カテゴリー : VPS

[DigitalOcean] You cannot create more than 10 droplets at a time エラーの解決方法

DigitalOcean API 経由で droplet (サーバー) を 10 個より多い数を作成しようとすると You cannot create more than 10 droplets at a time エラーが発生しました。

続きを読む

株主優待でサーバー代が割引できる ConoHa VPS がオススメ

個人開発者にとってサーバー代は地味に痛い出費ですよね。そんなエンジニアのみなさまに ConoHa というサーバーが株主優待割引が適用できるのでオススメです。

ConoHa

ConoHa の概要

メリット

デメリット

  • たまにサーバーが障害で落ちるらしい(経験者談)
  • GMO という不安感

続きを読む

[Linode] Coupon Code と Referral Code を調べる方法

Linode (ライノード) に登録する Coupon Code と Referral Code を探す方法をご紹介します。

Linode ライノード

続きを読む

AnsibleでさくらのVPSのセットアップをするために2週間無料のお試し期間で登録した話

今までサーバの環境構築は手動でやっていたのですが、そろそろ構成ツールを使って自動化できるようになりたいなと思う今日このごろです。

思うだけではダメで、行動しなければ!ということで、さくらのVPSの2週間無料のお試し期間へ登録しました。

さくらのVPSへ登録

まず、さくらのVPSにクレジットカード支払いで登録します。

無料お試し期間のみ使うことが決まっていれば、月払いを選択すると解約忘れのリスクを回避できそうです。

以下のバナーから登録してもらえると、僕にキックバックが入るので嬉しいです。



さくらのVPSからの仮登録メールを確認

申し込みすると以下のような仮登録メールが届きます。

rootユーザのパスワードやIPアドレスなど重要な情報が記載されているので、大切に保存しておきましょう。

[件名]
[さくらのVPS] 仮登録完了のお知らせ

[本文]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメッセージはさくらインターネットのサービス登録システムより自動
送信されています。
お心当たりのない場合は、他の方がメールアドレスを間違えて登録された
可能性がございます。
その際には、誠にお手数ですが本メールへの返信にてご連絡ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◯◯ 様 (wno12345)

さくらインターネット株式会社

仮登録完了のお知らせ

この度は、さくらインターネットのサービスをお申込みいただき誠にありが
とうございます。

お申込みいただきましたサービスの仮登録が完了し、ご試用いただく準備が
整いましたので、以下の通りお知らせいたします。

======================================================================
┏┓
┗■ お申込み・ご利用情報
└────────────────────────……………‥‥‥・

▼契約者/契約サービスの情報

会員ID :wno12345
ご契約者名:◯◯ 様
電子メール:codenote@example.com

サービス名 :さくらのVPS(v4) SSD 1G TK02
サービスコード :xxxx
お申込み日 :2016年07月24日
お試し期間 :2016年08月07日 まで

▼サーバ情報

[サーバ基本情報]
IPアドレス:160.16.55.xxx

[管理用ユーザ]
ユーザ名 :root (for Windows Server の場合は Administrator )
初期パスワード:xxxx

[VPSコントロールパネル ログイン情報]
URL :https://secure.sakura.ad.jp/vps/
IPアドレス:160.16.55.xxx
パスワード:xxxx

※ご提供時の初期状態ではサーバは停止状態になっていますので、利用を開始
する際は「VPSコントロールパネル」にログインしサーバを起動して下さい。

======================================================================
┏┓
┗■ VPSサービスのご利用にあたって
└────────────────────────……………‥‥‥・

▼【重要】セキュリティ対策について

 さくらのVPSは、お客様にroot権限(管理者権限)をお渡しているサービス
です。特にセキュリティの設定を実施しない場合、お客様のVPSが第三者に
乗っ取られるなどの被害にあうことがありますので、必ず対策を行ってく
ださい。
 弊社サポートサイトにてサーバの初期設定マニュアルをご用意しておりま
 すので、ご参照ください。(for Windows Serverを除く)

▽ 初期設定ガイド
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2429

▼お試し期間中の機能制限について

お試し期間中は、機能制限がありますのでご利用上の注意をご確認ください。

▽ さくらのVPS
http://vps.sakura.ad.jp/flow/

▽ さくらのVPS for Windows Server
http://solution.sakura.ad.jp/windows_vps/flow.html

▼ for Windows Server の初回起動時について

さくらのVPS for Windows Server では、サーバの初回起動時にOSのインス
トールが行われます。インストールには5~10分程度のお時間がかかります。

※OfficeやSQL Serverのオプションをお申込みいただいた場合は15~30分
程度のお時間がかかります。

▼マニュアル

ご不明な点がありましたら、「オンラインマニュアル」や「よくある質問」
をご覧ください。

▽ オンラインマニュアル
https://help.sakura.ad.jp/app/vps/

▽ よくある質問
https://help.sakura.ad.jp/app/faq/

======================================================================
┏┓
┗■ サービスの本契約・キャンセルについて
└────────────────────────……………‥‥‥・

▼本契約について

お試し期間終了後、自動的に本契約へ切り替わります。

お試し期間終了を待たずに本登録をお急ぎの場合は、下記マニュアルを
ご参照いただき、お手続きください。

▽本登録の方法
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2037

▼キャンセルについて

申込キャンセルは、下記マニュアルをご参照いただき、お手続きください。

▽お申込みのキャンセル
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2024

=======================================================================

ご不明な点やご質問等ございましたら、本メール返信にてお問い合わせ
ください。

今後ともさくらインターネットをよろしくお願いいたします。

─── さくらインターネット株式会社 カスタマーセンター ───────

 ■Twitterサポート
  https://twitter.com/sakura_ope

■サポートサイト
https://help.sakura.ad.jp/

■FAQ(よくある質問)から調べる
https://help.sakura.ad.jp/app/faq

■電話・メールによるお問い合わせ
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2005
電話受付時間 :平日 10:00 – 18:00(土日祝、当社指定休日は休み)
メール受付時間:10:00 – 18:00(土日祝営業、当社指定休日は休み)

───────────────────────────────────

VPSコントロールパネルからログインしてサーバを起動する

ほとんどのサーバ環境構築は Ansible で設定したいので さくらのVPS サーバの初期設定ガイド|さくらインターネット公式サポートサイト に記載されている「STEP1 サーバを起動しましょう」の項目のみ手作業でおこないます。

まず、メールに記載されているURL https://secure.sakura.ad.jp/vps/ からVPSコントロールパネルにログインします。

さくらのVPS VPSコントロールパネル サーバ一覧

次に、対象のサーバのチェックボックスを ✔ して [起動] ボタンをクリックします。

最後に、サーバが起動したら root ユーザで ssh 接続できるか確認します。

起動後しばらく経っても ssh できない場合は以下の記事の通りコンソールを確認して気長に待ちましょう。

以上で Ansible でサーバをセットアップするための事前準備が整いました。

Ansible を使ったサーバセットアップについては別の記事で書きたいと思います。

さくらのVPSで初回起動時にコンソールに Updating RPMS on system と出力されたら気長に待とう

さくらのVPSで契約したサーバを初回起動して ssh すると Connection refused エラーで接続できませんでした。

エラーメッセージ: Connection refused

$ ssh root@160.16.55.xxx
ssh: connect to host 160.16.55.xxx port 22: Connection refused

仕方ないので、さくらのVPS専用の「VPSコントロールパネル」からサーバに接続して、コンソールを確認してみると Updating RPMS on system が出力されているところで処理が止まっていました。

Updating RPMS on system - CentOS

調べてみたところ、初回起動時にインストールされている RPM を全て更新する仕様らしく、そのため時間が掛かっているようでした。

20分ぐらい待ってコンソールを確認すると次の処理に進んでいて、しばらくすると無事に login プロンプトが表示されていました。

初回起動時だけなので困るのは最初だけですが、定期的に RPM が最新の状態の CentOS がデフォルトでインストールされると嬉しいですね。

UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY エラー出てるじゃん! と思ってたら「【さくらのVPS】障害に関するご報告」というメールが届きました

ブラウザからウェブサイトを開いても response が返ってこない…

サーバに ssh しても繋がらない…

仕方ないから、さくらのVPSの管理画面から VNC コンソール経由で確認してみると「UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY」というエラーが出ていることが確認できました。

このエラーを見るのは初めてだったので「さて、どうやって復旧すればいいのかな?」と思いながら Google 検索していると、さくらインターネットからメールが届きました。

件名:
【さくらのVPS】障害に関するご報告

本文:
■ご連絡日 [2015-03-01]

        ご利用中のさくらのVPSサービスについて

さくらインターネット株式会社

平素よりさくらインターネットをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様にご利用いただいておりますサービスが収容されているホストサーバに
おいて、ハードウェアの不具合によりデータの不整合が発生する状況が確認され
ました。

そのため、弊社にて以下の緊急メンテナンスを実施いたしました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

作業日程 : 2015年03月01日15時30分~2015年03月01日18時30分
影響範囲 : さくらのVPS SSD 4Gプランの一部
IPアドレスが下記の範囲のお客様
133.242.182.135 ~ 133.242.182.184
作業内容 : ハードウェア交換作業
補足事項 : 作業時間中 VPSサービスへ接続できなくなります。
お客様ご利用のVPSに再起動が発生します。

 【緊急メンテナンス】
  http://support.sakura.ad.jp/mainte/mainteentry.php?id=15625

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ハードウェア交換につきましては 18時30分頃に完了いたしましたが、データの
不整合によってお客様ご契約中のさくらのVPSサービスが正しく起動しないこと
が判明いたしました。

弊社にて保持している2015年02月17日のバックアップデータから復旧を行う
ことは可能でございます。

当該データでの復旧を希望される際は、本メールの返信にてお知らせくだ
さいますようお願いいたします。

また、さくらのVPSのコントロールパネルより、OS再インストールを行って
いただくことも可能でございます。

弊社による2015年02月17日時点への復旧が不要の場合は、恐れ入りますがOSの
再インストールによる再構築を実施いただけますようお願い申し上げます。

この度はお客様に大変ご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。
—-
ご不明な点やご質問等ございましたら、本メール返信にてお問い合わせ
ください。

今後ともさくらインターネットをよろしくお願いいたします。

─── さくらインターネット株式会社 カスタマーセンター ───────

 ■Twitterサポート
  https://twitter.com/sakura_ope

■サポートサイト
https://help.sakura.ad.jp/

■FAQ(よくある質問)から調べる
https://help.sakura.ad.jp/app/faq

■電話・メールによるお問い合わせ
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2005
電話受付時間 :平日 10:00 – 18:00(土日祝、当社指定休日は休み)
メール受付時間:10:00 – 18:00(土日祝営業、当社指定休日は休み)

───────────────────────────────────

メールを読むと対応方法は「2015年02月17日のバックアップデータから復旧」or「さくらのVPSのコントロールパネルより、OS再インストール」と書いてありますね。

この時間から OS 再インストールするほど頑張りたくはないので、取り急ぎバックアップデータから復旧してもらってサービスを動くようにしてもらうことにしました。

[さくらのVPS] Ubuntu 12.04 をインストール

さくらのVPS に Ubuntu 12.04 をインストールしました。

手順は公式サイトに詳しく書かれているので、これを読むだけでできました。

Ubuntu 12.04|カスタムOSインストールガイド|さくらのVPS|さくらインターネット公式サポートサイト

[Mac] Mountain Lion でさくらのVPSのVNCコンソールを使うための設定方法

Mac OSX Mountain Lion で、さくらのVPSのVNCコンソールを使うための設定方法をメモ。

VNCコンソールは、VPSの初期設定でぐらいでしか使わないので、毎回ここでハマってる気がする。

Mac で「VNCコンソール」を使うためには、Java7 ではなく、Java6をインストールする必要があります。

うっかり、Oracleのサイトから Java7 をインストールしてしまった方は、下記のApple公式サイトの手順を元に、Java6 に戻してやるだけでOKです。

Java for OS X 2013-002:Apple 提供の Java SE 6 Web プラグインと Web Start 機能を再び有効にする方法

以上です。

[Server] CentOS6.3 on さくらのVPS の初期設定

まず、前提としてさくらのVPSにインストールされている CentOS は 64bit 版みたいです。

(最終更新日:2013/09/15)

前提

ユーザ名 bakorer の部分は、自分のユーザ名に置き換えてください。


管理者アカウント作成

■ root 権限では危ないので管理者ユーザーを作成する

useradd -G wheel bakorer
passwd bakorer

■ wheel グループに所属しているユーザしか su できないように変更する

vi /etc/pam.d/su
 
#auth required pam_wheel.so use_uid
↓(変更)
auth required pam_wheel.so use_uid

■ wheel グループに所属しているユーザは sudo できるように変更する

visudo
 
#%wheel ALL=(ALL) ALL
↓(変更)
%wheel ALL=(ALL) ALL

SSH の設定

■ .ssh ディレクトリの作成

mkdir /home/bakorer/.ssh

■ クライアント側で公開鍵を作成し、サーバに公開鍵を転送

ssh-keygen -t rsa
scp .ssh/id_rsa.pub bakorer@host:/home/bakorer/.ssh
mv /home/bakorer/.ssh/id_rsa.pub /home/bakorer/.ssh/authorized_keys

もしくは、リモートコンソール経由でコピペして作成します。

vi /home/bakorer/.ssh/authorized_keys
ssh-rsa xxxx (貼り付ける)

■ 公開鍵ファイルのアクセス権限と所有者を変更

chmod 700 /home/bakorer/.ssh/
chmod 600 /home/bakorer/.ssh/*
chown -R bakorer. /home/bakorer/.ssh/

■ SSH の設定変更

sed コマンドで置換します。

sed -i 's/^#Port 22/Port 20022/' /etc/ssh/sshd_config
sed -i 's/^#PermitRootLogin yes/PermitRootLogin no/' /etc/ssh/sshd_config
sed -i 's/^#PasswordAuthentication yes/PasswordAuthentication no/' /etc/ssh/sshd_config

手動で書き換える場合は、下記を参考にして下さい。

vim /etc/ssh/sshd_config
 
Port 20022
PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no
service sshd restart

Port番号が変更できなくてハマったけど、編集するファイルを sshd_config ではなくて ssh_config を編集していたのが原因でした…

・参考:さくらのVPS を使いはじめる 2 – sudo と SSH ポート変更 | アカベコマイリ

■ 公開鍵認証で SSH 接続する

ssh -p 20022 -i /Users/bakorer/.ssh/id_rsa bakorer@www12345u.sakura.ne.jp

・参考:sshコマンド – 管理者必見! ネットワーク・コマンド集:ITpro


ファイアーウォールの構築

■ ファイアーウォールの設定をします

・コンテンツの転送にはSFTPを使うので、FTPポートは空けない

$ vim /etc/sysconfig/iptables
 
*filter
:INPUT   ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT  ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]
 
-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
 
# SSH
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 20022 -j ACCEPT
# HTTP
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80    -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8080  -j ACCEPT
# MySQL
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3306  -j ACCEPT
 
-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
 
COMMIT

設定後、ファイアーウォール再起動します。

service iptables restart

yum の設定

■ リポジトリの変更

rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
 
rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# vim /etc/yum.repos.d/remi.repo
 
[remi]
enabled=1

■ yum のアップグレード

# yum -y upgrade

ホスト名の設定

ホスト名が既に決まっている場合は、この辺で設定しておきましょう。

[Linux] Host名(hostname)の変更方法


各種ソフトウェアのインストール(随時更新予定)

■ Apache

■ Nginx

■ MySQL

■ PHP


参考記事

■ 基本設定

「さくらのVPS」を使ってみる – さくらインターネット創業日記

CentOSをサーバーとして活用するための基本的な設定 – さくらインターネット創業日記

ウェブ開発者のための、1時間でできるLAMP環境構築術(CentOS編) – さくらインターネット創業日記

はじめてのさくら VPS + CentOS の初期設定からチューニングなどの作業まとめ | ウェブル

1,000円を切る低価格で登場、「さくらのVPS」をチェック――サーバー構築編 – SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

VPSの初期設定とLAMP環境を構築する方法。 – とりあえず9JP

【さくらのVPS】初期設定をしてみた | Untitled Documents.

■ チューニングなど

さくらVPSで一日6万PVを処理するためにしたこと – 新卒インフラエンジニア2年目

■ 他社のVPSとの比較記事

格安の低価格VPSを比較する – さくらインターネット創業日記

CORESERVER → さくらのVPSにWordPressを移行しました

CORESERVER から さくらのVPSにWordPressを移行しました。手順をざっくりメモ。

■ 移行元サーバでの作業【CORESERVER】

管理画面からDBをダンプする(mysql_examplecom.dump 作成)

次に、public_html/ 以下の wordpress コンテンツのディレクトリ以下を tar で圧縮します。

$ cd public_html/
$ tar zcvf example.com.tar.gz example.com/

mysql_examplecom.dump と example.com.tar.gz をCORESERVERからさくらのVPSに転送します。

■ 移行先サーバでの作業【さくらのVPS】

WordPressで使用するデータベースを作成します。

mysql> create database dbname;
mysql> grant all on dbuser.* to dbname@localhost identified by 'mypassword';

CORESERVERでダンプしたデータからインポートする。

$ mysql -u dbuser -p dbname < mysql_examplecom.dump
$ chown -R nginx. /var/www/vhosts/example.com

あとはいつも通り。


参考情報

CORESERVER から さくら VPS に WordPress を移行した | 暇人じゃない

さくらのVPS サーバ構築メモ 9 – データ移行 | コムギドットネット