AWS Lambda デフォルト環境変数の一覧を確認する方法


AWS Lambda のデフォルト環境変数の公式ドキュメント、一覧を確認する Node.js サンプルコードと実行結果をご紹介します。

AWS | Amazon Web Services

[ドキュメント] Lambda で使用できる環境変数

AWS 公式ドキュメント Lambda 関数で使用できる環境変数 – AWS Lambda に記載されています。

Lambda の環境変数を自分で調べる方法

前提条件

  • Node.js v8.10.0
  • Serverless Framework v1.35.1

Lambda 環境変数一覧を出力するサンプルコード

以下のような Node.js コードを Serverless Framework で deploy しているとします。

process.env を console.log() で出力させることで、環境変数の一覧を確認できます。

module.exports.showEnv = async (event, context) => {
  return console.log(process.env);
};

Lambda 環境変数一覧を出力結果

showEnv 関数の実行結果は以下のような感じになります。

{
  PATH: '/var/lang/bin:/usr/local/bin:/usr/bin/:/bin:/opt/bin',
  LD_LIBRARY_PATH: '/var/lang/lib:/lib64:/usr/lib64:/var/runtime:/var/runtime/lib:/var/task:/var/task/lib:/opt/lib',
  LANG: 'en_US.UTF-8',
  TZ: ':UTC',
  LAMBDA_TASK_ROOT: '/var/task',
  LAMBDA_RUNTIME_DIR: '/var/runtime',
  AWS_REGION: 'us-east-1',
  AWS_DEFAULT_REGION: 'us-east-1',
  AWS_LAMBDA_LOG_GROUP_NAME: '/aws/lambda/aws-nodejs-dev-showEnv',
  AWS_LAMBDA_LOG_STREAM_NAME: '2018/12/24/[$LATEST]xxxxxxxxxx',
  AWS_LAMBDA_FUNCTION_NAME: 'aws-nodejs-dev-showEnv',
  AWS_LAMBDA_FUNCTION_MEMORY_SIZE: '1024',
  AWS_LAMBDA_FUNCTION_VERSION: '$LATEST',
  _AWS_XRAY_DAEMON_ADDRESS: '169.254.xxx.xxx',
  _AWS_XRAY_DAEMON_PORT: '2000',
  AWS_XRAY_DAEMON_ADDRESS: '169.254.xxx.xxx:2000',
  AWS_XRAY_CONTEXT_MISSING: 'LOG_ERROR',
  _X_AMZN_TRACE_ID: 'Root=1-xxxxxxxxxx;Parent=xxxxxxxxxx;Sampled=0',
  AWS_EXECUTION_ENV: 'AWS_Lambda_nodejs8.10',
  _HANDLER: 'handler.showEnv',
  NODE_PATH: '/opt/nodejs/node8/node_modules:/opt/nodejs/node_modules:/var/runtime/node_modules:/var/runtime:/var/task:/var/runtime/node_modules',
  AWS_ACCESS_KEY_ID: 'xxxxxxxxxx',
  AWS_SECRET_ACCESS_KEY: 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx',
  AWS_SESSION_TOKEN: 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx=='
}

以上、AWS Lambda のデフォルト環境変数

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。