さくらのVPSで初回起動時にコンソールに Updating RPMS on system と出力されたら気長に待とう

Pocket

さくらのVPSで契約したサーバを初回起動して ssh すると Connection refused エラーで接続できませんでした。

エラーメッセージ: Connection refused

$ ssh root@160.16.55.xxx
ssh: connect to host 160.16.55.xxx port 22: Connection refused

仕方ないので、さくらのVPS専用の「VPSコントロールパネル」からサーバに接続して、コンソールを確認してみると Updating RPMS on system が出力されているところで処理が止まっていました。

Updating RPMS on system - CentOS

調べてみたところ、初回起動時にインストールされている RPM を全て更新する仕様らしく、そのため時間が掛かっているようでした。

20分ぐらい待ってコンソールを確認すると次の処理に進んでいて、しばらくすると無事に login プロンプトが表示されていました。

初回起動時だけなので困るのは最初だけですが、定期的に RPM が最新の状態の CentOS がデフォルトでインストールされると嬉しいですね。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。