カテゴリー : 2014年 5月

[Backbone.js] Chrome 拡張機能「Backbone Debugger」がデバッグに便利

Chrome 拡張機能「Backbone Debugger」が、Backbone.js のデバッグに便利です。

Chrome ウェブストア – Backbone Debugger

BackboneDebugger

これインストールするだけで Backbone.js での開発がかなり捗りそうです。

[Nagios] Web管理画面から操作するための設定方法

Nagios のWeb管理画面から操作するための設定方法をメモ。

エラーメッセージ

Sorry Dave, I can’t let you do that…

It seems that you have chosen to not use the authentication functionality of the CGIs.

I don’t want to be personally responsible for what may happen as a result of allowing unauthorized users to issue commands to Nagios,so you’ll have to disable this safeguard if you are really stubborn and want to invite trouble.

Read the section on CGI authentication in the HTML documentation to learn how you can enable authentication and why you should want to.

原因としては、下記の2点です。

  • Nagios のウェブ管理画面のプロセスを起動させている nginx ユーザーを nagios グループに追加していなかった
  • nagios グループに nagios の設定変更を行う command を許可していなかった

nginx ユーザーを nagios グループに追加します。

usermod -G nagios nginx

そして、use_authentication を有効にして、nagios グループのユーザーのみコマンドを実行できるような設定に変更します。

# diff cgi.cfg cgi.cfg.2014-05-28 
78c78
< use_authentication=1
---
> use_authentication=0
107c107
< default_user_name=nagios
---
> #default_user_name=guest
119c119
< authorized_for_system_information=nagios
---
> authorized_for_system_information=nagiosadmin
131c131
< authorized_for_configuration_information=nagios
---
> authorized_for_configuration_information=nagiosadmin
144c144
< authorized_for_system_commands=nagios
---
> authorized_for_system_commands=nagiosadmin
157,158c157,158
< authorized_for_all_services=nagios
< authorized_for_all_hosts=nagios
---
> authorized_for_all_services=nagiosadmin
> authorized_for_all_hosts=nagiosadmin
171,172c171,172
< authorized_for_all_service_commands=nagios
< authorized_for_all_host_commands=nagios
---
> authorized_for_all_service_commands=nagiosadmin
> authorized_for_all_host_commands=nagiosadmin

以上です。


参考情報

Nagiosの最初の設定

[Nagios] 設定ファイルの確認、再読み込みなど

Nagios で、設定ファイルの確認、再読み込みなどを行うコマンドをメモ。

設定ファイルの確認

# service nagios checkconfig
Running configuration check... OK.

設定ファイルの再読み込みは restart でなくて、reload でOK

# service nagios reload

[AWS] EC2インスタンスが stopping のままのときの対応方法

AWS EC2 のインスタンスが stopping のままのときは、Force Stop しまくればいずれ Stopped になります。

AWS | Amazon Web Services

続きを読む

[AWS] 各サービスが稼働しているか確認するサイト

AWS (Amazon Web Services) の各サービスが稼働しているか確認するサイト

AWS Service Health Dashboard(公式)

Found AS Status

たまにサービス死ぬので、常にそういうケースに備えておかないといけませんね・・・

[Sublime Text] インデント(indent)に縦線を引く設定

Sublime Text2で、インデント(indent)に縦線を引く設定を教えてもらいました。

"draw_indent_guides": true,
"indent_guide_options": ["draw_normal", "draw_active"]

上記の設定を、[Preferences] → [Settings – User] から開くJSONファイルに追加するだけです。


参考情報

Sublime Textで今いるインデントに縦線を引く | Border/memo

[Android] Google (Gmail) アカウントを端末から削除する方法

Android から Google (Gmail) アカウントを端末から削除する手順をメモ。

  1. [設定] アプリを開く
  2. [アカウント] から Google を選択する
  3. 削除する Google アカウントを選択する
  4. メニューから「アカウントを削除」をクリックする

今回は ARROWS NX から Google アカウントを削除したのですが、普段 Android を使わないので、メニューから削除できるのに気付きませんでした。

[Node.js] node-wkhtmltopdf を使う

Node.js で wkhtmltopdf を使う方法をメモ。
(最終更新日:2014/11/28)

node-wkhtmltopdf

A Node.js wrapper for the wkhtmltopdf command line tool.

wkhtmltopdf

ということで、npm module だけだと使えないので wkhtmltopdf はインストールする必要があります。

wkhtmltopdf のインストール

# the wkhtmltopdf formula is now inactive but still available in the boneyard repository
brew tap homebrew/boneyard
 
# Install wkhtmltopdf
brew install wkhtmltopdf

wkhtmltopdf コマンドで、PDFを生成できることを確認します。

wkhtmltopdf "http://google.com" google.pdf

以上です。

[iOS][CocoaPods] Psych::SyntaxError – ( .cocoapods/repos/master/CocoaPods-version.yml): mapping values are not allowed in this context at line 3 column 4

iOS アプリを久しぶりにビルドしようと思って pod install したところ、安定のエラーが発生しました。

pod install
 
――― MARKDOWN TEMPLATE ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
### Report
 
* What did you do?
 
* What did you expect to happen?
 
* What happened instead?
 
 
### Stack
 
```
   CocoaPods : 0.29.0
        Ruby : ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [x86_64-darwin12.4.1]
    RubyGems : 1.8.25
        Host : Mac OS X 10.9.2 (13C1021)
       Xcode : 5.1.1 (5B1008)
Ruby lib dir : /Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib
Repositories : master - https://github.com/CocoaPods/Specs.git @ b8a8633c844c3666a95b28edf1d821acfd1b1baf
```
 
### Podfile
 
```ruby
platform :ios, '6.0'
pod 'NSLogger'
pod 'Parse'
...
```
 
### Error
 
```
Psych::SyntaxError - (/Users/bakorer/.cocoapods/repos/master/CocoaPods-version.yml): mapping values are not allowed in this context at line 3 column 4
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:203:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:203:in `parse_stream'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:151:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:127:in `load'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:297:in `block in load_file'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:297:in `open'
/Users/bakorer/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p448/lib/ruby/1.9.1/psych.rb:297:in `load_file'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/sources_manager.rb:261:in `version_information'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/sources_manager.rb:222:in `repo_compatible?'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/sources_manager.rb:281:in `master_repo_functional?'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/command.rb:39:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/claide-0.4.0/lib/claide/command.rb:179:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/command.rb:38:in `parse'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/claide-0.4.0/lib/claide/command.rb:211:in `run'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/lib/cocoapods/command.rb:51:in `run'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/gems/cocoapods-0.29.0/bin/pod:24:in `<top (required)>'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/pod:19:in `load'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/pod:19:in `<main>'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/ruby_noexec_wrapper:14:in `eval'
/Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-1.9.3-p448/bin/ruby_noexec_wrapper:14:in `<main>'
```
 
――― TEMPLATE END ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
[!] Oh no, an error occurred.
 
Search for existing github issues similar to yours:
https://github.com/CocoaPods/CocoaPods/search?q=%28%2FUsers%2Fbakorer%2F.cocoapods%2Frepos%2Fmaster%2FCocoaPods-version.yml%29%3A+mapping+values+are+not+allowed+in+this+context+at+line+3+column+4&type=Issues
 
If none exists, create a ticket, with the template displayed above, on:
https://github.com/CocoaPods/CocoaPods/issues/new
 
Don't forget to anonymize any private data!

cocoapods を最新版にアップデートして、setup し直せば良いと Stack Overflow に書いてあったので、その通りやってみました。

ios – CocoaPods install issue – Stack Overflow

gem update cocoapods
pod --version
0.32.1
cd ~/.cocoapods/repos
rm -rf master
pod setup

再度、 pod install すれば OK

[Apple] Your iOS Distribution Certificate will expire in 30 days. の対応

Apple から「Your iOS Distribution Certificate will expire in 30 days.」という内容のメールが着ました。

対応方法は下記を参考にしました

プログラミング雑記: Certificate期限切れの通知が送られてきたら

今回は既に期限切れだったので、

  1. 手元に CertificateSigningRequest.certSigningRequest ファイルを残していたので、もう一度 Certificate を作成する
  2. 期限切れの Provisioning Profiles から作成して Certificate を指定する

以上です。