カテゴリー : Node.js

[Mongoose] index が未作成な field を sort に指定して stream で取得すると default batchSize だけ処理して正常終了するので困った

Mongoose で index が作成されていない field を sort に指定して stream で取得すると、 default batchSize の 1000 件だけ処理して正常終了するので困った話をご紹介します。

mongoose

続きを読む

Node.js のバージョンを自動で切換えてくれる avn

Node.js のバージョンを自動で切換えてくれる npm モジュール avn を使ってみました。(最終更新日 2017/04/15)

avn, avn-nvm, avn-n をインストール&セットアップ

$ npm install -g avn avn-nvm avn-n
$ avn setup
avn: profile setup complete (~/.zshrc)
avn: profile setup complete (~/.bash_profile)
avn: restart your terminal to start using avn
avn: configuration complete (~/.avnrc)
avn: installation complete
avn-n: installation complete
avn-nvm: installation complete

avn で Node.js のバージョンを切換えてみる

.node-version ファイルが存在するディレクトリに移動すると avn が自動的に Node.js のバージョンを切換えてくれます。

.node-version のサンプル

v6.10.2
$ cd ~/works/my_project
avn activated v6.10.2 (avn-nvm v6.10.2)

nvm の元となる rvm だと自動的に Ruby のバージョンを切換えてくれていたので、それと同じような挙動をしてくれるようになるのは嬉しいですね。

[Node.js] Error: spawn ENOENT の解決方法

Node.js の child_process.spawn で Error: spawn ENOENT というエラーが発生したときの解決方法をご紹介します。

Node.js

結論から書くと child_process.spawn の第一引数に渡していた path に実行するコマンドがないというのが原因でした。

今回のケースだと ImageMagick コマンドです。

続きを読む

[Node.js] module.exports と exports の違い

結論だけ書いておくと、よく分からないなら module.exports を使いましょう。

Node.js の公式ドキュメント にもそう書いてあります。

ガイドラインとして、もし exports と module.exports の間の関係が魔法のように 見えるなら、exports を無視して module.exports だけを使うようにしてください。

module.exports と exports の違いについて詳しく知りたいって方は下記の記事を読むといいんじゃないでしょうか。

今、ドットインストールの「Express入門」を Mac で学習するための覚え書き

今、ドットインストールの「Express入門」を Mac で学習するための覚え書きです。

「Express入門」を学ぶ前提

ドットインストールの「Express入門」は Express3 の前提でレッスンが用意されています。しかし、現在は Express4 がリリースされているので、何も考えずに進めていくと Express4 がインストールされてしまい思うようにレッスンを進めていくことができません。

このようなつまづきポイントがいくつかあるので、本記事ではそれらを補足していきます。

#01 Expressとはなにか?

まず、Node.js のバージョン管理ツール nvm を Mac にインストールする方法 を参考にしてインストールして、Node.js もインストールします。

そして、レッスン内では、

sudo npm install express -g

と書かれていますが、これを下記のように Express3 のバージョンを指定してインストールしましょう。

npm install express@3.21.2 -g

#03 はじめてのExpress

レッスン内では、

npm install express

と書かれていますが、これも下記のように Express3 のバージョンを指定してインストールしましょう。

npm install express@3.21.2

また、ブラウザからアクセスするには 192.168.33.93:3000 を入力するとなっていますが、Mac のターミナルで node app している場合 localhost:3000 もしくは 127.0.0.1:3000 を入力することで、アクセスできます。

#07 middlewareを作ってみよう

このレッスンでも、

sudo npm install nodemon -g

と sudo 使わずに、

npm install nodemon -g

で大丈夫です。

以上です。Mac で「Express入門」を学習する方のお役に立てたなら嬉しいです。

[Node.js] Mongoose の virtual attributes を sinon で stub 化する

Mongoose の virtual attributes を sinon で stub 化する方法をご紹介します。

mongoose

続きを読む

[Node.js] MONGOOSE WARNING がでないように stable version を使おう

Node.js + Mongoose のアプリ開発で MONGOOSE WARNING という警告メッセージが表示されたら、 unstable バージョンを利用していると思われるので stable なバージョンを使いましょう。

mongoose

続きを読む

[Mongoose] lean option を有効にすると MongooseDocument ではなく plain javascript object が返ってくる

タイトルで完結していますが、Mongoose で lean option を有効にすると MongooseDocument ではなく plain javascript object が返ってきます。

mongoose

続きを読む

[Jade] mixin の命名規則

Jade には mixin という template を module 化する機能があります。

+hoge(arg) みたいな感じで method ライクに template を呼び出せるのですが、method みたいなだけあって命名規則はどうなってるんだろうと思って軽く調べてみました。

下記は、Jade のサンプルコードです。

mixin dialog-title(title)
  .dialog
    h1= title
    p stuff

snake_case, lowerCamelCase のいずれかでもなく、ハイフンを区切り文字として使っており dialog-title と定義されていました。

ついでに .jade ファイルについても見てみましょう。

extend-layout.jade とあるようにファイル名についてもハイフンが区切り文字として使われていました。

Jade の mixin をハイフン区切りにしておくと、JavaScript の method の命名規則と衝突しないので grep しやすくて良い感じになりそうですね。

[Node.js] phantom モジュールの addCookie メソッドの引数が変更された

Node.js 向けの PhantomJS wrapper である phantom の addCookie メソッドの引数がバージョン 0.7.1 から 0.7.2 で変更になりました。

そのため addCookie メソッドを使ってる箇所がエラーで動かなくなってしまいました。

phantom stdout: TypeError: incompatible type of argument(s) in call to addCookie(); candidates were
    addCookie(QVariantMap)
 
 
phantom stdout:   /u/apps/myapp/shared/node_modules/phantom/shim.js:5621
  /u/apps/com/shared/node_modules/phantom/shim.js:4526
  /u/apps/com/shared/node_modules/phantom/shim.js:4502
  /u/apps/com/shared/node_modules/phantom/shim.js:4382
  /u/apps/com/shared/node_modules/phantom/shim.js:4370

変更点は、

addCookie: (name, value, domain, cb=->) ->

から

addCookie: (cookie, cb=->) ->

に arguments が変更されているだけです。

なので name, value, domain と個別に引数に渡されていたのを cookie オブジェクトにまとめて渡すように、addCookie メソッドを呼び出しているコードを修正すれば OK です。

詳しくは上記の issue と pull request を読むと分かりますが PhantomJS の API に合わせる方針で修正されたようです。