カテゴリー : Ruby

gem install でバージョン指定してインストールするには –version= オプションを付ける

 

gem install でバージョン指定してインストールするには –version= オプションを付ければOKです。
 

普通に gem install すると、最新版がインストールされます。
 

1
$ gem install rails

 

(2011年9月17日 時点では、Rails-3.1.0 が最新版です)
 

例えば、Rails-3.0.10 をインストールしたい場合は以下のようにします。
 

1
$ gem install rails --version=3.0.10

 

以上です。
 

【参考】

第1回: インストール – Ruby on Rails 3.0 日記 – Ruby on Rails with OIAX はてなブックマーク - 第1回: インストール - Ruby on Rails 3.0 日記 - Ruby on Rails with OIAX
 

[Mac] RVM で Ruby と Rails をインストール

Macに、RVM で Ruby の開発環境を整えたのでメモ。(最終更新日:2013/07/09)

RVM: Ruby Version Manager – RVM Ruby Version Manager – Documentation

github : wayneeseguin/rvm


RVM、Ruby、Rails をインストール

下記のコマンドで、RVM、Ruby、Railsを一括インストールしてくれます。

curl -L get.rvm.io | bash -s stable --autolibs=homebrew --rails --trace

また、–autolibs=homebrew を指定しているので、依存関係のあるライブラリを Homebrew でパッケージインストールしてくれます。

RVM: Ruby Version Manager – autolibs option


RVM の初期設定

rvm インストール後、コンソールを再起動するか、下記のコマンドで rvm を起動します。

source ~/.rvm/scripts/rvm

以上です。

Mac に Ruby on Rails の開発環境を構築する手順 [Ruby 1.8.7]

MacOS に Ruby 1.8.7 で Ruby on Rails の開発環境を構築する手順をご紹介します。

Ruby on Rails

続きを読む