Ionic Framework で cordova-plugin-safariviewcontroller を使う


Ionic Framework で cordova-plugin-safariviewcontroller を使ってみたので、サンプルコードをご紹介します。

ionic Framework

SafariViewController インストール

cordova plugin と npm module をそれぞれインストールします。

ionic cordova plugin add cordova-plugin-safariviewcontroller
npm install --save @ionic-native/safari-view-controller

SafariViewController の使い方

SafariViewController で URL を開くサンプルコードは以下のような感じです。

// src/pages/home/home.ts
export class HomePage {
 
  constructor(public navCtrl: NavController, public platform: Platform,
    private iab: InAppBrowser, private safariViewController: SafariViewController) {
  }
 
  openUrl(url: string) {
    // SafariViewController のサポートプラットフォームは Android, iOS のみ
    if (this.platform.is('android') || this.platform.is('ios')) {
      this.safariViewController.isAvailable()
        .then((available: boolean) => {
          if (available) {
            this.safariViewController.show({
              url: url,
            })
              .subscribe((result: any) => {
                if (result.event === 'opened') console.log('Opened');
                else if (result.event === 'loaded') console.log('Loaded');
                else if (result.event === 'closed') console.log('Closed');
              },
              (error: any) => console.error(error)
              );
          } else {
            // SafariViewController を利用できない場合、フォールバック
            this.openUrlWithFallbackBrowser(url);
          }
        }
      );
    } else {
      // SafariViewController を利用できない場合、フォールバック
      this.openUrlWithFallbackBrowser(url);
    }
  }
 
  openUrlWithFallbackBrowser(url: string) {
    // use fallback InAppBrowser
    this.platform.ready().then(() => {
      const browser = this.iab.create(url, '_system');
      browser.show();
    });
  }
}

上記のサンプルコードを2点補足します。

1点目は、cordova-plugin-safariviewcontroller のサポートプラットフォームは Android, iOS のみなので、if (this.platform.is(‘android’) || this.platform.is(‘ios’)) で利用できる環境か判定しています。

2点目は、SafariViewController を利用できない環境には InAppBrowser を使うことでフォールバックしています。

詳しい実装は以下の pull request を参考にしてください。

また、InAppBrowser については、[Ionic] InAppBrowser で URL をデフォルトブラウザで開く使い方 | CodeNote も併せて参考にしてください。

以上、Ionic Framework で外部 URL を開くときは SafariViewController をメインで使いたい、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。