Strapi デモ環境を構築する方法


Strapi のデモ環境をサクッと構築する方法を2通りご紹介します。

strapi

背景 Strapi のデモ環境をサクッと構築したい

「Headless CMS で OSS な Strapi、イケてそうだけど実際どうなんだろう?」 と思った方がすぐに Strapi のデモ環境を構築できるように本記事を執筆しました。

Strapi デモ環境の構築方法

strapi.io/demo サイトからデモ環境構築

https://strapi.io/demoStrapi Hosted Demo にフォーム入力して ACCESS LIVE DEMO ボタンをクリックして作成できます。

数分後に Strapi デモ環境の構築完了メールが届くので、好きに使いましょう。

使わなかったら Strapi デモ環境はすぐにシャットダウンされるので、顧客向けへのデモ環境としては利用できず、あくまで自分で Strapi 管理画面を触ってみるという用途になるかなと思います。

npx create-strapi-app でデモ環境構築

エンジニアの方なら CLI からローカル環境にデモ環境を構築できるので Installing from CLI | Strapi Documentation の通り、やっていきましょう。

strapi プロジェクト作成

npx create-strapi-app my-project --quickstart

Strapi アプリの起動

npm run develop

以上、Strapi デモ環境を用意する方法を調べて実践した、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。