテカットの開発日記 はてなブックマーク - Mac OS X LionにRuby 1.8.7、Rails 3.0.10をインストールする - モンテカットの開発日記

Mac OS X Lion に RVM で Ruby の開発環境を構築する手順

Mac OS Lion, Xcode4.1 にて、Rubyのバージョン管理ツール RVM を使って Ruby の開発環境を整える手順をご紹介します。
 

apple-gcc42 のインストール

(Xcode4.1以前の方はこの項目をスキップ)

■ 方法その1

まず、Xcode4.2 を使ってる方は、サポートされている gcc が変わったので、従来まで入っていた apple-gcc42 をインストールします。

[Mac] Homebrew で apple-gcc42 をインストールする方法 | CodeNote.net はてなブックマーク - [Mac] Homebrew で apple-gcc42 をインストールする方法 | CodeNote.net

Homebrewをインストールしていない方はこちらを参考にして下さい。

[Mac] Homebrew をインストール | CodeNote.net はてなブックマーク - [Mac] Homebrew をインストール | CodeNote.net
 

■ 方法その2

OSX GCC Installer を使う。

kennethreitz/osx-gcc-installer はてなブックマーク - kennethreitz/osx-gcc-installer
 

RVMのインストール

Rubyのバージョン管理ツール RVM をインストールします。

$ bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer)

次に、~/.bash_profile に設定を追加します。

既に作成されていて、設定が書かれていたら特に何もする必要はありません。

$ echo '[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM function' >> ~/.bash_profile

設定後、.bash_profile を再読み込みします。

$ source ~/.bash_profile

 

Readlineなどの必要なライブラリーのインストール

必要に応じてライブラリーをインストールします。

rvm コマンドでインストールする前に一時的に環境変数を変更します。

export ARCHFLAGS="-arch x86_64"
export CC='gcc-4.2'

最低限 readline はインストールするとして、他も必要に応じてインストールします。

rvm pkg install readline
rvm pkg install iconv
rvm pkg install zlib
rvm pkg install openssl

 

Rubyをバージョン指定してインストール

Ruby の 1.9.3 と 1.9.2 と 1.8.7 の安定版をインストールします。

rvm install 1.9.3
rvm install 1.9.2
rvm install 1.8.7

それぞれ、正常にインストールされたか確認します。

$ rvm list
rvm rubies
 
   ruby-1.8.7-p357 [ i686 ]
   ruby-1.9.2-p290 [ x86_64 ]
   ruby-1.9.3-p0 [ x86_64 ]
 
# Default ruby not set. Try 'rvm alias create default <ruby>'.
 
# => - current
# =* - current && default
#  * - default

 

デフォルトの Ruby のバージョンを設定

最後に、デフォルトで使うRubyのバージョンを指定します。

今回は Ruby 1.9.3 をデフォルトにします。

$ rvm use 1.9.3 --default
Using /Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p0

ちゃんと設定されたか確認します。

$ ruby -v
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-darwin11.3.0]
 
$ rvm list
 
rvm rubies
 
   ruby-1.8.7-p357 [ i686 ]
   ruby-1.9.2-p290 [ x86_64 ]
=* ruby-1.9.3-p0 [ x86_64 ]
 
# => - current
# =* - current && default
#  * - default

以上です。

[Mac] Homebrew で apple-gcc42 をインストールする方法

Xcode 4.2.1 から gcc が llvmgcc とかいうのに変わってしまい、今までの gcc を使うためには別途インストールしないといけません。

■ llvmgcc

$ gcc -v
Using built-in specs.
Target: i686-apple-darwin11
Configured with: /private/var/tmp/llvmgcc42/llvmgcc42-2336.1~22/src/configure --disable-checking --enable-werror --prefix=/Developer/usr/llvm-gcc-4.2 --mandir=/share/man --enable-languages=c,objc,c++,obj-c++ --program-prefix=llvm- --program-transform-name=/^[cg][^.-]*$/s/$/-4.2/ --with-slibdir=/usr/lib --build=i686-apple-darwin11 --enable-llvm=/private/var/tmp/llvmgcc42/llvmgcc42-2336.1~22/dst-llvmCore/Developer/usr/local --program-prefix=i686-apple-darwin11- --host=x86_64-apple-darwin11 --target=i686-apple-darwin11 --with-gxx-include-dir=/usr/include/c++/4.2.1
Thread model: posix
gcc version 4.2.1 (Based on Apple Inc. build 5658) (LLVM build 2336.1.00)

そこで、Homebrew で apple-gcc42 をインストールする方法を調べたので、ご紹介します。

まず、デフォルトの Formula には AppleGCC や GNU GCC はないので、github にある非公式Formulaから直接、インストールします。

Homebrew/homebrew-dupes

$ brew install https://raw.github.com/Homebrew/homebrew-dupes/master/apple-gcc42.rb
==> Downloading http://r.research.att.com/tools/gcc-42-5666.3-darwin11.pkg
######################################################################## 100.0%
==> Caveats
NOTE:
This formula provides components that were removed from XCode in the 4.2
release. There is no reason to install this formula if you are using a
version of XCode prior to 4.2.
 
This formula contains compilers built from Apple's GCC sources, build
5666.3, available from:
 
  http://opensource.apple.com/tarballs/gcc
 
All compilers have a `-4.2` suffix. A GFortran compiler is also included
and is the exact same version as the compiler provided by the `gfortran`
formula in the main repository.
==> Summary
/usr/local/Cellar/apple-gcc42/4.2.1-5666.3: 106 files, 75M, built in 115 seconds

gcc-4.2 コマンドで apple-gcc42 が使えるようになりました。

$ gcc-4.2 -v
Using built-in specs.
Target: i686-apple-darwin11
Configured with: /Volumes/Media/Builds/gcc-5666.3/build/obj/src/configure --disable-checking --prefix=/usr --mandir=/share/man --enable-languages=c,objc,c++,obj-c++,fortran --program-transform-name=/^[cg][^.-]*$/s/$/-4.2/ --with-slibdir=/usr/lib --build=i686-apple-darwin11 --program-prefix=i686-apple-darwin11- --host=x86_64-apple-darwin11 --target=i686-apple-darwin11 --with-gxx-include-dir=/include/c++/4.2.1
Thread model: posix
gcc version 4.2.1 (Apple Inc. build 5666) (dot 3)

以上です。


参考情報

Build gcc 4.6.2 on Mac OS X Lion | Re: no subject

[JavaScript] Mac に Homebrew で SpiderMonkey をインストール

Mac に Homebrew で SpiderMonkey をインストールしました。

$ brew install spidermonkey

これで js コマンドでコンソールからJavaScript(SpiderMonkeyエンジンのもの)を実行することができます。

$ js
js> print('お腹すいた' + '、と思ったか?');
お腹すいた、と思ったか?
js> 
js> quit();
$

SpiderMonkey について知りたい方はこの辺を読んでください。

SpiderMonkey (JavaScript-C) Engine はてなブックマーク - SpiderMonkey (JavaScript-C) Engine

以上です。

[Mac] Homebrew をインストールしたら、”Warning: Now install Xcode: http://developer.apple.com/technologies/xcode.html”というエラーが出た

Mac をクリーンインストールして、Homebrew をインストールしたら下記のようなエラーが発生しました。

Warning: Now install Xcode: http://developer.apple.com/technologies/xcode.html

原因は、Xcodeをインストールしていないせいだったので、App StoreからXcodeをインストールしました。

ちなみに、Homebrewのインストール方法はこちらを参考にしてください。

・インストール方法:[Mac] Homebrew をインストール

以上です。

【参考】

Homebrewをインストールしました | blog.tokuda109.jp