特定 version の MongoDB server 構築手順 [Docker 編]


特定 version の MongoDB サーバーを Docker で構築する手順をご紹介します。

MongoDB

前提条件

  • MongoDB: version 3.0.12 を利用したい
  • OS: macOS Mojave
  • brew install mongodb@3.0 で mongo cli コマンドはインストール済み

特定 version の MongoDB server を docker で起動する

docker image 取得 & 初回起動

docker run -d --name mongo3.0.12 -p 27017:27017 mongo:3.0.12

CLI 経由で MongoDB server へ接続確認

ローカル環境に brew install mongodb とかで mongo コマンドがインストールされている前提で、以下のようなコマンドで接続確認できます。

$ mongo
MongoDB shell version: 3.0.15
connecting to: test
> db.version()
3.0.12

MongoDB shell version: 3.0.15 の部分は brew install mongodb@3.0 でインストールした cli の version です。MongoDB サーバーの version は db.version() の結果です。

以上、たまに古い version の MongoDB を利用したくなる、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。