AWS アカウント管理方針比較 – AWS Organizations vs IAM スイッチロール


AWS アカウント管理方針について、AWS Organizations と IAM スイッチロールのメリット・デメリットをご紹介します。

AWS

背景 AWS Organizations と IAM スイッチロール、どちらを利用すべきか?

開発プロジェクトの規模によって、「AWS Organizations と IAM Switch Role (スイッチロール)、どちらを利用すべきか?」 という疑問を持っていて、SRE の方に色々と教えてもらった内容をまとめたのが本記事です。

AWS Organizations のメリット・デメリット

メリット – AWS Organizations

✅ 権限の一元管理

ログインユーザの一元管理ができます。
また、ユーザごとにログイン可能なアカウントを設定できたり、細かな権限管理が可能です。

✅ 請求を一括管理できる

✅ AWS を階層的に管理できる

GCP のプロジェクトを AWS アカウントのようにするイメージです。

デメリット – AWS Organizations

❌ 設定が複雑なので設計が大変

  • 開発工数がかかる
  • マルチアカウントといっても使い方が production, staging レベルで分けるものには適していない
  • 大規模向きなので、ユーザの一元管理をしたいぐらいの開発者数がいないと、コスパが悪い (例: 10個のAWSアカウントに一括で○○さんのIAMユーザを追加するとか)

IAM スイッチロールのメリット・デメリット

メリット – IAM スイッチロール

✅ 最小工数でマルチアカウント化できる

Switch Role をアカウントで準備すれば、すぐにマルチアカウント管理可能になります。

デメリット – IAM スイッチロール

❌ アカウント毎に Switch Role の設定をする必要がある

❌ アカウント管理はできない

請求を一括することはできません。

❌ 細かな権限管理をすることはできなそう

Switch Role するときに特定のユーザに権限を付与することはできないです。

以上、AWS アカウント設計・管理・運用のベストプラクティスを把握しておきたい、現場からお送りしました。

参考情報

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。