カテゴリー : Sublime Text

[Sublime Text] インデント(indent)に縦線を引く設定

Sublime Text2で、インデント(indent)に縦線を引く設定を教えてもらいました。

"draw_indent_guides": true,
"indent_guide_options": ["draw_normal", "draw_active"]

上記の設定を、[Preferences] → [Settings – User] から開くJSONファイルに追加するだけです。


参考情報

Sublime Textで今いるインデントに縦線を引く | Border/memo

[Mac] Sublime Text をコマンドラインから使えるようにする設定方法

Mac にて、Sublime Text をコマンドラインから使えるようにする設定方法をご紹介します。

まず、Sublime Text のシンボリックリンクを張ります。

% ln -s /Applications/Sublime\ Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl /usr/local/bin/subl

念のため、確認します。

% ls -l /usr/local/bin/subl                                                                   
lrwxr-xr-x  1 bakorer  admin  62  7 16 19:44 /usr/local/bin/subl@ -> /Applications/Sublime Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl

シェルの再読み込み(zsh とか bash とか)

% source ~/.zshrc

すると、subl コマンドで、テキストファイルを Sublime Text で開くことができます。

% subl some.txt

以上です。

[Sublime Text 3] Package Control のインストール方法

Sublime Text 3 に Package Control をインストールしました。

git をインストール済みという前提で、下記のコマンドを実行します。

cd ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 3/Packages/
git clone git://github.com/wbond/sublime_package_control.git Package\ Control
cd Package\ Control
git checkout python3

コマンドを全て実行後、Sublime Text 3 を再起動すれば、Package Control が使えるようになっているはずです。

[参考情報]

Install Package Control for Sublime Text 3 Beta

[Sublime Text] Package Control でインストールしてるパッケージ一覧

Sublime Text に Package Control でインストールしてるパッケージをメモ。(最終更新日:2013/08/07)

{
	"installed_packages":
	[
		"CoffeeLint",
		"CoffeeScript",
		"CoffeeScriptHaml",
		"Jade",
		"Nodejs",
		"Package Control",
		"Stylus",
		"SublimeLinter"
	]
}

[Sublime Text 2] Package Control: Install Packages できない問題の解決方法

Sublime Text 2 で Package Control: Install Packages できない問題にハマって、無事に解決できたのでメモ。

Sublime Text や PC の再起動をしてもダメだったので、設定ファイル全部消しました。

下記のコマンドを実行して、Sublime Text 2 の設定ファイルをまるっと消すだけでOKです。

% rm -rf ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 2/

もちろん、設定とか全部消えちゃうので、個人用カスタマイズや Package のインストールもやり直しです。

[Sublime Text] Package Control (パッケージコントロール) の設定方法

Sublime Text 2 で Package Control を使うようにするための設定方法をメモ。

1. Ctrl + ` で下の方にコンソールが表示されるので、下記のコードをコンソールにコピペして、Enterを押すとインストールが開始される

import urllib2,os; pf='Package Control.sublime-package'; ipp=sublime.installed_packages_path(); os.makedirs(ipp) if not os.path.exists(ipp) else None; urllib2.install_opener(urllib2.build_opener(urllib2.ProxyHandler())); open(os.path.join(ipp,pf),'wb').write(urllib2.urlopen('http://sublime.wbond.net/'+pf.replace(' ','%20')).read()); print 'Please restart Sublime Text to finish installation'

2. 有効化するために Sublime Text を再起動する

3. Command + Shift + P で「Pacakge Controll」が Command Pallet に表示されていればインストール完了です

あとは、Package Control: Install Packages で色々パッケージをインストールしましょう。

[Sublime Text 2] Ctrl+Tabでのタブ切替えコマンドをカスタマイズ

Sublime Text 2 で、Ctrl+Tabでのタブ切替えコマンドをカスタマイズしました。

デフォルトでは「最後に使用した文書に切り替える」挙動なので、これを「右のタブに移動する」「左のタブに移動する」挙動に変更します。

「Preferences」から「Key bindings – User」を選択して、下記の記述を追記するだけでOKです。

[
  { "keys": ["ctrl+tab"], "command": "next_view" },
  { "keys": ["ctrl+shift+tab"], "command": "prev_view" },
  { "keys": ["ctrl+pagedown"], "command": "next_view_in_stack" },
  { "keys": ["ctrl+pageup"], "command": "prev_view_in_stack" }
]

Sublime Text2でCtrl+Tabによるタブの切替をタブの順序どおりにする はてなブックマーク - Sublime Text2でCtrl+Tabによるタブの切替をタブの順序どおりにする

[Submile Text2] Ubuntu へのインストール手順

Submile Text2 を Ubuntu へインストールしました。簡単に手順をメモ。

・参考:How to install Sublime Text 2 on Ubuntu 12.04 (Unity) | Technoreply はてなブックマーク - How to install Sublime Text 2 on Ubuntu 12.04 (Unity) | Technoreply

■ Step 1

下記から、Linux版をダウンロードして、ホームディレクトリに展開します。

Sublime Text – Download はてなブックマーク - Sublime Text - Download

■ Step 2

sudo mv Sublime\ Text\ 2 /usr/lib/

■ Step 3

sudo ln -s /usr/lib/Sublime\ Text\ 2/sublime_text /usr/bin/sublime

■ Step 4

sudo sublime /usr/share/applications/sublime.desktop
[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Sublime Text 2
# Only KDE 4 seems to use GenericName, so we reuse the KDE strings.
# From Ubuntu's language-pack-kde-XX-base packages, version 9.04-20090413.
GenericName=Text Editor
 
Exec=sublime
Terminal=false
Icon=/usr/lib/Sublime Text 2/Icon/48x48/sublime_text.png
Type=Application
Categories=TextEditor;IDE;Development
X-Ayatana-Desktop-Shortcuts=NewWindow
 
[NewWindow Shortcut Group]
Name=New Window
Exec=sublime -n
TargetEnvironment=Unity

■ Step 5

Submile Text をランチャーに固定する

以上です。

[Sublime Text 2] インデント(Indent)の設定方法

Sublime Text 2 でインデント(Indent)を設定する方法を調べたのでメモ。

設定は、Sublime Text 2 → Preferences 内の「Settings – Default」の Preferences.sublime-settings を編集するのではなく、「Settings – User」に設定を書いてオーバーライドすることを推奨していました。

// While you can edit this file, it's best to put your changes in
// "User/Preferences.sublime-settings", which overrides the settings in here.
//
// Settings may also be placed in file type specific options files, for
// example, in Packages/Python/Python.sublime-settings for python files.

よって、「Settings – User」でファイルを開いて、下記の内容を追記しました。

tabキーで「半角スペース2つ」に設定しました。

{
    // The number of spaces a tab is considered equal to
    "tab_size": 2,
 
    // Set to true to insert spaces when tab is pressed
    "translate_tabs_to_spaces": true
}

以上です。

[Sublime Text 2] コマンドパレット (Command Pallet) を使う方法

Sublime Text 2 にて、コマンドパレット (Command Pallet) を使う方法を調べたのでメモ。

■ コマンドパレット (Command Pallet) を使う

TextMate と同様、ST2 では Command + Shift + p でコマンドパレットを開くことができます。コマンドパレット上でタイプすると絞りこまれていくので、必要なコマンドを選択して実行できます。

・引用元:Tender Surrender: Sublime Text 2 のススメ はてなブックマーク - Tender Surrender: Sublime Text 2 のススメ

以上です。