[Facebookアプリ] JavaScript SDK は必ず https で利用すべし

 

Facebookアプリにて、JavaScript SDK を使う場合は、SSLで利用しないとIEで上手く動作しないなどのバグが発生してしまいます。
 

JavaScript SDKを利用するには、ほとんど Facebook Connect はSSLでも利用できるので、今まで

1
<script src="http://connect.facebook.net/en_US/all.js"></script>

としていたのなら

1
<script src="https://connect.facebook.net/en_US/all.js"></script>

に置き換えるだけでOKです。
 

httpsのページに部分的にセキュアでない接続が混在しているとブラウザ(特にIE)によっては正常に動作しないので注意が必要です。
 

【参考】

JavaScript SDK – Facebook Developers はてなブックマーク - JavaScript SDK - Facebook Developers
 

[JS] jQueryが読み込まれているか確認する方法

 

jQueryが読み込まれているか確認する方法を調べたのでメモ。
 

jQueryを使い始めたばかりだと「$が定義されてません」というエラー「$ is not defined」がよく発生します。
 

以下のコードではtypeof演算子で jQuery が定義されているか確認して、定義されている場合はアラートを表示させています。
 

1
2
3
4
5
if(typeof jQuery != "undefined"){ //jQueryの読み込み確認
    $(function(){
        alert('jQuery is ready.')
    });
}

 

以上です。
 

【参考】

jQueryが読み込まれているか判別する方法 – 小窓屋めがね はてなブックマーク - jQueryが読み込まれているか判別する方法 - 小窓屋めがね

typeof演算子 – 演算子 – JavaScript入門 はてなブックマーク - typeof演算子 - 演算子 - JavaScript入門
 

[Rails] Heroku標準のPostgreSQLへのdb:migrateをやり直す方法

Herokuで強制的にdb:migrateをやり直す方法を調べたのでメモ。

まず、HerokuではRails標準のrake db:resetは使えません。

代わりに、pg:resetコマンドで Herokuの標準のpostgresのDBをリセットすることができます。

$ heroku pg:reset --db SHARED_DATABASE_URL

コマンド実行後、確認のためプロンプトが表示されるので、アプリ名を入力するとリセットが実行されます。

ちなみに、SHARED_DATABASE_URLは以下のコマンドで確認できます。

$ heroku console
Ruby console for codenote.heroku.com
>> ENV['DATABASE_URL']
=> "postgres://username:password@ec2-000-00-000-00.compute-1.amazonaws.com/dbname"

・参考:Heroku | Dev Center | PostgreSQL はてなブックマーク - Heroku | Dev Center | PostgreSQL
 

他にも、db:migrateをやり直す方法があり、VERSION=0 を指定することで最初にdb:migrateする前の初期状態に戻すことができます。

(最初にdb:migrateしたときのマイグレーションファイルが存在することが前提)

$ heroku rake db:migrate VERSION=0

また、db:migrate:redo で何回か前の状態(STEP=回数)に戻すこともできます。

$ heroku rake db:migrate:redo STEP=10

以上です。

【参考】

[Rails][Heroku] Herokuで強制的にdb:migrateをやり直す。その2 – mat_akiの日記 はてなブックマーク - [Rails][Heroku] Herokuで強制的にdb:migrateをやり直す。その2 - mat_akiの日記

Herokuで強制的にdb:migrateをやり直す。 – このブログは証明できない。 はてなブックマーク - Herokuで強制的にdb:migrateをやり直す。 - このブログは証明できない。

Ruby on Rails Guides: Migrations はてなブックマーク - Ruby on Rails Guides: Migrations
 

[Facebook API] IFrameタブページでスクロールバーを消す関数 setAutoGrow()

Facebook にて IFrame タブページでスクロールバーを表示しない関数は setAutoGrow() を使います。

従来までの setAutoResize は2011年12月31日までしか使えません。

続きを読む

[Mail] メールシステムをカンタンに理解できるスライド資料

メールシステムをカンタンに理解できるスライド資料があったのでメモ。

[Facebook] Upgrade Your App to OAuth 2.0 and HTTPS by October 1st

 

Facebookから「Upgrade Your App to OAuth 2.0 and HTTPS by October 1st」というタイトルのメールが着ました。
 

要約すると、2011年10月1日からFacebookアプリに「HTTPS+OAuth2.0」の利用を義務付けるとのことです。
 

以下、Facebookからのメールです。
 


 

—-
Dear Developer of Your App,

Reminder: Upgrade Your App to OAuth 2.0 and HTTPS by October 1st. In May we announced that all apps on Facebook need to support OAuth 2.0 and HTTPS to make the platform more secure.

All apps, including page tab apps, must migrate to OAuth 2.0 for authentication. The old SDKs, including the old JavaScript SDK (FeatureLoader.js) and old iOS SDK (facebook-iphone-sdk) will no longer work. In addition, iframe Canvas and Page Tab apps must support HTTPS and provide a secure canvas or secure page tab URL.

If you haven’t already made these changes, visit the Developer Roadmap before October 1st for more information about how to upgrade your app and avoid having it disabled.

You can also seek support in the Facebook Developer Group: https://www.facebook.com/groups/fbdevelopers/

Thank You,
Facebook Developer Relations
—-
 

・参考:Facebookアプリ「HTTPS+OAuth2.0」の利用を義務付けへ: 小粋空間 はてなブックマーク - Facebookアプリ「HTTPS+OAuth2.0」の利用を義務付けへ: 小粋空間
 

以上です。
 

Amazon Product Advertising APIの仕様変更が2011年10月26日(水)に実施

 

Amazonの提供する、Product Advertising APIの仕様変更が、当初の予定通り2011年10月26日(水)に実施されるそうです。
 


 

仕様変更に先立ちProduct Advertising API開発者のみなさまに余裕を持ってご準備頂けるよう、実際の変更内容を体験頂く機会をご用意いたしました。
 

日程:

■2011年10月19日(水)午後3:00 – 午後7:00
 

期間中は仕様変更後と同じオペレーションおよびレスポンスグループを体験頂くことができます。

仕様変更の詳細については、以下のリンクをご参照ください。

Product Advertising API はてなブックマーク - Product Advertising API

Product Advertising API はてなブックマーク - Product Advertising API
 

以上です。
 

[Linux] renameコマンドでファイル名の末尾を一括変更する

 

Linuxでファイル名を一括変更する rename コマンドで、ファイル名の末尾を一括変更する方法を調べたのでメモ。
 

■ renameコマンドの使い方

書式

1
$ rename from to file...

from 置き換え前の文字列

to 置き換え後の文字列

file… 変換対象のファイル
 

■ ファイル名の末尾を一括変更するコマンド

1
$ rename 's/\./_t\./' *

【参考】

UNIXの部屋 コマンド検索:rename (*BSD/Linux) はてなブックマーク - UNIXの部屋 コマンド検索:rename (*BSD/Linux)

PHP正規表現チェッカー はてなブックマーク - PHP正規表現チェッカー
 

[Heroku] 無料のSSLアドオン「Piggyback SSL」を設定する方法

Herokuで開発しているWebアプリに、無料のSSLアドオン「Piggyback SSL」を設定する方法を調べたのでメモ。

Herokuでは,*.heroku.comのドメインで運用する場合は無料でSSLを利用することができます。(独自ドメインの場合は有料のアドオンがあります)

以下のコマンドでSSLアドオンを追加するとhttpsでアクセスできるようになります。

heroku addons:add piggyback_ssl

ちなみに、無料のアドオンを入れる場合も決済情報を登録しておかないといけないみたいです。

登録していないと以下のようなメッセージが出て、アドオンの追加ができません。

-----> Adding piggyback_ssl to myapp... failed
 !     Please verify your account to install this add-on
 !     For more information, see http://devcenter.heroku.com/categories/billing
 !     Confirm now at https://heroku.com/confirm

以上です。

【参考】

Heroku | Dev Center | SSL はてなブックマーク - Heroku | Dev Center | SSL

Herokuで作るFacebookアプリ:第7回 Herokuをもっと活用しよう!|gihyo.jp … 技術評論社 はてなブックマーク - Herokuで作るFacebookアプリ:第7回 Herokuをもっと活用しよう!|gihyo.jp … 技術評論社

Heroku | Dev Center はてなブックマーク - Heroku | Dev Center
 

開発中のFacebookアプリをFacebookページに埋め込む方法

 

開発中のFacebookアプリをFacebookページに埋め込む方法が分かりにくかったので、忘れないようにメモ。
 

  1. Facebook開発者(https://developers.facebook.com/apps)のページにアクセス
  2.  

  3. サイドバーから埋め込みたいアプリを選択
  4.  

  5. 「Edit Settings」をクリック
  6.  

  7. サイドバーの Related links から「アプリのプロフィールページを見る」をクリック
  8.  

  9. アプリのプロフィールページの左サイドバーから「マイページへ追加」をクリック
  10.  

  11. 「(アプリ名)をFacebookページに追加」のダイアログが出るので、追加したいFacebookページに対応する「Facebookページに追加」ボタンをクリック

 

【参考】

新しいFacebookページにStatic iframe形式でタブを追加する方法 [C!] はてなブックマーク - 新しいFacebookページにStatic iframe形式でタブを追加する方法 [C!]