カテゴリー : zsh

[Zsh] oh-my-zsh のインストールと設定方法

oh-my-zsh のインストールと設定方法をメモ。
(最終更新日:2014/11/28)

robbyrussell/oh-my-zsh

oh-my-zsh のインストール

0から始める場合だと、何も気にせず以下の curl コマンドを実行すればOKです。

curl -L http://install.ohmyz.sh | sh

oh-my-zsh のプラグインを利用する

~/.oh-my-zsh/plugins/ 以下に独自のプラグインが入っています。デフォルトでは git だけなので、必要なプラグインを読み込む設定をします。

plugins=(adb ant atom brew bundler capistrano coffee gem git gitignore gradle heroku history node npm nvm pod postgres rails rake redis-cli ruby rvm screen vagrant xcode)

自分でカスタマイズした設定を使う

oh-my-zsh は ~/.oh-my-zsh/custom/ 以下にシェルスクリプトを設置することで、カスタマイズした設定を読み込むことができます。

ln -s ~/Dropbox/dotfiles/_oh-my-zsh_custom.sh ~/.oh-my-zsh/custom/oh-my-zsh_custom.sh

PATH の設定が上手くいかない場合

自動生成された .zshrc に export PATH=”/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin” の記述が追加されていたら、適切に修正するか削除した方がいいです。

# User configuration
 
export PATH="/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin"
# export MANPATH="/usr/local/man:$MANPATH"

僕は、自分でカスタマイズした _oh-my-zsh_custom.sh の中で export PATH= を呼び出していました。なので .zshrc に追加されていた PATH の設定で上書きされてしまい、PATH が通ってない状況になりハマりました・・・。

以上です。


参考情報

oh-my-zsh を使って zsh の便利な設定をまとめて取り入れる – mollifier delta blog

[Mac] zsh のインストール手順と設定メモ

Mac のデフォルトのシェルを bash から zsh へ移行したので手順をメモ。
(最終更新日:2014/11/19)

zsh はデフォルトでインストールされているものを使わずに、最新版を homebrew でインストールして使います。

事前準備

Homebrew でインストールした zsh に path を通すようにします。

$ export PATH=/usr/local/bin:$PATH

Homebrew で zsh をインストール

$ brew install zsh
$ brew install zsh-completions
$ zsh --version
zsh --version
zsh 5.0.5 (x86_64-apple-darwin14.0)
$ which zsh
/usr/local/bin/zsh

ログインシェルを zsh に変更

$ sudo sh -c "echo '/usr/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
$ chsh -s /usr/local/bin/zsh

.zshrc の作成

設定をカスタマイズするために .zshrc ファイルを作成・編集します。

僕は、ほとんど oh-my-zsh にお任せしているので、oh-my-zsh のインストールと設定をします。

[Zsh] oh-my-zsh のインストールと設定方法 | CodeNote.net

.zshrc の設定反映

$ source ~/.zshrc

以上です。


参考情報

zsh 導入メモ – Clipboard

Macでhomebrewのzshを使う – Qiita [キータ]

Homebrewでzsh-completionsを利用する手順。

zshの補完を強化する方法 – Qiita [キータ]