エンジニアが最初に就職する会社は自社開発 or 受託開発どちらがオススメ?


とあるエンジニアさんに「最初に就職する会社は自社開発 or 受託開発どちらが良いですか?」というご質問を頂いたので、個人的な見解をご紹介します。

自社開発 or 受託開発

自社開発 or 受託開発

相談内容

ご相談させていただきたいのですが、就職するにあたって、自社・受託開発とあると思うのですが、ご経験上こういう経験をできる環境に入った方が良いみたいなものってありますか?

自社開発だと、運用やユーザーのフィードバックを取り入れながら、機能追加できることがメリットな気がしています。
受託開発だと、0から開発に入れるのと、案件ごとに色々な技術に挑戦できるのがメリットかなと思っています。

もし、何かアドバイスみたいなものがあればお伺いしたいです。

回答

将来どういうエンジニアになりたいか次第だと思うのですが、自分は大学生時代から将来的に独立するつもりでした。

その上で、僕が1社目に受託開発会社、2社目に自社サービス会社、3社目起業という経歴ということもあり、受託開発では仕事しながら色んなサービスや技術をまんべんなく学べるのは良いなと思いました。
なので、「このサービス、事業がやりたい」というのがない段階でしたら、受託開発会社が最初は良いかなと思っております。

以上、最初は受託開発会社でエンジニアリングの経験を積むと良いのでは思っている、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。