[Mac] メモリ解放アプリは OS X 10.9.x Marvericks 以降では非推奨


Mac OS X 10.9.x Marvericks 以降では、メモリ解放アプリの使用は非推奨なようです。

最新 macOS ではメモリ解放アプリの使用は非推奨

「Mac Fan 2016年8月号」によると、「OS X Mavericks」以降のOS X/macOSではメモリ解放アプリの使用は非推奨であると解説されている!

引用元: Macのメモリ解放アプリ、「OS X Mavericks」以降は使用非推奨 | gori.me(ゴリミー)

実は私は macOS Mojave にしてからもメモリ解放アプリを使っていたのですが、この記事を読んでメモリ解放アプリをアンインストールして使わなくなりました。気付くのが遅すぎました。

公式の情報源を探したところ WWDC 2013キーノート(OS X編)で発表があったようでした。

 アップルは現状に満足することなく、Mavericksでは更なる仮想メモリの最適化を行い、使用されていないメモリを積極的に圧縮することで、スワッピング頻度を低減しSSDを利用したMacでもMountain Lionに比べてドキュメントを開くスピードが1.4倍。スリープ状態からの復帰も1.5倍速くなったとのことです。

引用元: WWDC 2013キーノート(OS X編) (1/2):ドリキンが斬る!(2) – @IT

もっと詳しく知りたい方は、以下の 2ch まとめ記事が参考になったのでお時間あれば読んでみてください。

Mac メモリ使用状況の確認方法

Mac でメモリ使用状況を確認するには「アクティビティモニタ」を利用します。

以上、Mac のメモリ使用状況について把握したい現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。