MongoDB Atlas を開発環境として利用する設定方法


MongoDB Atlas を開発環境として利用するための設定方法をご紹介します。

MongoDB

前提

MongoDB Atlas は MongoDB Inc. が提供する MongoDB の DBaaS です。

私が普段使っている MongoDB 開発環境は、Docker で MongoDB をホスティングしてますが MongoDB Atlas の使い方を把握しておきたいというのが、本記事の目的です。

クレジットカードは登録してないものとします。

MongoDB Atlas の設定

Cloud Provider & Region

無料で使える FREE TIER AVAILABLE の選択肢に Tokyo Region が無かったので、Heroku からも接続することも想定して us-east-1 を選択しました。(Heroku の Region が us-east-1 なので)

それ以外だと、日本からアクセスするなら一番近いのが Singapore Region でしょうか。

Cloud Provider & Region | MongoDB Atlas

Network Access – ADD IP ADDRESS

アクセス元の IP Address をホワイトリストに追加しないとアクセスできません。カフェ作業が多い方や特定の拠点で仕事しない方は、アクセス元の IP Address がコロコロ変わるので、その度にホワイトリストを更新するのは煩わしいと思います。

本記事では、アクセス元の IP Address 制限はしない設定方法を記載しています。

設定手順:

  1. Network Access ページを開く
  2. + ADD IP ADDRESS ボタンをクリック
  3. Add Whitelist Entry モーダルウィンドウから ALLOW ACCESS FROM ANYWHERE ボタンをクリックして Confirm ボタンをクリック

Add Whitelist Entry | MongoDB Atlas

⚠️ 念の為、注意書きをしておくと、本番環境では ALLOW ACCESS FROM ANYWHERE を使わず、必ずアクセス元のサーバーの IP Address だけを設定するようにしてください。

以上、MongoDB Atlas を開発環境として利用する設定を把握しておきたい、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。