カテゴリー : WordPress

[WordPress] カテゴリ名を被リンク(外部リンク)文言に使うサンプル

WordPress で、カテゴリ名を被リンク(外部リンク)文言に使うサンプルをご紹介します。

<?php
  $current_categories = get_the_category();
  $main_category = $current_categories[0];
?>
 
<a href="http://example.com" target="_blank" >
  <?php echo $main_category->name; ?>の◯◯なら✕✕におまかせ
</a>

カテゴリーを決めで1つ取得して、そのカテゴリ名を a タグのリンク部分の文言に使っています。


参考情報

WordPress 現在のカテゴリーIDやカテゴリー名、スラッグ、説明文、親カテゴリー等を取得表示する方法 | Stronghold

[WordPress]「WP-OGP」のサムネイル画像 og:image を変更する

WordPress で Facebook OGP を設定するプラグイン「WP-OGP」のサムネイル画像をデフォルトから変更しました。

まず、wp-content/plugins/wp-ogp/default.jpg を上書きするだけでサムネイル画像を変更できるとのことだったので、これを試してみました。

Facebook Debugger Tool でキャッシュをちゃんと消すところまではできたのですが、実際に Facebook 上でシェアするとデフォルトの画像のままでした。

結局、下記のようにファイル名を変更する方法で対応しました。


WP-OGP サムネイル画像の変更手順

  1. 新しくサムネイルに使う画像ファイル codenote-net-200×200.jpg を wp-content/plugins/wp-ogp/ 以下に設置する
  2. wp-content/plugins/wp-ogp/wp-ogp.php 内の wpogp_image_url_default メソッドで返す画像Pathを下記のように変更する
    function wpogp_image_url_default() {
            // default image associated is in the plugin directory named "default.png"
            //return wpogp_plugin_path() . '/default.jpg';
            return wpogp_plugin_path() . '/codenote-net-200x200.jpg';
    }
  3. Facebook Debugger Tool でキャッシュを削除する

以上です。


参考情報

Facebook「OGPの画像は1200px幅で」えぇ? 大きすぎない? しかも横長推奨? | Web担当者Forum

[WordPress] 良さそうなモバイル用テーマ(theme)

良さそうなWordPressのモバイル用テーマを自分用にまとめてみました。

いずれもレスポンシブデザインなので、プラグイン「WPtap Mobile Detector」でモバイルだけこれらのテーマを利用すればOKです。

Wallpress – Just another WordPress site

Gadgetry | Free WordPress Theme

DW Minion | FREE Responsive WordPress Theme For Personal Blog


参考情報

Themegraphy – WordPressテーマギャラリー

WordPress サーバの移行手順

WordPress サイトを旧サーバから新サーバへ移行したので、手順をざっくりご紹介します。

WordPress

移行元サーバでの作業

MySQLからダンプ

mysqldump --default-character-set=binary -h localhost -u dbuser -p dbname > backup.sql

WordPressのコンテンツ一式のバックアップ

次に、/var/www/vhosts/codenote.net に設置している wordpress コンテンツのディレクトリ以下を tar で圧縮します。

cd /var/www/vhosts/
tar zcvf codenote.net.tar.gz codenote.net/

ファイルを移行元サーバから移行先サーバへ転送

backup.sql と codenote.net.tar.gz を移行先サーバへ転送します。

移行先サーバでの作業

WordPressで使用するデータベースの作成

# mysql -u root
 
mysql> create database dbname;
mysql> grant all on dbuser.* to dbname@localhost identified by 'mypassword';

MySQLのリストア

mysql -u dbuser -p dbname < backup.sql

WordPressのコンテンツ一式の設置

/var/www/vhosts/ 以下にバックアップしたWordPressコンテンツの圧縮ファイルを展開します。

cd /var/www/vhosts/
tar zxvf codenote.net.tar.gz

念のため、所有者を全て Webサーバのユーザと一緒にしておきます。

chown -R nginx. /var/www/vhosts/codenote.net

以上です。

参考情報

[WordPress]「古いプラグインを削除できませんでした。」の解決方法

WordPressで、プラグインを削除しようとしたら「古いプラグインを削除できませんでした。」エラーが発生しました。

ディレクトリの所有者が apache や nginx になっていないのが原因だと思うので、chown で所有者を変更します。

WordPressサイトのインストールPathが /var/www/vhosts/codenote.net の場合、下記のような感じです。

# cd /var/www/vhosts
# chown -R nginx. codenote.net

以上です。


参考情報

wordpressでプラグインを自動アップグレードできないときの対処(応急処置) – sugarballの日記

[WordPress] WP Super Cache の WPTouch エラーの解決方法

WordPress のキャッシュプラグイン「WP Super Cache」と「WPTouch」を共存させようとするとエラーが発生します。

エラーメッセージ

WPTouch plugin detected! Please go to the Supercache plugins page and enable the WPTouch helper plugin

解決方法

「設定」→「WP Super Cache 設定」→「プラグイン」にて、「WPTouch」の項目を有効にして、更新ボタンをクリックします。

これで、エラーメッセージは消えて、PCとモバイルで別々に WP Super Cache のキャッシュを作成してくれるようになります。


参考情報

WPTouchとWP Super Cacheのエラーを消す方法 | とりせどどっとこむ

CentOS 6.3 (さくらVPS) に Nginx + php-fpm + MySQL の WordPress 環境を構築する手順

さくら VPS – CentOS6.3 に Nginx + php-fpm + MySQL で WordPress 環境を構築する手順をご紹介します。

Nginx のインストール

Nginx リポジトリを登録

# vim /etc/yum.repos.d/nginx.repo
 
[nginx]
name=nginx
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=0

インストール可能な Nginx のバージョン確認

# yum info --enablerepo=nginx nginx

Nginx のインストール

# yum -y install --enablerepo=nginx nginx

Nginx が正常にインストールされたことを確認

# nginx -v
nginx version: nginx/1.4.2

Nginx の各種設定

# vim /etc/nginx/nginx.conf
user  nginx;
worker_processes  2;
 
error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;
 
 
events {
    worker_connections  1024;
}
 
 
http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;
 
    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';
 
    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;
 
    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;
 
    keepalive_timeout  65;
 
    # gzip
    gzip  on;
    gzip_http_version 1.0;
    gzip_vary         on;
    gzip_comp_level   6;
    gzip_types        text/xml text/css application/xhtml+xml application/xml application/rss+xml application/atom_xml application/x-javascript application/x-httpd-php;
    gzip_disable      "MSIE [1-6]\.";
 
    # reverse proxy
    proxy_cache_path  /var/cache/nginx levels=1:2 keys_zone=czone:4m max_size=50m inactive=120m;
    proxy_temp_path   /var/tmp/nginx;
    proxy_cache_key   "$scheme://$host$request_uri";
    proxy_set_header  Host               $host;
    proxy_set_header  X-Real-IP          $remote_addr;
    proxy_set_header  X-Forwarded-Host   $host;
    proxy_set_header  X-Forwarded-Server $host;
    proxy_set_header  X-Forwarded-For    $proxy_add_x_forwarded_for;
 
    upstream backend {
        ip_hash;
        server 127.0.0.1:8080;
    }
 
    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}
# vim /etc/nginx/conf.d/virtual.conf
server {
 
    listen      80;
    server_name example.com;
    root        /var/www/vhosts/example.com/www;
    access_log  /var/log/nginx/example.com/access.log   main;
    error_log   /var/log/nginx/example.com/error.log;
    client_max_body_size 36M;
 
    location /wp-admin { proxy_pass http://backend; }
    location ~ .*\.php { proxy_pass http://backend; }
    location / {
        set $mobile "";
        if ($http_user_agent ~* '(DoCoMo|J-PHONE|Vodafone|MOT-|UP\.Browser|DDIPOCKET|ASTEL|PDXGW|Palmscape|Xiino|sharp pda browser|Windows CE|L-mode|WILLCOM|SoftBank|Semulator|Vemulator|J-EMULATOR|emobile|mixi-mobile-converter)') {
            set $mobile "@ktai";
        }
        if ($http_user_agent ~* '(iPhone|iPod|Opera Mini|Android.*Mobile|NetFront|PSP|BlackBerry)') {
            set $mobile "@mobile";
        }
        if ($http_cookie ~* "comment_author_|wordpress_(?!test_cookie)|wp-postpass_" ) {
            set $do_not_cache 1;
        }
 
        proxy_no_cache     $do_not_cache;
        proxy_cache_bypass $do_not_cache;
        proxy_cache czone;
        proxy_cache_key "$scheme://$host$request_uri$is_args$args$mobile";
        proxy_cache_valid  200 301 302 60m;
        proxy_cache_valid  404 5m;
        proxy_cache_use_stale  error timeout invalid_header updating
                               http_500 http_502 http_503 http_504;
        proxy_pass http://backend;
        proxy_redirect http://example.com:8080/ /;
    }
}
 
server {
 
    listen      8080;
    server_name example.com;
    root        /var/www/vhosts/example.com/www;
    access_log  /var/log/nginx/example.com/access.log   main;
    error_log   /var/log/nginx/example.com/error.log;
    client_max_body_size 36M;
 
    location / {
        index  index.php index.html index.htm;
        # static files
        if (-f $request_filename) {
            expires 14d;
            break;
        }
        # request to index.php
        if (!-e $request_filename) {
            rewrite ^(.+)$  /index.php?q=$1 last;
        }
    }
 
    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    location ~ \.php$ {
        include        fastcgi_params;
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /var/www/vhosts/example.com/www/$fastcgi_script_name;
    }
}

log ディレクトリを作成します。

mkdir /var/log/nginx/example.com

conf ファイルを編集後、文法チェックを行います。

# nginx -t
nginx: the configuration file /etc/nginx/nginx.conf syntax is ok
nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test is successful

Port8080 を開放するためにファイアーウォールの設定に追記します。

# vim /etc/sysconfig/iptables
 
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8080  -j ACCEPT

Nginx の自動起動設定

chkconfig nginx on

MySQL のインストール

次に MySQL をインストールします。

インストール可能な MySQL のバージョン確認

# yum info mysql-server

MySQL server のインストール

yum のパッケージは mysql ではなく、mysql-server なので間違えないように。

# yum -y install --enablerepo=remi mysql-server

MySQL 設定ファイルの修正

# cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.default
# vim /etc/my.cnf
 
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
 
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0
 
# Settings user and group are ignored when systemd is used (fedora >= 15).
# If you need to run mysqld under different user or group, 
# customize your systemd unit file for mysqld according to the
# instructions in http://fedoraproject.org/wiki/Systemd
user=mysql
 
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
 
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
#symbolic-links=0
 
# Semisynchronous Replication
# http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/replication-semisync.html
# uncomment next line on MASTER
;plugin-load=rpl_semi_sync_master=semisync_master.so
# uncomment next line on SLAVE
;plugin-load=rpl_semi_sync_slave=semisync_slave.so
 
# Others options for Semisynchronous Replication
;rpl_semi_sync_master_enabled=1
;rpl_semi_sync_master_timeout=10
;rpl_semi_sync_slave_enabled=1
 
# http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/performance-schema.html
;performance_schema
 
character-set-server=utf8
 
[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
 
 
# ここから下を追記する
 
[client]
default-character-set=utf8
 
[mysql]
default-character-set=utf8
 
[mysqldump]
default-character-set=utf8

MySQL の起動&自動起動の設定

service mysqld start
chkconfig mysqld on

MySQL のパスワード設定

# mysqladmin -u root password
# mysqladmin -u root -h hostname password

PHP のインストール・初期設定

最後に PHP をインストールして、初期設定します。

インストール可能な PHP のバージョン確認

# yum info php php-mbstring php-mysql php-pear php-gd php-pecl-apc php-fpm

PHP のインストール

# yum -y install php php-mbstring php-mysql php-pear php-gd php-pecl-apc php-fpm

PHP が正常にインストールされたことを確認する。

# php -v
PHP 5.3.15 (cli) (built: Jul 20 2012 12:50:06) 
Copyright (c) 1997-2012 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies

php.ini の設定変更

# vim /etc/php.ini
expose_php = Off
 
error_log = /var/log/php_errors.log
 
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = Off
 
[Date]
date.timezone = Asia/Tokyo

log ファイルの作成

# touch /var/log/php_error.log
# chmod 757 /var/log/php_error.log

APC の設定

mkdir -p /var/www/vhosts/example.com
cp /usr/share/doc/php-pecl-apc-3.1.10/apc.php /var/www/vhosts/example.com/
vim /var/www/vhosts/example.com/apc.php 
 
defaults('ADMIN_USERNAME','user');
defaults('ADMIN_PASSWORD','password');

Fast CGI のインストール確認

php-fpm が正常にインストールされたことを確認する。

# php-fpm -v
PHP 5.3.15 (fpm-fcgi) (built: Jul 20 2012 12:52:37)
Copyright (c) 1997-2009 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies

php-fpm の各種設定

# vim /etc/php-fpm.d/www.conf
user = nginx
group = nginx
 
pm = dynamic
pm.max_children =  30
pm.start_servers = 11
pm.min_spare_servers = 10
pm.max_spare_servers = 15
pm.max_requests = 500
 
php_admin_flag[expose_php] = off

php-fpm を起動します。

service php-fpm start

php-fpm の自動起動設定を有効にします。

chkconfig php-fpm on
# netstat -ltn | grep -E '(80|9000)'
tcp        0      0 127.0.0.1:9000              0.0.0.0:*                   LISTEN      
tcp        0      0 0.0.0.0:80                  0.0.0.0:*                   LISTEN

以上です。

参考情報

こちらの設定の方が良いかも?

[WordPress] Contact Form 7 が動かないときのチェックポイント

WordPress のお問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」が動かないときのチェックポイントをメモ。

どうして私のコンタクトフォームは AJAX っぽく動かないのか? | Contact Form 7

[WordPress] 管理画面の言語設定をユーザ毎に日本語・英語にカンタンに切り替えられるプラグイン「Bogo」

WordPressの管理画面の言語設定を、ユーザ毎に日本語・英語にカンタンに切り替えられるプラグイン「Bogo」が便利だったので、ご紹介します。

WordPress › Bogo « WordPress Plugins

「Bogo」をインストールして、プラグインを有効化すると管理画面のツールバー右上付近に「日本語」「英語」の切り替えメニューが設置されます。

bogo

ここから言語設定を切り替えられるというとてもシンプルな機能です。

設定もユーザによって、日本語表示、英語表示の設定を分けることができるのは、共同編集する際にかなり便利ですね。

海外に記事執筆などをアウトソーシングする際に、このプラグインは重宝するのではないでしょうか。

[WordPress] wp-cron を無効化する

WordPress で、wp-cron を無効化するには、wp-config.php に下記のコードを追記するだけでOKです。

define('DISABLE_WP_CRON', true);

参考情報

[WordPress] wp-cron を無効化する | memo.dogmap.jp

wp-config.php の編集 – WordPress Codex 日本語版