[Apple] 2ファクタ認証 (Two-factor Authentication) を有効にする


Apple ID の Two-factor Authentication を有効にしたので、設定内容をご紹介します。

Apple

前提

  • 会社のマスターアカウントの 2 ファクタ認証を有効にしたい
  • 2 ファクタ認証を有効にしないと Agreement の同意などができない

Apple ID の 2 ファクタ認証を有効にする設定

基本的には公式サイトの記事通りに設定すれば完了です。

Apple ID の 2 ファクタ認証 – Apple サポート

Two-factor Authentication

Your Apple ID currently has two-step verification turned on, but two-factor authentication is required. After you turn on two-factor authentication, signing in to your developer account will require both your password and access to your trusted devices or trusted phone number.

Two-factor Authentication Disabled | Apple

Two-factor Authentication Enabled | Apple

おすすめの設定内容

以下の内容で 2ファクタ認証 (Two-factor Authentication) を有効にしました。

  • デバイス: MacBook Pro (会社貸与分)
  • 電話番号: 個人用
  • Recovery Key: 発行して、パスワード管理者と共有済み

デバイスと電話番号は、自分の使ってるものを登録しました。

Recovery Key は発行するとセキュリティレベルが下がりますが、マスターアカウントとして使ってる Apple ID にログインできなくなる方が怖いので発行しました。社内にパスワード管理者がいる場合、その方のみに共有するのが安心です。

以上、Apple ID の 2ファクタ認証を有効にした、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。